11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち [Blu-ray]

  • 15人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 若松孝二 
出演 : 井浦新 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2013年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427810631

11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 若松監督が亡くなった年に公開された映画で、映画館には観に行けなかったので、いつか観たいと思っていました。若松監督の実録あさま山荘への道程とキャタピラーが好きで、井浦新が演じる三島にも興味があったし。NHKでやっていた三島のドキュメンタリーを見て、強烈な影響力と、狂気に興味をもち、期待していたのですが、井浦新の演じる三島は少し洗練されすぎている感じもありました。自衛隊員の前で演説するシーンなんかも、実際の映像に忠実に再現されていたけど、やっぱり本人の鬼気迫る感じには、迫れなかったかな。何が三島をああいう心境にさせたのか、それは結局は誰にも分からないのかなぁ。どちらにしろ、印象に残る映画でした。意外と満島真之介が良かったのが驚き。

  • 熱い思いから行動を起こし始め、周りにも説いていくが、次第にその気持ちは諦念へと変わってしまったのに、歩みをとめる事ができない。傍から見れば滑稽と映っているだろうことも承知で。
    観ていてせつなくなりました。
    真面目過ぎて自分の言動の責任を誤魔化したり、うやむやにするといったことができなかった人だった、という印象を受けました。実際、本人はどういった人物だったのだろう、と考えてしまいますね。

    それにしても演説のシーンのやるせなさ、失意。でもそれも予想はしていた、というような表情・・・・うーん、井浦新、上手いなー。

  • 「未来のことを考えながら生きるのは堕落である」というパッケージに書かれた言葉が印象的でした。いろいろ考えさせられる1本でした。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする