新世紀エヴァンゲリオン(7) (角川コミックス・エース) [Kindle]

  • 146人登録
  • 3.74評価
    • (6)
    • (17)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 貞本義行
制作 : カラー 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (181ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新世紀エヴァンゲリオン(7) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

  • 加持さんが自分の過去とトウジを失ったシンジを重ねる。
    「何もなかったかのように生きていけるのか?」の問いにシンジが出した答え。
    そして量子状態になってしまったシンジ。
    カヲルくんも登場して、続きが楽しみ。

  • 電子書籍にて再読。

  • まとめ買いで。
    んー、もともとの設定がどうこうは置いとくとして、本巻はさらにその上を行く展開。こんなことが可能なの?もあるけど、本拠が崩壊するぐらいのダメージ負っても、手元のノートPC(っぽいもの)でシンクロ400%確認できてるところに驚いたりしてしまう。頭が堅いのかも。
    次巻も期待します。

  • 加持さんの話は漫画オリジナルか。
    初号機暴走は当然アニメのが迫力。おええ。

  • 第8使徒となってダミープラグで再起動された初号機によって殺されたトウジ。その反動でシンジはネルフと父親に決別する。
    その間隙を縫って第9使徒ゼルエルが現れ、ジオフロントに侵入する。アスカ、レイが敗れ、初号機はダミープラグを拒絶。絶体絶命に。
    シンジは加持リョウジに説得され、加持とミサトの過去を打ち明けられる。加持の過去はテレビ版では語られなかったもの。
    シンジは初号機に再び乗る決心をし、ゼルエルと対峙。初号機が覚醒し、S2機関を取り込んでゼルエルを捕食する。

全6件中 1 - 6件を表示

貞本義行の作品一覧

貞本義行の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

新世紀エヴァンゲリオン(7) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新世紀エヴァンゲリオン(7) (角川コミックス・エース)はこんな電子書籍です

新世紀エヴァンゲリオン(7) (角川コミックス・エース)のコミック

ツイートする