本は10冊同時に読め! (知的生きかた文庫) [Kindle]

  • 30人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 成毛眞
  • 三笠書房 (2008年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (171ページ)

本は10冊同時に読め! (知的生きかた文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本の読み方指南書。本を同時に10冊並行して読む「超並列読書術」のススメについて書かれている。まず、「本は買ったら最後まで律儀に読む」という強迫観念を捨てろ、という意見が為になった。

    「読書が趣味です」と言わないまでも、しっかり読書している人はその人の言葉遣いなどで「あぁ、こいつはあの本を読んだんだな」と分かられるという話が面白くて肝に命じようと感じた。

  • マイクロソフトの、というより今ではHONZを主宰している成毛眞さんの読書論のはずですが、最後のお勧め以外は人生論ばかりで辟易。

  • 35歳でマイクロソフトの社長に就任した著書が教える「庶民」で人生を終わらせないための読書術。こんなにけんか腰の本は初めて読んだ(笑)爽快で刺激的な1冊でした。

    著者はこの中で10冊同時に読む「超並列読書術」というものを推奨しています。

    「超並列読書術」とは場所ごとに読む本を変え、1日の中で何冊もの本に目を通す読書法です。1冊の本を持ち歩いてずっと読むのではなく、リビングで読む本・寝室で読む本・トイレで読む本を決め、その場所に行ったときだけ読むというやり方。

    頭の中がごちゃごちゃになりそうですが、平行して読むと短時間で本の趣旨や世界観をつかもうとするので集中力が高まるのだそうです。

    コツは「本は最後まで読むものだ」という強迫観念を捨てること。本には重要な箇所もあれば、重要でない箇所もあります。小説のようにストーリーを楽しむ場合は別ですが、知識を深める目的なのであれば、重要な部分だけ効率的に拾って読むことが大切です。その方が疲れないし、短縮できた分を別の本に使うことができますよね。

    10冊同時読みとまではいかなくても、拾い読みのコツを鍛えるために並列読書をやってみる価値はありそうです。


    「本を読まない人間はサルである」だの「本嫌いの人と付き合う必要はない」だの、そこまで言っちゃう?という文章のオンパレードですが、そこが痛快でとてもおもしろい一冊。著者曰く、その他大勢の庶民から抜け出せるか否かは読書の量にかかっているとのこと。様々なジャンルの本をバランスよく読むことが重要で、ベストセラーやビジネスハウツー書ばかり読んでいる人間は一生庶民のままだそうです。・・・

    この本を読んでいると読書しないと世間に取り残されるんじゃないかとう恐怖感を抱きます。「本買ったけど、読むのだりーなー('A`)」ってときはこの本を開いてみることをオススメします。

    mixiログ 2011年02月06日

  • 本を読まない人はサルである! とする明快な書。
    三色ボールペン読書・推薦図書感想文を非難。
    こだわりの書を紹介。

  • 013

    30分くらいで読めちゃう本。
    本を読め!というか、成毛さんが理想とする社会人像(もしくは成毛さん本人なのかも知れない)に近づくためには、本をたくさん読まなきゃ駄目だよ!という本。

    特に強く同意したのは「これからはアイデア勝負の時代になるから、アイデアの引き出しは本に頼れ」というもの。本がアイデアの源泉になるかは置いておいて、これからはアイデアとか区営ティビティが問われる世の中になるのは本当だと思う。

    最近、仕事をしていると本当に視野が狭くなるんだな、と実感している。特に僕は週末をアクティブに過ごすような、そんなバイタリティも高い意識も持ち合わせてないから余計だろう。

    そういう視野狭窄の特効薬として、本を読む行為はあながち間違っていないと思う。どんな本を読むかは別としてね。

    読んでよかったけど、買う程でもないかも。

  • 本、読まなきゃ…!ってなる。

全6件中 1 - 6件を表示

成毛眞の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

本は10冊同時に読め! (知的生きかた文庫)はこんな電子書籍です

本は10冊同時に読め! (知的生きかた文庫)の単行本

ツイートする