ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 75人登録
  • 4.05評価
    • (7)
    • (8)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 幸村誠
  • 講談社 (2006年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (232ページ)

ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2巻はトルフィンの幼少期の回想がメイン。トルフィンの父親トールズが殺された経緯が明かされる。

    トールズを殺した海賊の首領アシュラッドは1巻に引き続きあまり好きにはなれないな。飄々として何を考えているか読めず不気味な雰囲気を漂わせてる。しかし、言葉の端々に人を殺さずの信念を貫いたトールズへの敬意も感じられて、根は案外悪いやつではないかもしれないという想いもある。うーん、やっぱり読めないキャラだ。

    また、トルフィンはなぜ父親を殺した海賊の一味に入ることになったのかも気になるところ。

    復讐にとられたトルフィンに「本当の戦士には剣など要らぬ」という父親の言葉を理解できる日がくるのだろうか。

  • (おそらく)セールか何かで購入。
    面白い。いきなり過去の話だけど引き込まれますね。丁寧なストーリー展開が素晴らしい。まだしばらく過去なのかな?謎が多いところ。
    次巻が楽しみです。

  • 「ヨームの戦鬼(トロル)」と呼ばれたトルファンの父親トールズが,自らが信じる「本当の戦士」として最期を遂げる物語。1巻でトルフィンに決闘を申し込まれたアシェラッドは,トルフィンの父親のことなど覚えていないと言っていたが,あれはトルフィンを怒らせるための戦略で,トールズのことを忘れられないくらいに認めていたのだろうということが推測できる。アシェラッドへの復讐心に燃えて船に乗り込んだトルフィンが,今後アシェラッドの元でどう育っていくのか益々楽しみになった。

全4件中 1 - 4件を表示

幸村誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンコミックス)のコミック

ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする