白夜街道 (文春文庫) [Kindle]

  • 20人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 今野敏
  • 文藝春秋 (2008年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (313ページ)

白夜街道 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 公安刑事・倉島シリーズその2。相変わらず主役はヴィクトルなんだけど、今回は舞台がロシア。いろいろ仕込みがされていて、誰が誰を嵌めようとしているのかが謎めくのがこのシリーズなのだろうか。謎めきすぎて、ラストがいまいち盛り上がりに欠ける感は否めない。倉島のキャラもいまいちイメージしにくいし。民族的な問題って我々にはなかなかぴんとこない部分もあるから政治背景もふくめて描ききるのは難しいのかもね。
    でも次作も読むよ。

  • 公安・倉島シリーズの第二弾。シリーズ名が正しいかどうかは謎。
    曙光の街に登場したダークヒーロー、ヴィクトルが今度はロシア
    で大活躍、の巻。

    舞台が(ほぼ)日本で無くなったことで若干の違和感こそあるもの
    の、誰がヒールか解らない展開は実にスリリング。そして、前回から
    優秀な公安捜査官に化けた倉島の人の変わったかのような活躍が目覚
    ましい。2作目にして世界観が出来上がった感。

    それでいながら、各キャラに親近感まで沸いてくるのがちょっと不思議。
    そもそもあの名作、「ハロー張りネズミ」の頃から旧ソ連のスパイもの
    はかなり好きな舞台設定でもある。ゆえに、続編が楽しみ。

    ・・・今のところこのシリーズ、次でKindle版は終わっちゃうのだけど(^^;)。

全2件中 1 - 2件を表示

今野敏の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

白夜街道 (文春文庫)はこんな電子書籍です

白夜街道 (文春文庫)の単行本

白夜街道 (文春文庫)の文庫

ツイートする