楊令伝 二 辺烽の章 (集英社文庫) [Kindle]

  • 14人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 北方謙三
  • 集英社 (2011年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (400ページ)

楊令伝 二 辺烽の章 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「俺はね、汚れたのですよ、燕青殿。梁山泊軍にいた時とは較べきれないほど、汚れきってしまった。そんな俺を待つことを、空しいとは思われませんか?」
    「汚れたかどうか、余人が決めることではない。おまえ自身が決めることだろう」
    「俺は、汚れましたね」
    「いいな。子午山から降りてきたおまえは、若いくせに非の打ちどころがなかった。それは、いくらか異常でもあった。人なのだからな。汚れを持っていて、当たり前と言っていい」
    「俺の汚れ方は、郝瑾や蔡福殿が呆れるほどのものでしたよ」
    「呆れるなどというものではない。恐怖そのものだった」
    蔡福が、小声で言った。

    「では、戦は無駄か、楊令?」
    「なんの。宋は、俺が倒しますよ。宋あっての童貫。敵は、童貫ではなく、宋でしょう」
    「それを、おまえがひとりで倒すと?」
    「そのつもりです。できるかどうかは、わかりません」

    ほんとうに勝つというのは、残酷なことなのだ。それは、史進にもわかる。いや、梁山泊の同志は、童貫に負けることで、それを知ったと言ってもいい。

    ただ、頭領だけは違う。誰もが仰ぎ見る志を、持っている必要があるのだ。そして人を魅きつける。

    負けた時の準備をしておけ、と言ったのは宋江だった。負けても、みんなが死ぬわけではない。宋江は、そう考えていた。

    清らかであればあるほど、美しければ美しいほど、穢れの惨めさも大きいのだ。

    「強いし、人を見つめる眼も持っている。それだけならほかにもいるだろうが、どうすればいいか瞬時に判断して、思い切りよく実行できる」

    人との出会いと別れは、心が残る程度がいい。そう思い切った。

    「だから、戦の前に、死ぬことを納得させるんだ。覚悟を決めさせるんじゃない。納得させる。無論、自分が死ぬことも納得する」
    「わかるような気もするが」
    「なあ、杜興。覚悟ってのは、どこかでぽきりと折れちまったりする。納得ってのは、どんなに曲げられても、折れやしねえんだよ。折れたら、折れたところで納得する。うまく言えねえが、そんな感じさ」

    冷めたくて、冷めているのではない。心の底にある、冷たく重い塊が消えないかぎり、熱くなれはしないのだ。冷たく燃える炎がある。自分という人間の心には、生涯、その炎しか燃えることがないのだろう。

    闘うために、生まれてきた。それは変わらない。しかし、人として生きるために、いまは闘わなければならない、と思うようになった。闘うことだけが、目的ではない。

    「そうなのか?」
    史進が訊いた。噂を耳にした時は、なんの判断もしなかった。いつか、本人に訊けると思ったからだ。
    「自分のやってきたことについて、説明する気が、俺にはありません」
    楊令が言った。
    さまざまなことを、言われる。恐怖や怒りや憎悪が作り出した、あり得ない話も、噂として流れただろう。そういう覚悟を、はじめから楊令はもっていたと、考えるしかなかった。
    なにが真実か、それぞれに自分で判断してくれ、ということだろう、と史進は思った。呼延灼も、それ以上訊こうとしない。

全1件中 1 - 1件を表示

北方謙三の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

楊令伝 二 辺烽の章 (集英社文庫)の単行本

楊令伝 二 辺烽の章 (集英社文庫)の文庫

ツイートする