帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) [Kindle]

  • 33人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 村上信夫
  • 日本経済新聞出版社 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (241ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルク レビンソ...
ウォルター・アイ...
和田 竜
ウォルター・アイ...
スティーブン・レ...
デール カーネギ...
東野 圭吾
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)の感想・レビュー・書評

  • フランス料理の伝道師として帝国ホテルで26年間料理長を務めた伝説的シェフの自伝。料理に夢中になる人ってこんなことを考えてるんだなと新しい世界が開けた感じがした。いつの時代も、どこにいても、人の縁が自分を引き上げてくれるのだなってことも。

  • 一流になっている人は、やはり信念を持って努力をしていますね。

  • 丸の内警察の柔道場で木村政彦や牛島辰熊に混じって練習していたというのに驚き。

  • 帝国ホテルの料理長として、またNHK「きょうの料理」の講師として、日本にフランス料理を広めた第一人者、村上信夫の自伝。戦前の帝国ホテルの雰囲気、戦下の日本、中国での戦闘、シベリア抑留、GHQ 支配下の帝国ホテルの描写などは、まさにそこに居たものにしか書き得ない記述が真に迫る。そして、帝国ホテルの料理長としてシェフの高みを極める一方で、経営者としても、またフランス料理の伝道師としても成功をおさめる立志伝は圧巻の一言。料理を何よりも愛しつつ、与えられた役割は全てチャンスと思ってチャレンジする著者の旺盛な好奇心と情熱は、確かに日本の高度経済成長を支えた何ものかの一部であった。

    齢80を越えてもなお「自分の店を持ちたい。30人くらいで満席になるような小さな店で、肉と魚を濃厚なソースで、ワインは安いものも揃えて手軽に楽しんでいただけるような…」と夢を語る著者は、本当に楽しそうだ。残念ながら自分の店を開くという夢は果たせずに目をつむることになったが、まさに「人生はフルコース」であった。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)はこんな電子書籍です

帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)の文庫

帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)の単行本

ツイートする