新世紀エヴァンゲリオン(13) (角川コミックス・エース) [Kindle]

  • 174人登録
  • 3.82評価
    • (10)
    • (22)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 貞本義行
制作 : カラー 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2012年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (180ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

新世紀エヴァンゲリオン(13) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

  • 電子書籍にて再読。

  • まとめ買いで。
    一言で、よくわからない。そんな感想です。
    次巻ですっきりできることを期待する。

  • 最終巻が出たので、一気に再読

  • ここまで一気読みして最終巻を待つ。
    これで何かしらと同じ結末だったらショックだわ。

  • 旧劇の展開をベースにしながらも、あのまま鬱方向に突き抜けることなく、少年漫画という枠からはみ出ないようにしているように感じる。
    本来だったら新劇がこういう話になるはずだったんだろうなあ…。というか自分が新劇に期待してたのはこういう路線だったんだけど。
    連載は終わってるはずなのに一向に単行本が出る気配がない。まさかとは思うけどシンに合わせてとか勘弁してね

  • ゼーレが仕掛けるサード・インパクトの正体が明らかになる。
    人類補完計画とは、一体何だったのか。初号機がエヴァ量産機に磔(はりつけ)にされ、聖痕が刻まれ、リリスと一体化したレイがシンジと交わり、サード・インパクトが始まる。

  • 媒体にこだわりがないので、本巻はKindle版を購入。(キャンペーンで280円だったしね)

    11巻は2007年6月、12巻は2010年4月、そして本巻が2012年11月と非常に長い刊行ペースとなっている。

    たしかに作画は巻を追うごとに上がっており、非常に満足がいく。

    話の内容はゼーレがネルフに攻撃をかけてから(11巻末から)のつづきからバーンときてドーンって感じの内容。

    おそらくこの漫画版が一番マトモに終わってくれそうな展開になっている。

    ストーリー的にはあまり心にこず、メディアの戦略に踊らされて惰性でみてるようなものなので全体としては★は3つという感じです。

  • 第3世代iPadだと横向きにして見開きで読むとちょうどよい(縦向きだと解像度が足りない)

    まんがとしては面白くないので★2

全8件中 1 - 8件を表示

貞本義行の作品一覧

貞本義行の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

新世紀エヴァンゲリオン(13) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新世紀エヴァンゲリオン(13) (角川コミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

新世紀エヴァンゲリオン(13) (角川コミックス・エース)のコミック

ツイートする