わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) [Kindle]

  • 274人登録
  • 4.14評価
    • (24)
    • (19)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 土屋政雄 
  • 早川書房 (2008年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (450ページ)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「表現を記録として残すこと」が人間らしさだと思われてたのかしら。

    サッカーでゴールを決めて得意になること、マグカップにお茶を入れて夜中に2人で話すことは人間らしさではなかったのかな。

    動物の身体の一部が金属になっている絵を描くことは、主人公たちの境遇を表現しているようだった。
    金属は取替えできるし、人間らしさから遠いもののはずだけど。

    テレビ番組でAIが大喜利を作っているのを見たけれど、AIは人間じゃないんだよね。

  • ずしり。作品が纏う緊張感がたまらなく魅力的。

    もし、、、彼がこの国の言葉で書く作家になっていたらどんな日本語を綴ったのか。。。

    一方で、この作品の翻訳は素晴らしいかった。

  • 映画のアイランドのような物を想像してたけど、もっと静かで心の物語でした。思っていたよりいい意味で裏切られたという感じ。突然の事実をそらされるより、残酷ではあるけど。

  • 特殊な事情から、特殊な環境下で育てられた少年少女たち。大人になった彼らの一人が、その時代を回想されています。こういったものを外部から(侵入者としてなど)体験するという話ならあると思うのですが、本人としてどういった感覚を得るのかということを、リアルに体験させてくれる小説は、想像することもできなくて、そのすごさに圧倒されました。ノーベル賞を受賞されたというニュースで、初めて読ませていただきましたが、ただただ自分の奥深くに起こりつつある変化に驚きつつ読ませていただきました。
    私たちの子供時代にも通じるものがあると感じています。大人になるにつれて、良くも悪くも薄まっていった、他人を慮る感覚。他者を理解するための感覚。それを追体験という方法によって思い出すことは、今の時代に重要なことだと感じさせられました。

  • ノーベル文学賞受賞、ということで
    全く読んだことがない作家さんなので、有名らしい『私を離さないで』を読んでみようと思ったけれど、
    ネット書店では、のきなみ重版予約、入荷時期未定となってました(^-^; 
    普段はあまり使わない、電子版で購入しました。

    実は海外の小説は苦手なのです。登場人物名、地名な
    どが覚えられなくて話に入り込めないのです。でも頑張って(?)読んでみました。

    舞台設定が、読む前からネタバレされてしまっていましたが…
    なんともいえない、うす暗く恐怖を感じる雰囲気で、
    意味もよくわからずギブアップしていたかもしれないけれど
    予備知識なしで読みたかったかも。

  • せつないし色々と考えさせられるなあ。ルースがどうも好かなくてなかなか読み進められなかった。

  • ドラマ化の辺りから興味はあったが、作者のノーベル賞授賞をきっかけに購入。
    重い題材の話ですが、引き込まれてしまいます。
    後味もそんなに悪く無く、読みやすかったです。

  • 今年のベスト!で話題になった時に読んで、人に「私を離さないで」めっちゃいいから読んで!と言うと、

    「なんかすごい情熱的なん薦めてきたなー」と言われて
    恥ずかしかった思い出が。しかも、「どんな内容?」
    と聞かれても、ネタバレしそうで何も言えない!

    じわりじわりと迫ってくる、真実。
    そうなんだろうな、それしかないやん、、、

    この小説と、コニー・ウィリスの「航路」に心掴まれている。
    ケン・リュウもいいけどなあ!

  • 著者がノーベル文学賞受賞ということで、まだ読んだことのない作家さんだったので早速読んでみた。

    舞台設定はジャンプで連載中の「約束のネバーランド」を彷彿とさせる。色々根本的に違うけれども(笑)

    主人公が少女時代から現在までについて、回想して語っていく構成。

    青春時代のあれやこれやのはずなのに、子供達のイベントや教わることに含まれる一部の単語に、読み手としては違和感を覚える。

    あらすじは受賞のニュースとかでも載っているけど、多分前知識ないほうが楽しめるかも。

    この作品が世にでた当時、恐らく世界で話題になっていたはずのあの技術を題材に、一種SF的な世界観において、登場人物の心理描写ができる著者の想像力。素晴らしいと思う。

    改めて倫理観について考えさせられるなー。

  • 読み始めたら、止まらず。特殊な設定なのに、普遍性がある。

全20件中 1 - 10件を表示

カズオ・イシグロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)を本棚に登録しているひと

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)の文庫

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)の単行本

ツイートする