刻刻(2) (モーニングコミックス) [Kindle]

  • 44人登録
  • 3.93評価
    • (3)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 堀尾省太
  • 講談社 (2009年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (208ページ)

刻刻(2) (モーニングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数年ぶりの再読ではあるが、やはり面白い。
    真やツバサが動き出したということは、止まっている時間を解除するには5人が集まらなくてはならない。
    逃げるのが絶望的に難しくなってきた。
    じいちゃんは瞬間移動。
    樹里はクラゲを追い出す力。
    祐河家の人間にはなんらかの力が備わっているっぽいな。
    それにしてもみんな気持ち悪いな。
    登場人物全員。
    この人の作品はその辺が魅力だな。

  • まだ世界設定を説明しているフェーズなんだろうけど、設定のリアリティの組み立て方が抜群にうまい。結構複雑なことをやってるんだろうけど、そう感じさせないくらいにわかりやすい。うまいなぁ。

  • タマワニ。カヌリニ。オカルトっぽい世界で。止界で動き回るにはそれなりの法則があって。確かに「石を持つ資格」は樹里やじいちゃんを含む佑河家にはないのかもしれないが、だからと言って佐河のやり方が正しいとは思えない。カルト。と思ってしまうしな。

全4件中 1 - 4件を表示

堀尾省太の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

刻刻(2) (モーニングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

刻刻(2) (モーニングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

刻刻(2) (モーニングコミックス)はこんな電子書籍です

刻刻(2) (モーニングコミックス)のコミック

ツイートする