ちはやふる(3) (BE・LOVEコミックス) [Kindle]

  • 139人登録
  • 4.26評価
    • (16)
    • (12)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2008年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (191ページ)

ちはやふる(3) (BE・LOVEコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 青春!

  • 千早の誕生日は6月1日

    さて、無事創部できた千早。
    太一を含む部員たちのキャラが立っていて面白い。

    さらに、試合での相手高校のキャラも立っていて目が離せない。
    北央高校のヒョロくんは小学校の時からの因縁の相手、
    ドSの須藤先輩も、もう忘れられない

    ---*---*---*---*---

    6月 全国高等学校かるた選手権東京都予選 ← now

  • 星2.5.人気があるので読んでみたが、なんでこれがこんなにもてはやされるの? 気持ちばかりが先行し、絵はいまいちだし、話のつくりもありきたり。話が盛りあがるところの持って行きかたが下手。やっぱり出版社がこの人を売り出そうと、擁護しようと?、必死になっているんだろうな。「この音とまれ」のほうが良く、作り込んでいると思う。

  • 電子書籍の無料版で。百人一首の内容やカルタ競技の面白さ、難しさが分かりやすく描かれていて良かった。

  • 新しい仲間作りと、初めての団体戦(の途中まで)。
    スポーツものとか戦闘ものとかでありがちな、色んな敵キャラが出てきた。
    本筋の新くんが出てこなかったので、全体的に印象薄い巻。
    それぞれ皆良いキャラなんだけど、なんとなく皆インパクトに欠けるんだよなぁ。

  • そうか、太一も新も千早は“二人のもの”だと思っているのか。新はよく分からないけど、太一の気持ちが千早にあるのは分かるので、どうなっていくのか楽しみ。千早はかなり鈍感そうだけど。かるたの方は5人揃って部活に昇格!机くんの焦る気持ちが解って胸が痛い。悔しい気持ちがきっと力になる。がんばれ!

  • 全国大会への予選の話になりました。はやっ!
    そして学年2番の秀才、机くんが仲間になりました。
    机くんに太一が言った言葉
    「仲間にするならかるたの天才より畳の上で努力し続けられるやつがいい」は素敵やなと思いました。

    かるたの札の配置って自分で決められるんですね~。
    このマンガ読んでいたら競技かるたのルールもいろいろ知ることができておもしろい♪

全7件中 1 - 7件を表示

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ちはやふる(3) (BE・LOVEコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちはやふる(3) (BE・LOVEコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちはやふる(3) (BE・LOVEコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちはやふる(3) (BE・LOVEコミックス)のコミック

ツイートする