杜子春 [Kindle]

  • 153人登録
  • 3.91評価
    • (13)
    • (24)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 芥川竜之介
  • 2012年9月13日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (13ページ)

杜子春の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あおぞら文庫。
    仙人によって、何度も助けられてお金持ちになるも、そのたびに使い果たしてしまった杜子春。最後には仙人になるために多くの試練をクリアするが、最後の最後に、どうしても越えられない試練が待っていた。短い話だけど、考えさせられる内容でした。

  • 母の愛。人生で大切なものとは何か。

  • いい話じゃないですか。
    ひさびさの感動ものです。

  • 何このデジャビュ

  • 芥川龍太郎の名作短編小説。中国の古典を童話化したもの。親の遺産で遊び暮らしていた杜子春は、お金が入るたび散財する。突然現れ自分を助ける不思議な老人とは何者なのだろうか。人間としてのまっとうな暮らしとは何か考えさせられる。

  • 僕僕先生を思い出しながら読んだ。

  • どっかで読んだことがあったような・・
    儒教的なお話。

  • 芥川の中でも大好きなお話。
    中国の古典、鄭還古の『杜子春伝』を童話化したものであるが、原作とは結末等にかなりの差異がある。
    仙人は何故、杜子春に声をかけたのか。何故、仙人にすることを承諾した上で、その試練をクリアした際には杜子春を殺してしまうつもりであったのか。何故、家と畑を与えたのか。
    私は残念ながら三国志演義を知らないので全く違う想像をしているかもしれないが、仙人が人間であった頃、杜子春と同じような身の上で師匠に声をかけられ、同じ試練をクリアし、そのクリアしてしまった事実について酷く恥じ、また後悔しているのではないかと想像した。杜子春よりも仙人に対しての興味が尽きない。

  • お金持ち ≠ 幸福 という内容。
    結局は、どのように生きるか、人の役に立つかが、幸福と関係する。
    豊かな世の中となった最近の啓発本によくある内容であるが、以前の貧しい時代から言われていたんだと気づいた。
    こういった啓発内容のはしりでしょうか。

  • とかく難解な芥川の作品にあって、「杜子春」だけは非常に分かりやすい。
    テーマがはっきりしていて私にでも分かるように思います。
    と、いうことでお気に入りの杜子春なのです。

    読み初めから、自分は杜子春になりきれるのです。
    愚かで、貧しく、人を信じ、翻弄され、舞い上がり、勘違いして。
    そして気がついたら、何事もなかったように全てを失い「もとのまま」。
    洛陽門の春の夕暮れがそこにあるだけ。

    何故にこんなに哀しいのか。
    この先、主人公はどうなるのか。
    読者はなんだかおいてけぼり。
    ひたすら読み終わったあとのボンヤリとした感覚だけが残ります。

    芥川って書き初めと終わり方が上手い。
    実にうまい。
    もう、これ以上の書き方はない、と唸ってしまいます。

全12件中 1 - 10件を表示

芥川竜之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中島 敦
夏目 漱石
夏目 漱石
ヘミングウェイ
夏目 漱石
ヘルマン ヘッセ
梶井 基次郎
芥川 竜之介
夏目 漱石
森 鴎外
フランツ カフカ
芥川 竜之介
芥川 竜之介
芥川 竜之介
芥川 竜之介
芥川 竜之介
夢野 久作
芥川 竜之介
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

杜子春を本棚に登録しているひと

杜子春を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

杜子春のKindle版

ツイートする