レンタネコ[DVD]

  • 660人登録
  • 3.44評価
    • (40)
    • (90)
    • (134)
    • (32)
    • (3)
  • 128レビュー
監督 : 荻上直子 
出演 : 市川実日子 
  • バップ (2012年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021137225

レンタネコ[DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012年公開。


    緑鮮やかな河原の土手。

    涼やかな風鈴の音色と
    風流な蝉の声。

    暑い日の瓶ビールとガリガリくん。

    首振り扇風機と
    蚊取り豚と流しそうめん。

    そして縁側には…猫、猫、猫。




    地味で淡々とした
    不思議な映画だけど
    自分は好きですね〜♪


    猫を惹きつける
    特殊な能力を持つ女性サヨコ。
    (厳密に言うと猫だけを引き寄せるらしい笑)


    リヤカーに猫を積んで(笑)
    竿竹売りのごとく
    拡声器で

    「れんた〜〜〜ねこ♪
    れんた〜〜〜ねこ♪
    ねこねこ♪」


    レンタネコ屋を宣伝する
    主人公が笑えます。


    料金は前金千円。
    審査あり。

    サヨコ自身が祖母を亡くした悲しみを猫たちに埋めてもらった経緯があるので
    儲けようなんて思ってないんのがいいのです。
    (実はサヨコの本業は他にもあるのです笑)

    孤独なお婆さんには
    14歳のおばあちゃん茶トラを、

    娘に臭いと言われ嫌われた
    単身赴任の男には
    臭いもの好きの黒白猫を、

    何でもランク付けしてしまうOLには三毛猫を、

    孤独な人たちを
    癒やす手助けをするサヨコ。


    自分もやんちゃ坊主な黒にゃんこ飼ってるけど、
    自分の子供同然でもある猫たちを貸し出すって
    なかなかできるもんじゃないです。

    猫と人との信頼関係がないとできないことやろし。


    サヨコは猫を通じ、
    孤独な人たちの
    心の穴ぼこを埋める手助けをすることで
    実は自分自身の穴ぼこも補填してもらってるんじゃないかな。
    (人と繋がることを誰よりも求めてるのはサヨコ自身なのかも)


    『誰かにとっての大切なものは、
    それがどんなものであっても一番なんだ』
    というサヨコの言葉は沁みたなぁ。

    ニューヨークで人気のドーナツより
    おばあちゃんの揚げた手作りのドーナツが美味しいと感じる人だっているように、
    ブランドや肩書きではない
    自分自身の揺らがない「好き」を見つけてという
    荻上直子監督のメッセージが込められていたように思います。

    大の猫好きの荻上監督だけに
    過剰な演出はなく
    あくまで自然に任せた猫たちの撮り方も
    好感を持ちました。


    しかし、おデブで
    むっつり顔の歌丸師匠、
    キミは可愛い過ぎるよ〜(>_<)

  • 去年の夏、急に体調を崩し心身共に疲れ切っていた時に、気分転換になれば...と観てみました。
    そしてこの作品の大ファンになり、すぐにDVDも買って何度も何度も繰り返し観ています。
    1年以上経った今でも、なんとなく心が疲れた時、元気を貰いたい時はこの作品で癒されています。
    実は今日も2回観てしまいました( *´艸`)
    そのくらい、おススメなのです。

  • 最高にほっこり。こんな自由な生き方したいなー。猫好きな友達たちにおすすめしたい映画。

  • 私は荻上監督の作品が好きなのだが、やはり「荻上直子+小林聡美」が最強だ、と気づかされた作品。
    本作にせよ「トイレット」にせよ小林聡美が出演していないとなんだかちょっと物足りない気がしてしまう。あれ、ここのカレーには福神漬けがついてこないんだ、みたいな。
    また、荻上作品以外で荻上風に演出されている小林さんは、場違いな場所に紛れ込んでしまったような居心地の悪さを感じてしまう。

    市川さんが小林さんだったらこの作品はどんな感じになっただろうと想像してみたが上手くいかなかった。おそらくこの作品は小林さん向きではないのであろう。

    市川さんも光石さんも相変わらずいい味を出している。山田真歩さん(レンタカー受付嬢)もいい感じ。でも、小林克也はミスマッチな気がした。

  • レーンタぁ~ ネコっ♪ ネコネコっ♪
    ゆるーい感じで面白かった。猫がたくさんでてきて嬉しい。
    「前世はセミだよ」にふいた。
    お隣のおばさん(おじさん?w)も寂しいのね。
    レンタカー屋のお姉さんとのやりとりが好き。
    寂しい人に心の穴ぼこ埋めてくれる猫を貸してくれるレンタネコ屋さん
    うちにも来てくれないかな。
    レンタカー屋さんに連れて行ったノルウェージャンみたいな子を借りたい。

  • 夏に観たくなるやつ!

    ドーナツのシーンがすき。
    心がほぐれる感じ。

  • それぞれのお家を観ているだけでも楽しい。
    すっきりしていても生活感があって。
    特に光石研さん演じる単身男性のお宅。
    間取りと部屋の使い方が最高。

    山田真歩さんが絶妙な存在感なのと、小林克也さんには笑った!
    最初のエピソードの茶トラさんが、知人宅の大好きな子に似ていて会いたくなった。
    ネコは確かに穴を埋めるのが得意です。

  • ■2015.03 BS
    ●くるねこ

    ラストの『エンディングイラスト』が最高だった!

  • 猫好きにはたまらない映画。特に、雑種の猫ちゃんが好きな人は見てるだけで癒されると思いますよ。
    リヤカーに入れられてガタガタ運ばれてるのに、籠の中でお利口さんにしてる猫が本当に可愛らしい。
    昔飼ってた猫に似た柄の子(娘に嫌われたおじさんが選んだ白黒の子)が出てきた時は本当に悶絶しました。笑

    ストーリーはありきたりだけど、ほのぼの感が好きです。
    隣の住人とのふれあいがいちいち面白い。

  • 「レンターネコ。ネコネコ。
     レンターネコ。さみしい人に猫、貸します」

    リアカーに猫を何匹も乗せて
    スピーカー片手に川沿いをゆっくり歩くサヨコの姿に
    なんともいえない親しみを覚えちゃいました。
    彼女みたいになりたいか?と訊かれたら迷うんですけど
    ものすっごく自由でものすっごく自然体で
    猫と関わるのも人間と関わるのもまったく同じで。
    彼女みたいになれるか?という問いだったら迷わずNOですね。

    「胸のあなぼこ、きっとこの子が埋めてくれます」

    感動して泣けるジーン・・・ではなく
    ちょこちょこ笑っているうちに胸があったまってジーン。
    平和でのどかな日の昼下がりに
    やさしい誰かと一緒に観るのがお勧めです。
    猫、借りたくなりますよ、きっと。
    ふふ。

全128件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レンタネコ[DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

レンタネコ[DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

レンタネコ[DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

レンタネコ[DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする