わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言! - 3DS

  • 134人登録
  • 4.33評価
    • (27)
    • (22)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
  • 任天堂 (2012年9月27日発売)
  • Nintendo 3DS
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4902370519952

わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言! - 3DSの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◆来店するお客様を洋服やアクセサリーなどのアイテムでコーディネートしながらカリスマ店長を目指す、ファッションコーディネートゲーム『わがままファッション ガールズモード』の続編『~ よくばり宣言!』です。
    続編というとちょっと語弊があるかもしれませんので、ここからは新作という表現をします。

    前作のボリュームはそのままに、そこからさらにパワーアップして、約12000点の新作アイテムでみんなをステキにコーディネートすることができます。
    今作は、セレクトショップの店長として、コンテストに出場したり、雑誌に載ったりと、ファッションを通じてみんなを幸せにします。
    洋服やバッグ、アクセサリーなどの豊富なアイテムで、こだわりのコーディネートが楽しめるだけでなく、メンズのコーディネートにも挑戦することができるようになりました!


    (^^)<Comment
    ※このソフトとインターネット環境があれば、最新作『3DSガールズモード よくばり宣言! トキメキUP!』に無料で更新することができます!

    前作『DSガールズモード』に、はまってしまい、結局『3DSガールズモード よくばり宣言!』に手を出してしまいました……。
    購入前にレビューを読むだけではわからない部分も多く、正直どのくらいの進化があるのか、プレイするまでわからなかったわけですが、新作を購入してよかったです!
    まったく別ストーリーのゲームとして、1から楽しめました!

    まず、グラフィックが格段にきれいになりました!
    プレイヤーのカスタマイズキャラも、脇を固めるキャラクターたちも、お客さんも、もうとにかく誰もが美男美女すぎて、スタイルよすぎて、逆に気持ちよいくらいです(笑)
    服のデザインも、よりイマドキっぽくなっていて、3DSになったことで、素材感がわかるようになりました。前はどんな服も平面的で、Tシャツの型やノースリーブの型に色がついているだけという感じでした。今回は、レザーならレザーっぽい光沢があったり、ふんわりしたレース感や、ギャザーの影なんかもリアルに再現されていました。

    あとはブランドが細分化されて種類が増え、新しくバックのブランドができたり、メンズのコーディネートも楽しめるようになりました!
    前作をプレイした直後にプレイしたので、最初は新しいブランド名に慣れませんでしたが、詳細検索をかけられるので、小さなお子さんでも、その方法を覚えれば、上手にコーディネートが進められるようになると思います。

    前作では、ショップのオーナーが設定している一定の条件をクリアしていけば、新しいブランドが増えたり、お店の在庫数が増やせたりしましたが、今作は一味違います。
    ゲームの中に朝~深夜までの時間軸があり、その中でお客さんを喜ばせたり、自分磨きをすることでゲージがたまります。次の日に変わるときに、そのゲージが月の満ち欠けに影響し、月が満ちると新しいブランドやお店がOPENしたり、新しい髪形やメイクが選択できるようになったりという変化が起きます。
    慣れてくれば、1日の行動でゲージを満タンにすることができるので、ほぼ毎日新しいことが起きます。

    そして、時間軸と言っても『どうぶつの森』や『トモコレ』などのように、実際の時間と対応しているわけではなく、ゲーム内の一定の時間軸で進むので、現実世界の1日で、ゲームの世界を何日分も進めることができます。これは、結構嬉しいです。わたしはスローライフ系だと1日が長すぎて、飽きてきてしまうので……。
    ただし、4月・5月などの月カウントだけは、3DSで設定した実際の月に順応しているので、4月を30日繰り返しても、5月には変わってくれませんでした。月ごとに季節アイテムが変わるので、私としては、じれったいです。
    また、『牧場物語』や『ときメモ』のように睡眠をとらなくても、ぜったいに倒れない無敵の体力を持っています! 逆に心配になって、メイクを落として、パジャマっぽい服に着替えさせ、わざわざ寝かせてあげたくなっちゃうぐらいです!笑

    あとは、各キャラクターやお客さんの動きの表現が細かくなりました!
    自分で決めたお店の内観の中に、実際に来店したお客様が表示されて、店内を見渡している様子がとてもリアルです。これは前作にはなかったので、より接客をしている感じが出ていてよかったです。
    友だち同士で来店したり、カップルや兄弟姉妹で来店することもあります。
    前作では、ひとつのブランドでしかコーディネートできませんでしたが、今作は、服の持つテイストがあっていれば、好きに組み合わせて、お客さんに販売することができます。
    気に入ってくれたときと、ものすごく気に入ってくれたときで、お客さんのモーションが変わります。ばら色になったときなんて、こっちまで嬉しくなりますし、『ガールズモード』のお客さんは、ほめ上手・オブラートな表現上手で、クレイマーがいないので(笑)、失敗してもまた買いにきてくれます!
    このあたりは、女児向けにやさしくできていますね。

    あとは、前作にもあったマネキン販売が、実際にお店のショーウインドウに飾られます。この外観やショーウインドウのディスプレイも細かく設定できるので、楽しいですよ♪
    ウインドウ内の全身コーディネートが欲しいお客さんは、お店の外でそのマネキンをながめているので、話しかければ店内に誘導することができます。
    これもリアル!!

    人気ショップになるとお客さんがたくさん訪れ、街が活気にあふれていきます。今作は、「街を活気付ける」というのが全体のキーワードになっていて、ショップの人気が出て、街が活気付けば活気付くほど、新しい施設がOPENしていく仕様です。

    プレイヤーキャラクターのカスタマイズ性も格段に上がり、自分の着替えやメイクを自由に楽しむことができます。素敵なコーディネートで街を歩くとお店の宣伝にもなりますし、カメラマンさんが写真を撮ってくれて、雑誌に掲載されたりします。
    そして、雑誌に掲載された商品を買いに来るお客さんも現れます。
    逆にステキなコーディネートが載っていれば、購入することもできます。

    さらにさらに、主人公の住むお部屋のインテリアも自由にコーディネートができるようになります。インテリアショップで購入しますが、これもけっこう種類が豊富です。お店が軌道に乗ってくると、自分のお金にも余裕ができるので、少しずつ買いそろえられるようになります。

    コンテストも前作よりパワーアップしています。判定も厳しくなりましたが、その分、燃えます^^*!笑
    コンテスト中、他のスタイリストのコーデも、ただ見るだけでなく、気に入ればセットで購入することができます。(すでに持っているものは、二重で購入されないので、良心的)

    そして、こちらもパワーアップしましたが、ニンテンドー3DSの通信機能を使って、友達や全国のプレイヤーとコーディネートを楽しむことができます。
    すれちがい通信で、自分のお店の情報が載った「プロフカード」を交換できますし、すれちがった相手のキャラクターが実際に自分の店舗に遊びにきて、アイテムを購入してくれます。

    今回のブランドで一番気に入ったのが、「姫ギャル」スタイルの “ビスクマリー” ですかね。ロリータは好きじゃないんですけど、ロリータとセクシーがミックスされた姫ギャルは、めちゃくちゃツボでした。
    また金髪にカスタマイズしたスタイルのいい主人公に着せると、本当にかわいいんですよね~。
    実際は、あんなに短いスカートを履く自信なんて、ありません……笑

    『ガールズモード』は、着せ替え人形とお店やさんごっこが一度に楽しめるゲームです!
    わたしが小さいころは、友だち同士で遊んだものですが、最近の小学生は、それぞれが習い事でいそがしく、数人でいっしょに遊ぶ時間がなかなか作れないのだそうです。
    そういう子どもたちにとっては、一人遊びもできますし、都合がつけば、いっしょにゲームでも遊べますし、現代の子ども事情にそくしたゲームといえるかもしれません。

    それにしても、ここ十数年ぐらいで、子どもたちを取り巻く環境って本当にめまぐるしい変化を遂げているのですね~。

    わたしはコンテストをすべてクリアして、エンディングを見てしまうと、一気に冷めてしまう人なので、今となっては、まったくプレイしていません。
    他ゲームで、クリア後も素材集めや、クエストクリアなんかを楽しめる方は、大人でも長く遊べると思います。

  • ここ数年、テレビで好きな女子アナの服装
    (コーデ)を見て楽しんでます。

    20年ぐらい前は『Avenue』(世界文化社)といふ
    ファッション誌が大好きで定期購読してました
    (但し見るだけ。それも此の一誌のみ)。
    多分、捨ててないと思う。



    いい年こいたオッサンが
    女装願望を満たすのには良いかも(汗。
    現実の自分が女装しても
    絶対に綺麗には成れないのだから、
    せめてゲームのキャラをコーデして
    思いっ切り着飾るのは楽しくてハマる。
    と云うか、コーデってパズルなのだと知った。

    ワシのキャラはアリシアと名付けた。
    某ハリウッド女優の本名らしい。
    そこからショップの名前は
    「ARIAカンパニー」と成った訳です(苦笑)。
    BGMに『ユーフォリア』を流せたらなぁ……。

  • 3DSLLピンクと同時購入。
    前作未プレイ。

    クリアまではひたすら面白い。
    クリア後に服コンプとか、自分の目的とか楽しみ方を見つけ出せるかどうかで総プレイ時間が全然変わってくると思います。

    私は疲れちゃってプレイ休止中。
    同じ客に同じ服とか色違いの服売っちゃいけないっていうのが妙にストレスで…。男性客なんかおんなじような服ばっかなのに…。
    自分は効率重視でうまくやろうと思うからいけないんだと思う。

    純粋にファッションや着せ替えを楽しむのにはとてもいいです。

    髪型とかヘアカラーも種類豊富で、自キャラをいじってるときが一番たのしい!

  • 前作に比べると横持ちになった分、プレイしやすい印象。
    大型アップデート(パッケージピンク色の「トキメキUP」)も発売されてますが、こちらのVerからも無料でアップデート出来る良い設計。

    ダウンロードコンテンツで実際のブランドとのコラボレーション衣装有り。
    2017年3月頃時点でもダウンロード出来ました。

    「どうぶつの森」シリーズと同じく、リアルタイム連動型。
    暫く留守して帰ってくると、在庫がと季節の乖離が悲惨に(^_^;)

  • スタッフロール見たのでとりあえずクリア扱い。服の数やテイストがとにかく豊富でオシャレさせるのが楽しい楽しい!!服を着せた時、ちゃんと可愛くカッコよく反映されてたのも感動した!少しずつできる事や行ける場所やお店が増えていくので、EDまで飽きずに楽しめました◎ まだ出てないショップあるので遊びますよ。

  • 3DSになったことで画質もアップ。アイテムも増えて遊び応えも上がりましたね。個人的にいらないけど、メンズコーデまで追加されました。近頃、無料のアップデートもありましたね。
    前作ほど話題にならなかったけど、今作も楽しいですよ。客の依頼が分かりやすく検索機能も充実してるので選びやすいです

  • まだ絶賛プレイ中だけど一先ず登録。
    まだビギナーコンテストしか出てないし…

    中毒性あり。
    寝る前に少しやろ、は罠。確実に夜更かしになる。
    正直、10代くらいの女の子向けだろ~とかなめてたけどハマりますね。
    コーディネイトするっていう単純なようで奥が深い。
    自信満々でテイスト合わせてつくったコーディネイトが気に入られないと悲しい…
    見た目は合ってたのにゲーム上のカテゴリが違ったのかな…(>_<)そういう意味で、まあゲームはゲームなんだけど、リアル生活でも自分や他人のコーディネイトに気を遣うようになりました。

  • 単純に知らない世界のことを知ることができて楽しいという感覚がある。ファッションはどうしてもお金がかかる趣味だし、男だとそんなにファッションの種類も無いというか、おしゃれに気を使う年代でもなくなっただけに必要最低限の服だけを買うようになってきたが、いざこうして初めてファッションというものにどっぷり浸かるというか、ゲーム内の世界に入り込んでみると、なかなかに楽しい。客のコーデを考えるのは数をこなしていくとだんだん疲れてくるが、マイルームで自分のファッションについて考えるのは本当に永遠に考えられるほど、無限の組み合わせの中からコーデを選択して、オリジナリティある形になるとなかなかに達成感がある。客の愛想が良すぎるのと、簡単に自分の店が持ててしまうというストーリーの安直さには、小さい子がコレをやっていざ販売員に鳴ったときに落胆しないか、心配になってしまうが、まあその辺はご愛嬌か・

  • 誕生日プレゼントのリクエスト

  • 【NASAオススメ本と今ここの意味がわかる神ゲーのお知らせ】

全11件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言! - 3DSを本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言! - 3DSを本棚に「積ゲー」で登録しているひと

ツイートする