千里眼 ファントム・クォーター 「千里眼」シリーズ (角川文庫) [Kindle]

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • KADOKAWA / 角川書店 (2007年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (275ページ)

千里眼 ファントム・クォーター 「千里眼」シリーズ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 千里眼新シリーズ第2弾。
    相変わらずの美由紀のスーパーウーマンぶりはスゴイが、北欧系ロックバンドのファンでコンサートのチケットを取るためにハガキをたくさん書いて出したり、元の職場の仕事を避けたいがために、ロシア大使館からの依頼を受けてチェチェンに向かおうとしたりと、これまで以上に人間味のある、女性らしい側面が描かれていて、岬美由紀という人物像がより奥深く感じられる。
    ストーリー的にはやや突拍子もなく、いきなりゲームの世界のような場所に迷い込んだり、後ろの空間の光を極細のファイバーのようなもので透過させるものが出てきたりと、やや現実離れしているように感じた。とはいえ、そもそも、幹部自衛官から臨床心理士になった主人公という時点で、かなり突拍子もないのだが。
    ラスト付近では美由紀がかなりとんでもない行動に出るのだが、それは一体どこからどうやって持ち出したのか、一部始終を見ていた海の家の人たちは取り押さえようとしなかったのか、など、ツッコミどころもそこかしこに用意されているとはいえ、そこは松岡圭祐の作品だけに、テンポも良く、いろんな展開があって飽きさせず、しかも面白い。
    他の作品にも共通して言えることだが、この作者はどうしてこんなハイペースで、こんなクオリティの作品を書き続けられるのか、不思議で仕方が無い。

全1件中 1 - 1件を表示

松岡圭祐の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

千里眼 ファントム・クォーター 「千里眼」シリーズ (角川文庫)はこんな電子書籍です

千里眼 ファントム・クォーター 「千里眼」シリーズ (角川文庫)の文庫

ツイートする