楊令伝 三 盤紆の章 (集英社文庫) [Kindle]

  • 15人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 北方謙三
  • 集英社 (2011年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (400ページ)

楊令伝 三 盤紆の章 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あんなに心優しくて感受性の豊かだった楊令が、冷徹な戦を指揮するようになった。
    それは結局、梁山泊は冷徹になりきれないから宋軍に負けたのだ、ということと、長引く戦が庶民を疲弊させるから、ということなのだとは思う。
    それにしても楊令、変わってしまった。

    もう一人。
    青蓮寺から方臘の下に送られた許定。
    チャンスが来るまで一人敵の中で息を潜め、失敗すればそのまま切り捨てられる。
    それをわかっていたはずなのに、方臘に重用されるにつれ変わっていく。
    宋軍に対して、軍人として、存分に戦う。苛烈なまでに。
    それが許定を変えたのか。
    それとも、方臘に取り込まれてしまったのか。

    方臘の下で呉用も変わる。
    「方針は私が決める。方法はお前が考えろ」
    絶対の信頼。
    梁山泊ではとことん嫌われている呉用が、ここでは100%受け入れられる。
    今ここにいる自分は、梁山泊の呉用なのか、方臘の軍師である趙仁なのか。
    揺れる呉用。

    人は変わっていく。
    そう思って読んでいた。
    楊令が、鄭天寿〈ていてんじゅ〉の遺した薬草をまだ持っていることを王母に告げた時、楊令の本質は変わっていないことを知った。

    だとしたら楊令はつらいね。
    人の感情をなくしてしまったかのようにふるまう、頭領としての楊令。
    ひたすらに楊令を仰ぐ梁山泊の面々。

    「無理するな。お前は頭領だが、人間としてはまだ青二才だ」と言ってくれる人がそばにいない。
    しかし、そんな人がそばにいたら、きっと楊令はもっと辛い。
    幸せになれない子、楊令。

    “「きちんと生きるとは、どういうことでしょうか?」
    「自分に、恥じないことだ。人を裏切らない。卑怯なことをしない。うまくお前に説明できるほど、俺は多くの言葉を持っていないが」”

全1件中 1 - 1件を表示

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

楊令伝 三 盤紆の章 (集英社文庫)の単行本

楊令伝 三 盤紆の章 (集英社文庫)の文庫

ツイートする