ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025> [Kindle]

  • 322人登録
  • 3.88評価
    • (28)
    • (33)
    • (27)
    • (6)
    • (0)
  • 33レビュー
制作 : .  池村 千秋 
  • プレジデント社 (2012年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (430ページ)

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>の感想・レビュー・書評

  • メチャクチャ面白い。100歳超まで生きる前提に立つにもまずは自分の仕事に対する考えをアップグレードし、それに合わせた働き方や考え方がものすごく大事。「シフト」を受け入れる。
    第一のシフト、専門技能の習熟
    第二のシフト、他の人たちと強い関わりを持つ
    第三のシフト、情熱的な何かを見出す
    いずれにせよ、自分が考えて意識する!

  • 未来に繋がる事象はすでに身の回りにあるってところが良かった。kindle版はすぐに買えちゃうからくせになりそうだなぁ(笑。

  • グローバル化やIT化が進む世界で、働き方をどうシフトしていくべきかを描いた本。
    彼女のいう3つのシフトは、要すれば、
    ・専門性を複数磨くこと
    ・様々な人とつながりをもって働くこと
    ・金銭ややりがいなど、自分が人生で重きを置さくことを考えて働き方を選択すること
    というところか。(あくまで個人の解釈です。)

    誰々のケース、として未来の働き方シミュレーションを入れているので、飽きることなく読めました。

  • 積読状態。早く読まないと...。

  • 『ワーク・シフト』では、「2025年にわたしたちがどんなふうにはたらいているのか」が
    具体例をもって、専門的に分析されています。

    これからの未来を形づくるもの5つ。
    「テクノロジーの進化」
    「グローバル化の進展」
    「人口構成の変化と長寿化」
    「社会の変化」
    「エネルギー・環境問題の深刻化」

    この変化に対応するためには3つのシフトが必要。

    1つめは、広く浅い知識ではなく、専門的な知識を得ること。

    2つめは、

    ひとりひとりが競争するのではなく、協力してイノベーションを起こすこと。
    協力し信頼しあえる人間関係を幅広く築き、そうした人たちとの共同作業によって
    イノベーションを起こすことができる。

    3つめは、はたらいて稼いだ賃金をほしいものにつかうことから幸福感を得るのではなく、
    はたらくことに情熱をかたむけ、そこから幸福感を得られるようになること。

  • この本を読むのは3、4回目ですがいつ読んでも示唆に富んでいると感じます。これからも読み返したい一冊。

  • ・5/25 読了.前に話題になってた本.言ってる意味はなんとなく分かった.自由な働き方でニッチを狙って喰いっぱぐれないようにしようという主張だね.複数のスキルを組み合わせたら簡単にニッチになれるって話もどっかで読んだな.十分な収入が見込めないし努力するのも大変だから無理して自由を謳歌してることにしようと考えてしまう今の自分には身に染みる話かな.でもなんとか食べていけるぐらいの収入があって楽しくできる生業があったらいいのになと思う.

  • 「第一に、ゼネラリスト的な技能を尊ぶ常識を問い直すべきだ。」

    未来の働き方の本。

  • ①働き方を変える要因は?
    ・コンピューターコストの低下→50億人がつながる
    ・人工知能アシスタントが普及
    ・クラウド利用アップ
    ・グローバル化24hr休みなし
    ・ロボット普及
    ・ソーシャル活動増加→ミニ起業家のコラボ始まる
    ・ITにより生産性が向上し続ける
    ・バーチャル空間での仕事が増える

    ②どのように働き方がシフトしていくか?
    ・ピラミッド型に必要なゼネラリスト→水平型のスペシャリスト
    ・消費追求型→情熱的に何かを生み出す
    ・高度な専門技能がないとロボットに置き換わる

    ③気づき
    ・産業革命は、1760-1830の70年間、職人仕事→工業化
    ・コンピュータ処理速度が向上し、医学の進歩で儒病が延びる
    ・家族の在り方が変わる
    ・環境変化で住居移転を迫られる人が出てくる
    ・GDP上昇で、幸福感アップするが、一定水準以上だとさほど変わらない
    ・連続的に専門技術を取得することが有効

  • 未来の働き方を形づくる5つの要因そしてそこから「漫然と迎える未来」の暗い現実と、「主体的に築く未来」の明るい日々を対照的に描きそのためには働き方をシフトすることを提案している。

    要因1はテクノロジーの進化、1990年にはまだ社内メールはなく、携帯も持っていなかった。パソコンでできることも限られていてググるなんてできない。著者はこれから注目すべき10の現象をあげている。例えばバーチャル空間やAIなど。後10年で何が来るのか?おそらくすでにある技術だろうが。

    要因2はグローバル化の進展、8つのポイントがあげられているがこれはもうほぼ起こっている。インドと中国がエンジニアと科学者の人材輩出大国になるというのはまだこれからだが。

    要因3は人口構成の変化と長寿命化、中国で言う80后、子供の頃からITに馴染んだ世代が2025年には影響力を拡大する。(年齢的には当たり前だ)そしてベビーブーマーの一部は貧しい老後を迎える。

    要因4は社会の変化、しかしこの中であげられている現象には「自分を見つめ直す人が増える」などよくわからないのもある。全般には家族のあり方を含め多様性が広がるというところだ。

    そして要因5がエネルギー・環境問題の深刻化、二酸化炭素排出を抑えるためにテクノロジーの進化と合わせて会議はバーチャル空間で、モノも人も移動しなくなるというがそれはどうだろうか?

    これらの要因から導き出される「漫然と迎える未来」では人々は時間に追われ、人間関係は希薄化し幸福感は減衰し、格差が拡大し新たな貧困層が生まれる。そして明るい未来を築くための3つのシフトがこれだ。

    第一のシフトはゼネラリストから連続スペシャリストへ。テクノロジーの進化がゼネラリストを用無しにする。終身雇用は崩れるので希少価値のあるスペシャリストでしかも他の分野に転出する覚悟がいるとか。そんな人はいつの時代でも大丈夫だろうよ。その他大勢の解法にはならないような。

    第二のシフトは孤独な競争から人的ネットワークを活かして、ポッセ(同じ志を持つ仲間)を作ること。充実したポッセの条件はいろいろ書いてあるがワンピースのルフィ一味とでも考えれば良いのだろう。

    第三のシフトは大量消費=満足できる給与を捨ててでも、やりがいのある仕事と充実した経験やワークライフバランスを優先すること。そしてその選択を理解することだ。(理解したうえで忙しい仕事と高給を選ぶ人はいっぱいいると思うのだが)

    要因については細かな差異を無視すれば方向は同意できる。しかし、そこから導き出される未来像がいまいちピンとこないものばかり。で、あまり共感はできなかった。ここに書かれた3つのシフトが実行できる人はいつの時代、どこであれやってけそうだしな。原初の発刊は2011年で書かれたのが2010年とするとすでに5年経っている。後10年で変わるものがどれだけあるかだが。

  • 過去と現在の状況から予測できる2025年の社会を、目に浮かぶような描写している箇所が興味深い。確かにそうした社会変化の兆しは表れているし、それに近い状況が少なからず発生するのだろう。ただ、それが太い潮流となるのか、多様化の一端に留まるのかは分からない。とは言え、将来を見通す力をつけるうえでは参考になる書籍である。
    時間と集中は重要で、プロになるには1万時間が目安という。1日3時間で年間1千時間、10年間で1万時間ということになる。そうすると、これから何かのトップになることを目指すと、1日何時間割けるかがポイントになるということだな。
    仕事や職場は人生の一部ではあるが、重要な一部であることに違いない。それを有意義にすること、不愉快なものでなくすること、自らの能力伸長や社会貢献に展開すること、など、これまでとは異なる仕事の価値観と成果が求められるようになる。
    近い将来には、どこで生まれたかではなく、才能とやる気と人脈が経済的運命の決定要因になる、というのは意味深い。とは言え、性別や人種、エリアおよびそれに起因する貧富の差は関連する要因になはるだろう。それでも突き抜けるのは、才能とやる気がベースにあり、それから積み上げる人脈が大切ということなんだな。
    これから重要なのは、知的資本、人間関係資本、情緒的資本とされていたが、最後の情緒的資本とは、最近読んだEQと通底するものは同じ。自らをコントロールし、他社との関係をコーディネートできないと、自ら描く成功にはたどりつけないのだろう。
    行動をシフトするには、①普段あまり行かない道を歩くこと、②人との付き合いの面でカメレオン人間になること、③プルを心がけること、とあるが、これらを実践しないといけないな。特に②は気を付けたい。
    働き方のシフトのうち、第一のシフトは、高度な専門技能を磨き、自分ブランドを磨くこと。第二のシフトは、少人数の盟友グループ・バラエティに富んだ大勢のネットワーク、打算のない友人関係の3種類の人的ネットワークを育むこと、第三のシフトは、家庭や趣味、社会貢献などの面で充実した創造的経験をすることを重んじる生き方に転換すること、ということだった。これらは私個人にも大切だし、日本社会にも大切な考え方だと思う。

  • 2025年、私たちはどのように働いているのか。ITがさらに進化した世界で、昼夜なく仕事に追われ、生身の人間と接することもなく孤独を感じる日々か。それとも、世界中の同志と議論を交わし、本当にやり甲斐を感じる仕事に打ち込める毎日か。どんな未来も、今なら選び取れる。そのためには、3つのシフトが必要だ。
    -----
    3つのシフトとは、ジェネラリストからスペシャリストへ、独占から恊働へ、消費から生産へ、という3点。既にいろいろな本を読んできてしまったので、よくよく考えたらさほど目新しい点はなかったな、という感想。「こうしなさい」という主張がある本ではないからかもしれない。さまざまな可能性を提示して、「あなたはどうする?」と投げかけるような本だった。

    目新しくないとはいえ、シフトが簡単だという意味ではなくて。価値観にもよるのだろうけれど、2と3はかなり意識を変えないと難しいと感じた。

  • テクノロジーが発達する世界で職を見つけられるには、高いレベルの専門技術が必要

    弁理士や企業の知財部員が行う仕事はどの程度機械に持っていかれるのでしょうか。

    期限管理や書類の形式的不備チェックは、機械でできるでしょう。毎年法律が変わるといっても、それすら機械が適切に条文の意味を把握し、最新の法律に即したシステムを自分で構築するかもしれません。

    明細書、クレーム作成はどうでしょうか。これも、ある程度は機械に任せられるのではないかと思っています。膨大なデータマイニングを使って、思い付いた技術を言葉として適切な表現に起こしてくれるかもしれません。

    では、どういう仕事が人でないとできないのか。人と接して行う作業しかないのでは、と思っています。人と接して行う作業とは、他社との交渉や、アイデアの拡張などです。

    機械に仕事を持って行かれないように、人でしかできない仕事をもっと模索したいと思います。

  • 予想された未来の働き方は、個人が強くならなくては生きていけない厳しい世界で、その兆候は今少しづつだけど、現れてきていると思う。

  • ベストセラーだったので買ってみたけど、ビジネス書で良く言われている正論が書いてるだけで、新鮮さを感じなかった。飽きてしまい最後まで読めなかった。
    これから社会に出る人たちへの啓発本としてはいいかも・・

  • 二年前の本だったのか。某ブロガー主催のソーシャルリーディングで取り上げられていたのでなんとなく内容も含めて把握していた。

    だからか、後半に進むに連れて段々と退屈になっていったところもある。

    そんな私的な事情はさておき、本書で取り上げられている内容はどれも示唆に富むよい内容だった。

    これまでの10年で世の中がどう変わったか。
    そして次の10年がどうなるか。

    ちょっと考えるだけでも希望と恐怖が入り混じるような状況だからこそ、冷静に自分の将来を考えるよいきっかけを与えてくれる本だと思う。

  • 話題の作品をようやく読了。
    かなりの賛成の声が多かったが、個人的にはすでに実践し始めている事が多く書かれていたという印象。
    国などが関係なくなる未来に向けた色々な準備はせねばならないが、概ね自分の方向性の正しさを確認できた。

    内容紹介抜粋
    ≪下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する≫
    2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

    働き方が変わる!!〈5つのトレンド〉
    ●テクノロジーの発展
    ●グローバル化
    ●人口構成の変化と長寿化
    ●個人、家族、社会の変化
    ●エネルギーと環境問題

    働き方を変える! 〈3つのシフト〉
    ●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
    ●孤独な競争→みんなでイノベーション
    ●金儲けと消費→価値ある経験

    「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。覚悟を持って選べば、未来は変えられる。


    ■目次
    働き方の未来は今日始まる
    働き方の未来を予測する
    第1部 なにが働き方の未来を変えるのか?
    第2部 「漫然と迎える未来」の暗い現実
    第3部 「主題的に築く未来」の明るい日々
    第4部 働き方を“シフト”する
    未来のために知っておくべきこと

  • かなり、厳しいが説得力あるお話。

    まずは自分の価値を差別化する。

    そして、3つの人脈を持つ

    価値観を変化させる。

    根底にあるのは、増えていく選択肢をその選択の結果を認識したうえで自分の意志で選べるかということ。

    いつの間にか温度が上がってゆであがってしまうようなカエルにならないよう、気を付けて人生を歩んでいこうと思う。

  • 近未来の仕事のあり方、若干SFみたいになってる。
    あと、10~20年すればこうなるのかなー。みたいなね。

  • SF作家ウィリアム・ギブズン「未来はすでに訪れている。ただし、あらゆる場に等しく訪れているわけではない」

    【未来の先にある、向こう数十年の世界を形づくる5つの要因】
    ①テクノロジーの進化
    ②グローバル化の進展
    ③人口構成の変化と長寿化
    ④社会の変化
    ⑤エネルギー・環境問題の深刻化

    【メガ企業とミニ起業家の台頭】
    テクノロジーの進化に伴い、仕事とビジネスの環境が複雑化する結果、世界を舞台にビジネスを行う巨大なメガ企業が台頭する。その一方で、様々な産業のエコシステム(生態系)の中で、無数のミニ起業家たちがコラボレーションを通じて価値を生み出し始める。

    【ゆでガエルの喩え話】
    煮えたぎるお湯の中にカエルを放り込めば、あまりの熱さにカエルはすぐ鍋の外に飛び出す。では、カエルを冷たい水の入った鍋に入れて、ゆっくり加熱していくと、どうなるか。カエルはお湯の熱さに慣れて、逃げようとしない。しかし、しまいには生きたままゆで上がって死ぬ。
    鍋の中のカエルと同じように、私たちは仕事の世界で「気づかないうちに積み重なる既成事実」に慣らされてはいないか。

    『可処分時間―新しい自由の指標』by オーストラリアとフィンランドの研究チーム

    2030年には、途上国と先進国の人口比が70億人対13億人になるという予測がある。

    豊かな国の人々はえてして、心理学者フィリップ・ブリックマンとドナルド・キャンベルの表現を借りれば、ハムスターのように、いくら走っても前に進まない「満足感の踏み車」の上を走り続けている。

    一体化が進んだ世界では、ごく一握りの地域が世界経済の牽引役になる。高い能力を持った人材が世界全体に均等に散らばるのではなく、一部の土地に集中する傾向が強まるからだ。トロント大学のリチャード・フロリダは著書『クリエイティブ都市論』で、そういう世界を「凸凹な世界」と呼んでいる。
    ジャーナリストのトーマス・フリードマンは『フラット化する世界』で、世界がフラット(平坦)になりつつあると主張したが、むしろ世界は凸凹になっていくと、フロリダは考えている。
    「凸凹な世界」は、クリエイティブ・クラスター(創造的人材の集積地)、巨大生産拠点、メガシティ(巨大都市)、地方部の4つのタイプの地域にわかれるという。

    問題解決のプロセスで多様性がいかに大きな強みとなるかは、歴史を見ても明らかだ。第二次世界大戦時にイギリスなどの連合国がドイツ軍の暗号「エニグマ」の解読に成功したプロセスは、その典型と言えるだろう。
    ロンドン近郊のブレッチリー・パークに設けられた暗号解読施設には、数学者や暗号学者だけではなく、さまざまな専門分野のエキスパートが集められた。エンジニア、言語学者、道徳哲学者、古典学者、古代史学者、さらにはクロスパズルの達人も解読作業に加わった。こうした多様な人材のアイデアと知恵を組み合わせることによってはじめて、「エニグマ」は解読されたのである。

    アメリカの物理学者フィリップ・アンダーソン「量は質に変化を生み出す」

    西ヨーロッパでは、60年以上生きる男性の割合が1800年には全体の25%にも満たなかったが、2010年には90%以上に達している。
    Cf. ドラッガーは早くから寿命が飛躍的に上がっていることが、社会動態に多大な影響を与えることを指摘していた。

    《第8章 第一のシフト―ゼネラリストから「連続スペシャリスト」へ


    ①専門技能の連続的習得:未来の世界でニーズが高まりそうなジャンルと職種を選び、浅い知識や技能ではなく、高度な専門知識と技能を身につける。その後も必要に応じて、ほかの分野の専門知識と技能を習得する。

    ②セルフマーケティング:自分の能力を取引相手に納得させる材料を確立する... 続きを読む

  • 2025年の未来予想がたくさんあり、今後の自分や子どもの人生を考える上で参考になった。自分としては、孤独にならないような絆づくりを意識すること、専門的なキャリアをいくつも深めていくことを恐れないこと、インターネットの可能性を意識して積極的にかかわっていくこと、エネルギー問題に関心を持つことを心がけていきたいと思う。

  • いや、まじリアルすぎる。
    仕事と遊びの境界をなくすこと。
    自分も会社でも求めていることである。
    が、その思想に到達するには、なかなか思考力が問われるものだ。
    未来は新たなイノベーションが待っているという明るい風の論調で書いてあるが、いやはや逆に言えば、イノベーション思考が出来なければ、”未来はない”と言われているに等しい。
    様々な著者が述べている”知価”が上がれば上がるほど、学ばない人間と格差が拡大する一方なのだろう。
    はぁ怖い怖い。ただただ、学ぶのみ。

    それから”遊び”の定義はとても良い気づきとなった。
    カリヨンツリーのようなワークスタイル。理想的でとても納得できる。が、しかし、知力や技能が問われる。好きな時間、時期で仕事を選べるぐらいの技能がなければ成立しない。ここが正に本書で専門性が問われる所以なのだろう。正直、学ぶ習慣がある人が、どれほどいるであろう?学ぶ習慣があっても、とんがった技能をもった人がどれほどいるであろう。やはり、未来の報酬格差は飛躍的に広がるであろうことが想像される。終盤に書いてあるように金銭が仕事の価値という古い観念から逸脱せねば、非常に悲観的な将来になるのだろう。低収入層の不平不満はどれほど鬱積するであろう?飛躍しすぎかもしれないが、治安が悪化する要因になると感じられる。
    「限界効用の逓減」 これに感銘を受けた。
    お金は増えれば増えるほど、価値を感じなくなる。
    技能や友達は増えれば増えるほど、新たな喜びが増す。
    仕事は金じゃない!っという軸とした様々な考えがあったんだけれども、この言葉でまとめてもらえた。今後ももう少し確信をもって仕事は金じゃない!っといえそうだ。
    うん。素晴らしい本だったな。


    ばらけていた仕事の本質に対しての考え方が、とても整理された。序盤は正直、リアルすぎてネガティブな心持ちになった。以降の人生と仕事の融合思考が未来において重要性を増すという論旨は読んでいて、自らの考えに近いものばかりだったので、ポジティブな心持ちに転換された。がっ要所要所に記載れているように、”考える力”が今まで以上に要求される世の中になり、ますます学ばない人との格差は拡大してゆくのだろうと改めて思えた。
    要所にたくさん語りたいくだりがあるのだけれども、終盤に書いてあった経済効用の逓減のくだりは、感銘を受けた。
    仕事は金じゃないという論旨は安直に良く言われるし、自らも仕事と遊びの融合は強力に意識している。何故、そうなのか?の論拠としてとてもしっくりきた。以降、体に入れる為、会う人合う人その話をしている自分がいる。
    ”技能と人脈” これには限界なく脳が刺激を受けることができる!
    とても良い本でした。ばんちゃんサンキュー

  • 話題の本だけど、個人的には期待したほどではなかった。時間がなくて焦りながら読んだせいかもしれないけど、ピンときたり、ひらめきは得れなかった。

  • 2025年の世界の人々の暮らしを予測し、これからどうすべきかが書かれた本。
    予測には全く違和感がなく、現在の延長に想像できる世界だと思う。腹落ちした。
    タイムマシンで未来を見て、より良くするために何をしたらいいかを考える感じ。忘れないようにときでき読まなきゃ。

全33件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>はこんな電子書籍です

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>のハードカバー

ツイートする