ブクログ大賞

とんび (角川文庫) [Kindle]

  • 172人登録
  • 4.24評価
    • (33)
    • (24)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 重松清
  • KADOKAWA / 角川書店 (2011年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (420ページ)

とんび (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 不器用な父親の深い愛情が上手く描かれてる。再読したくなる作品。

  • 不器用な父親の話。重松さんの父親の話はヤヴァイですね。でも流星ワゴンほどはグッと来なかった、なんでだろう。時代とか土地柄とかで共感部分が少なかったからかな。自分にとって実在する人とは程遠いから感情移入が少なかったのかもしれない、などと冷静に分析してみる。

    まだしばらく親にはなりそうもないけれど、こんな親にはなかなかなれないんだろうなあ…しみじみ。

  • 読むきっかけとなったのは、先日、堀江貴文さんの「ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく」の中で、本書が絶賛されていたからです。堀江さんは本書を読んで思わず泣いてしまったそうですが、私も同じく、そこに描かれた親子の関係性に胸打たれました。
    アキラの優しい気づかいや周囲の人間の思いやりを感じながらも、ぶっきらぼうにそれを跳ね返してしまうヤスさん。その不器用さに共感しつつ、またどこかクスッとさせられます。

    アキラが小さいころから一人前の大人になるまでが描かれ、そこには妻子を持つ身として、思わずわがことのように感情移入してしまいました。
    幼いアキラがある時、母親がいないことが原因で赤ちゃん返りしてしまいます。おねしょをする回数が増えてくるようになったり。そんなアキラを見て、心の中に「再婚」を考えてしまうヤスさん。それを見かねた近所の和尚が、アキラを連れて諭すシーンにやられました(詳しくは本書にて)。母親はいなくとも、アキラを温めてやる人はいる。その言葉どおり、全編通してそれが描かれています。

    アキラは普通に反抗期を迎え、普通に社会人として成長する。大学生になれば親ともなかなか連絡しようとしないのに、社会人になると親の心配をするようになる。自分もそうでした。大学時代は連絡することが億劫になっていました。電話があってもスルーすることもあったなぁと。でも今は、以前と比べて連絡するようになったと思います。
    そう考えると、私は、ヤスさんの視点だけでなく、アキラの視点からも感情移入していた気がします。ヤスさんの気持ちも分かるし、アキラの気持ちも分かる。優しさにあふれた、気持ちのいい作品でした。

  • 「幸せになりんさい。金持ちにならんでもええ、偉いひとにならんでもええ。今日一日が幸せじゃった思えるような毎日を送りんさい。明日が来るんを楽しみにできるような生き方をしんさい。」

  • ちょっと前に読んだ。 昭和臭ぷんぷんしてますが、温かい涙のこぼれるお話です。

  • 『生きている者同士の挨拶など、どうでもいい。』

    親になるとはどういうことか。不器用な父親を中心に、取り巻く環境の変化に対する主観を敢えて第三者視点で描くことで、家族の奥深さを表現している。家族という最も身近でかつ最も難解な問題に対してかくも琴線に触れる描写ができるのはさすがである。

  • 会社で読んでて泣きそうになった。

  • 久々にいい本にめぐり合いました

  • 通勤電車の中で涙が止まらなくなってしまい、マスクをしていて良かったと思った。
    親と子の関係について、これほどまでに熱く優しく描かれている小説は初めてだったかも。ちょっとくさいけど、全編を通じて、どの登場人物に対しても愛情溢れる描かれ方をしていたからだろうと思った。
    中でも、ヤスさんが旭の会社を訪ねるシーンについては、好きだなあ。

  • 不器用だが、情に厚く一途な主人公ヤスが、大勢の人に支えられながら男手一つで息子アキラを育てる物語。話の内容や、登場人物の特徴も良くありがちな気もするが、実際に読んでみると感極まるものがある。

  • 2014/2/15 Kindleで読了【2014年−9冊目】少し前にドラマ化されていた原作本。不器用な父親「ヤスさん」と一人息子「アキラ」。不幸な事故で亡くなった妻のことを想いながら、愛情一杯注ぎながら育てていく姿に、親の愛情の深さをしみじみ感じた。そしてそんな父を理解しているしっかり者の息子。男同士でぶつかり合うこともあるけど、心ではしっかり繋がっているのがいいね。幼なじみ、馴染みの飲み屋の女将さんや常連さん、半分父親みたいな住職・・・みんなでヤスさんとアキラを時には厳しく時には優しく育てていく姿を見て、古き良き昭和の日本を思い出しました。ドラマも好評だったみたいなのでDVD観てみようかな。

  • 家族って良いなあと、しみじみと思う事が出来る、素敵な小説です。ヤスさんを通して、一緒に人生を歩む事が出来て、何だかたくさんほっこりしました。

    和尚さんの海辺のシーンも良かったですが、あきらの手紙の場面は中でもかなりグッと来ました。マックで読んでいなかったら泣いてたでしょうね(笑)家族って良いもんですね。

  • いやぁ、泣きました。自分にも息子がいるだけに相当堪えました。
    ヤスさんの息子への愛情が伝わりましたし、それをどう表現していいのか困惑する様子には共感できましたし、自分は子供にここまでのことをしてあげられているのだろうか・・と不安にもなりました。
    良かれ悪しかれ、感情を揺すぶられるのが良い物語と信じる自分としては、これ以上ない物語と出会ってしまったことになりますね・・。
    子供がまだ小さいですので、これからも成長とともに再読しては泣くことでしょう。
    その時を心待ちにしつつ。
    とりあえず明日は家族に電話でもしますか・・。

  • 幼児の息子を持つ父親として、こうして子どもは成長していくのだなぁと将来自分が経験していくであろう感慨を疑似体験したように思った。
    だからこそ、毎日、後で後悔のないよう子どもに向き合っていきたい。電車やバスで読むと泣いてしまうので注意。

  • 不器用な父と、誰にでも好かれる優しく優秀な息子の父子家庭の話。

    物語は父目線で語られるので、素直じゃない行動をとってしまうその気持もわかるのだが、傍からみたら偏屈な人に見られかねないなあと終始感じていた。笑

    寂しいながらも周りの優しさに支えられながら成長する息子とその話にグッとくるところもたくさんあった。人々のあたたかみとその息遣いをリアルに感じられる小説だった。

  • 父一人、子一人。不器用ながら息子へ愛情を注ぐヤスさんのお話。親子の愛情だけでなく、アキラ(息子)が育っていくのを周りで温かく見守っている人々もまた良い!!
    ドラマ(佐藤健・内野聖陽主演)が面白かったので原作小説を購入。ドラマでも小説でも何度も涙ぐんでしまった。

  • 電子書籍で読了。

    不器用で乱暴な父親の恥ずかしさの混じる愛情に心打たれます。
    家族ってどんな形であってもいいなあと思える作品。

  • いゃぁ、泣けました。1冊で何回も泣けました。

    ドラマ見て面白かったので、原作をと思って。
    やっさん、最高にイイです!こんなお父さん、ステキ過ぎます。

    重松さんの他の作品も読んでみようと思いました。

  • 子供たちの海になりたい

  • 昭和30年代後半から、中国地方の架空の田舎町「備後」市を舞台とした、涙もろくて照れ屋のヤスさんと、その息子アキラとの家族成長物語。
    父ひとり、子ひとりの家庭ながら、飲み屋の女将たえ子さんや、薬師院の海雲和尚、その息子でヤスさんの幼馴染の照雲、その妻幸恵らに囲まれ、健やかに育って行くアキラ。一方で、頑固で融通の利かないヤスさんとアキラの関係は、アキラの成長とともに徐々にギクシャクし始める。
    ヤスさんはどうしようもない父親なのだが、一本筋の通った考えも持っていて、共感する部分が多い。
    笑いあり、涙ありのドタバタ昭和家族人情劇。

  • 出張帰りの新幹線で読むもんじゃないですね。

    父親として、息子として、感情移入せずにはいられませんわ、号泣。

    あと、気づかなかったけど最近TVドラマもやってるみたいですね。たまにはTV見てみようかな

  • ここ数日で一気に読了。
    久々に感動する作品に出会えた。
    勿論、文句無しの星5つ。

    家族や地域の絆、人への思いやりなど、忘れかけているものを思い出させてくれる作品。

    また何年後かに再読したい!

  • 和37年の夏の日、瀬戸内海の小さな町の運送会社に勤める“ヤス”に息子アキラ誕生。家族に恵まれ幸せの絶頂にいたが、それも長くは続かず……。高度経済成長に活気づく時代と町を舞台に描く、父と子の感涙の物語。
    表示件数を増やす
    表示件数を減らす


    これは、最初から最後まで
    あらゆる場面で泣き感動しました。
    家族愛の温かさ伝わって、最高の1冊です

全26件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

とんび (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

とんび (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

とんび (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とんび (角川文庫)はこんな電子書籍です

とんび (角川文庫)の文庫

とんび (角川文庫)の単行本

ツイートする