坂道のアポロン(2) (フラワーコミックスα) [Kindle]

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小玉ユキ
  • 小学館 (2008年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (192ページ)

坂道のアポロン(2) (フラワーコミックスα)の感想・レビュー・書評

  • 薫は律ちゃんが好き。
    けれども、律ちゃんは千太郎が好き。
    千太郎は幼馴染みの律ちゃんの気持ちに鈍感で、上級生の美人でミステリアスな百合香さんに夢中だ。

    ハートに深い傷を負った律ちゃんへ、慰めと告白の意味で薫は、ビル・エバンスの『いつか王子様が』をピアノ演奏する。

    クラシックは得意でも、始めたばかりのジャズはまだまだ未完成で、ご披露するには早い。

    ナィーブな性格なのに、今が告白するチャンスだと行動出来るあたり、ホンモノの恋なのか。

    「君の笑顔を見ていると、何だって出来る」って、言っていたもんね。

    ところで、アポロンはギリシャ神話にでてくる音楽を司る神様だけど、これって千太郎のことなのかな?

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

坂道のアポロン(2) (フラワーコミックスα)はこんな電子書籍です

坂道のアポロン(2) (フラワーコミックスα)のコミック

ツイートする