女たちは二度遊ぶ (角川文庫) [Kindle]

  • 20人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 吉田修一
  • KADOKAWA / 角川書店 (2010年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (221ページ)

女たちは二度遊ぶ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/10/5 Amazonよりニコニコカドカワフェアで¥516を¥248でDL購入。

  • どの話も女なんてそんなもんて感じ。
    男目線で書かれてるから余計そう感じたのかも。
    男は引きずるって言うからなぁ...
    それにしてもゾッとするぐらい恐いのもあった。

  • ルーズな女、がらっぱちな女、気前のいい女。甘く、時に苦く哀しい、美しい女たち…。「どしゃぶりの女」「自己破産の女」など、11人のショートストーリーを収めた短篇集。

    こんな女いるか?とツッコミつつもついつい惹きこまれて読んでしまう短編集。通勤電車で読むために書かれたのではと思わせるような絶妙の長さで、いい退屈しのぎにはなった。
    (C)

  • このひとの描く人物には、感情移入まではいかないものの(情緒的に寄り添うことを拒んでる気はするし、それがちょうどいい)、違和感を感じることはほとんどないのですけど、この作品にかぎっては何も気持ちが動かないんですよね。
    吉田作品のなかではめずらしく何度読んでもどうにもしっくりこない、私にとってはちょっと不思議な短編集です。
    男性には問答無用で分かる、のかもしれないです。そういう根本的な得体の無さである気はします。

全5件中 1 - 5件を表示

吉田修一の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

女たちは二度遊ぶ (角川文庫)はこんな電子書籍です

女たちは二度遊ぶ (角川文庫)の文庫

女たちは二度遊ぶ (角川文庫)の単行本

ツイートする