バッテリーV (角川文庫) [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 佐藤 真紀子 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (251ページ)

バッテリーV (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【知ったが幸せか、知らぬが幸せか。】
    それぞれの立ち位置。それぞれの視点。

  • 序盤は巧君が「群れていたくない。誰に支えられなくとも、自分の足だけで立っていたかった。」とかほざいたから、またかよっ!った思ったけど、終盤になるにつれ分かり合うことの大切さを少しずつ感じた模様、成長したな!

    しかし、「自分の将来は自分で決める。自分以外に決定権は無いはずだ。決めれば報告する。」とか中学生に言われると、なんかイラっと来るのは、俺もおじさんになってしまった証拠か…俺も昔はそう考えていたはずなのに…

    加えて、洋三じいさんの名言は相変わらず堪らん。「もう少し他人と話をしてみろ。おまえが思うとる以上に、おもろいやつは、ぎょうさんおるぞ。」うーむ、児童文学とは思えん…

  • ※当時私が読んだのは、Kindle版ではありません(^^;

     ストーリーはひと休みという感じで、正直、拍子抜けです。巧の変化を丁寧に追っているのだとは思いますが、前作までが面白かった分、私には物足りなく感じました。

     特に、吉貞と瑞垣の台詞も無駄が多くて読んでいて少し疲れました。

全3件中 1 - 3件を表示

あさのあつこの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

バッテリーV (角川文庫)はこんな電子書籍です

バッテリーV (角川文庫)の単行本

バッテリーV (角川文庫)のコミック

バッテリーV (角川文庫)の文庫

ツイートする