美術手帖 2012年 11月号

  • 199人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (20)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 美術手帖編集部 
  • 美術出版社 (2012年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910076111127

美術手帖 2012年 11月号の感想・レビュー・書評

  • 2012年11月1日発行、並、帯無
    2015年9月2日松阪BF

  • <閲覧スタッフより>
    精緻で色彩豊かなビジュアル、解剖学的見地を意識した人体描写など荒木飛呂彦の作品はアートの領域で語られることもしばしば。アートやファッションといった視点から『ジョジョ』を分析した特集です。

    --------------------------------------
    所在記号:700||ヒテ3||芸術
    資料番号:91041873
    --------------------------------------

  • 荒木特集目当てで買って、掲載された一枚絵を単体として見たときのビビッドさに「あれ、今まで思ってたよりこの絵すごいんじゃね?」的な感動を覚えた。ついでにその後の荒木特集意外のページも一通り読んでみた。当たり前すぎるくらい当たり前なのだけれど、"美術"と"言葉"って、次元が違うんだよなあ。知識がなかったのでさっぱり伝わってこなかった。これも当たり前か。また気が向いたらどこかの美術館にぶらっと行ってみようか。

  • 特集は「荒木飛呂彦」。伊藤剛と奥信行の対談と藤原えりみの批評が良かったけど、特集としては全体的に物足りなかったかなぁ・・・。
    毛沢東は個人的にあんまり好きじゃないけど、シェン・チョンタオへのインタビューはすごく良かった!

  • ここ最近のジョジョの再燃ぶりを静かに支えるような一冊

  • 言われてみれば、ギリシア・ローマ以外にも、アフリカテイストがあるのが不思議

  • 2012年11月頃読んだ。

  • 美術雑誌という観点から見るジョジョってのも新鮮だった.

  •  特集は荒木飛呂彦。前号とは対照的な号になっていたのではないかと思う。前号の特集は超絶技巧であり、芸術を知らない人にも分かりやすく、芸術の技巧を紹介していく間口の広さがあったと思う。今号では、ジョジョ、荒木飛呂彦という多くの人に知られている作品、作家を芸術として批評、解析していくという間口は広くとも、深く、語られている内容は難しい部分もある。そういったバランスが面白い。

  • 美術方面の素養がないジョジョファンにとっては、無理して読むほど興味を惹かれる内容ではないと思います。

    美術方面に明るく、なおかつジョジョが好きな方にとっては、面白い考察などが読めて有意義な本だと思います。

    私はちょうどその中間くらいなので、それなりに面白かったです。
    現代アートには明るくないので、ジョジョ以外のページはさっぱりわかりませんでした。

  • 荒木飛呂彦特集。
    ジョジョの奇妙な冒険という漫画の作者である。
    この漫画は中学生の時に流行っていて周囲の友人などは読んでいたのだが、中学生にもなって少年漫画を読むのはいかがなものか、という個人的なポリシーを持っていたから読んだことはなかった。ははぁ、こんな作風だったんですね。

  • 表紙に惚れて。ジョジョは読んだこと無いんだけど、面白かった!他の特集も勿論ね。

  • アラキがギーガーの影響を受けているかも…だと…ッ!?

  • 2012/10/21/Sun.〜10/22/Mon.

  • 『美術手帖』2012年11月号読了。
    今号は荒木飛呂彦さん特集。

    今年は色々な雑誌などで特集されていますが、
    個人的には、この『美術手帖』の特集が一番おもしろかったです。
    漫画の中のコマ割りという荒木漫画の文法の読み解き方、
    物質と非物質の境界を取り除く表現が増えてきたこと、
    部を進めるたびに、観念的なものになっていくスタンド能力、
    キャタクターたちに与えられたファッション性、
    フランスのバンド・デシネと日本の漫画の違い・・・・・・。
    いずれも興味深く読むことができました。

    表紙も素敵。
    荒木飛呂彦さんが描くジョジョのカラー絵は、
    常識にとらわれない色使いが特徴的ですので、
    荒木さんを特集した雑誌ではその色使いをそのまま使うことが多いです。
    しかし、『美術手帖』の表紙の色は、シンプルでシックな金色と黒と白。
    黒地の中に、金色と白色で描かれたジョジョ達。
    「暴力と死」の中の「黄金の精神」を象徴した
    色使いだと思いました。

    荒木飛呂彦さん特集以外では、
    沈崇道さんのインタビュー記事が興味深かったです。
    沈崇道さんは、中国で毛沢東の肖像画を描き続けておられる芸術家です。
    「領袖肖像画」という特殊なジャンルに属するそうです。
    北京の天安門で、有名な毛沢東の肖像画を見たときは
    圧倒されました。
    沈崇道さんのような方が、肖像画を描いていらっしゃるんですね。

  • 「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる荒木飛呂彦氏の特集です。

  • 買ったお!荒木先生さいきん露出ますます激しくなっちゃって……!
    露出狂かお//////////

  • 王様のブランチで「ジョジョの奇妙な冒険」が特集されています!作者の荒木先生登場!ひゃーーーお顔の色艶が超人間ですね!今月発売の美術手帖でもJOJO展が取り上げられています。
    https://twitter.com/booklogjp/status/256919225178923008

全20件中 1 - 20件を表示

美術手帖 2012年 11月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美術手帖 2012年 11月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美術手帖 2012年 11月号を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする