まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒 [Kindle]

  • 92人登録
  • 4.03評価
    • (12)
    • (17)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 文藝春秋 (2012年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (299ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒の感想・レビュー・書評

  • まほろ駅前多田便利軒の続編。
    前作は主人公の多田の視点から描いていたが、本作はそれぞれの登場人物の視点から描かれている。
    それが成功かどうか…、意見が分かれるところなのだろうなぁ。
    それぞれ軽妙で面白いのだが、前作ほど残るものがない感じ。
    視点を変えたぶんだけ、いろいろ詰め込んで、お菓子の詰め合わせみたい。
    やたら、ドラマ化した宣伝の俳優さんの写真(折込ちらし)が目について、それがますます軽い印象を与えるのかもしれない。

  • まほろの住人になりたい。違和感ゼロで溶け込む自信ある。しかし曽根田のばあちゃん…やるなあ…( ̄▽ ̄)

  • 先に映画をみてしまっていたのだが。バスジャックのくだりはちょっと現実離れしすぎていたように思うが、それは映画用なのか?それより、柏木との関係の描き方がすごいよかった!
    2016年6月6日読了。

  • 考えないようにしてることを忘れ
    忘れてないことを忘れようとしている

  • 『まほろ駅前多田便利軒』のサイドストーリー的1冊。
    『多田便利軒』は男2人の友情というか、何と言えば良いのかよくわからない絆がかっこいいストーリーで、それはこの本でも続くけど、由良公やら岡夫人の心情も面白かったなぁ。
    あと、女の人の見栄やら嫉妬やらについてはやっぱりよくわかっているよなぁ。
    曽根田のばあちゃんのろまんす(敢えての平仮名)素敵だったし、岡夫人みたいな人生良いな、と思う。

  • 2人の顔が思い浮かぶ。
    日常じゃないようで日常な。
    そんな日々。

    冷静になって、見てみれば自分の周りも案外こんなかんじで回ってるのかもしれない。

  • 相変わらずいい味出してる二人に出会えてうれしかった。多田も行天も一癖も二癖もあるけど、便利屋稼業はしっかりやっていて今回も前回同様の顔ぶれが活躍して良かった^^
    大満足♪

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒を本棚に「読みたい」で登録しているひと

まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒を本棚に「積読」で登録しているひと

まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒はこんな電子書籍です

まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒の文庫

まほろ駅前番外地 まほろ駅前多田便利軒の単行本

ツイートする