新世紀エヴァンゲリオン(5) (角川コミックス・エース) [Kindle]

  • 153人登録
  • 3.74評価
    • (6)
    • (17)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 貞本義行
制作 : カラー 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2007年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (182ページ)

新世紀エヴァンゲリオン(5) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色んなことが明らかになる巻。
    しかし収束に向かうでなく、更に複雑に入り込んでいく印象を受ける。

    未来の物語を描き出す中で、
    一人一人の人間の過去だとか、背負っているものの描き出し方が強いメッセージを生んでるなぁと、感じた。

  • この巻で、さまざまなことが明らかにされる。加持リョウジは、日本政府内務省調査部のスパイで、マルドゥック機関について裏で調査をしていた。

    シンジは父親のゲンドウと話をしようとするが、「もう私を見るのはやめろ」と言われ、困惑する。しかし、それが父親として父親らしい最後の言葉だったことが後にわかる。

    空から降る使徒の名前は不明。前巻で第7使徒イスラフェルが出てきているので、第8使徒のはずだが、冬月は「これで7つか」と発言している。テレビ版では第10使徒サハクィエルとして登場していた。

    シンジたちが空から降る使徒を「受け止め」ている間、ゲンドウと冬月は南極で「ロンギヌスの槍」を回収していた。

    ネルフ本部が停電になった後、加持はターミナルドグマへの潜入を図る。これをミサトが発見するが、そのまま見逃す。そしてミサトは、人類補完計画、E計画の要であり、全ての始まりである「アダム」と対面する。シンジも偶然これを目の当たりにし、父親との距離を確信する。

    加持は落ち込むシンジを水族館に誘い、ネルフの背後の組織「ゼーレ」について、「死海文書」について話す。さらに、「アダム」より生まれし「エヴァ」の基礎理論を解いたのが、シンジの母親碇ユイであると告げ、シンジが封じ込めていた母親が消滅してエヴァが誕生した過去を思い出させる。

    この加持の動きは、ゲンドウや冬月も把握していたが、泳がせているようだ。「アダム計画」は順調に進み、ロンギヌスの槍はレイによってターミナルドグマに磔にされたアダムの心臓に突き立てられるのであった。

  • good

  • 電子書籍にて再読。

  • まとめ買いで。
    ようやく来た感じかな。ここから怒涛の展開?を期待したい。
    次巻が楽しみ。

  • レイもアスカもミサトも可愛いねー。

全6件中 1 - 6件を表示

貞本義行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

新世紀エヴァンゲリオン(5) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新世紀エヴァンゲリオン(5) (角川コミックス・エース)はこんな電子書籍です

新世紀エヴァンゲリオン(5) (角川コミックス・エース)のコミック

ツイートする