カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫) [Kindle]

  • 75人登録
  • 3.88評価
    • (7)
    • (16)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 道尾秀介
  • 講談社 (2011年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (520ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大どんでん返し小説。まんまと騙されました。
    「向日葵の咲かない夏」で非常に上手な作家さんとは感じていたのですが、あまりに内容が気持ち悪く受け付けない部分があったので敬遠していたのですが、この作品は非常に爽やかな読後感です。
    2008年に映画化されていたのですね。しかも、まひろが能年ちゃん。観てみよう!映像化に向いてる作品だとおもいます。

  • よかった!読後感も最高だ!

    不幸を背負った人たちを『日常の幸せの大きさを実感できて羨ましい』とさえ思った。

    残酷な過去を持ってるゆえに お互いに実に暖かい

    やってる事は詐欺なのに もがく彼らが一途で応援したくなる。

    幸せな気分に浸った。

  • 壮大なペテンに引っ掛けられます。すべての伏せんの回収もお見事でラストは文句なしです。映画化もされてるそうで、近々NHKで放送されるので楽しみです。

  • フィクションとして面白い。フィクションだから、リアリティをどうこう言うこと自体ナンセンスかもしれないけど、でも、フィクションこそ本当にありそうな設定であってほしい。そういう意味で、この作品は、あり得ない設定ばかりなので、作品として厚みがない。面白いことは認めるけど。

  • ラストはびびった。でも綺麗な終わり方だと思った。

  • 道尾作品で好きになった初めての作品です。
    序盤、暗い感じのストーリー展開なのですが
    中盤には、面白い感じもあり楽しく読めました。

  • Kindle本。630円で購入。
    読後感のよさ。読みやすさ。

  • 表現が多彩で物語にどんどん引き込まれていきしました。途中から話が読めてきたかなと思っていたら、終盤でひっくり返されました。

  • どんでん返しが何度もおき、読者は騙されます。ちょっと展開に無理があるところもあり、ラストは今一つ盛り上がりません。

  • 映画を観てから、Kindleストアで電子書籍版を購入し、iPhoneで一気読みしました。

    映画を観てから本を読んでも、本を読んでから映画を観てもそれぞれの特徴が現れていて面白いと思います。

    道尾秀介氏の作品は、「向日葵の咲かない夏」を読んで、なんとも言えない読後感だったので、正直敬遠していました。しかし、今回は道尾氏の原作と知らずに映画を観て設定が面白く、ラストも楽しめましたので、久しぶりに道尾氏の本を読んでみた次第です。
    この本の読後感は、どちらかと言えば爽やかかもしれません。

    今回の様に映画の原作を楽しみたいというよりは、「原作を確認したい」という様な目的の場合には、即座に入手出来る分だけ電子書籍が向いていると思いました。また、映画でストーリーの概略を知っていたので、iPhoneの小さい画面で読んでいても苦になりませんでした。

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)はこんな電子書籍です

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)の文庫

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)の単行本

ツイートする