ダ・ヴィンチ 2012年 12月号 [雑誌]

  • 110人登録
  • 3.66評価
    • (6)
    • (13)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
  • メディアファクトリー (2012年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910059471224

ダ・ヴィンチ 2012年 12月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 一度買うと、いつまでも読み続けてしまう雑誌『ダ・ヴィンチ』。

    ●特集
     あの夏の続きー『タッチ』から『MIX』へ
     あだち充

    相変わらず、ページをめくるたびに、読みたい本リストが増えていく…。

    以下、気になった本(含既読)。
    ・桜庭一樹『無花果とムーン』
    ・荒川弘『銀の匙 Silver Spoon』
    ・川村元気『世界から猫が消えたなら』
    ・森繁拓真『となりの関くん』
    ・荒川弘『百姓貴族』
    ・池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』
    ・小野不由美『鬼談百景』
    ・横山秀夫『64』
    ・戌井昭人『松竹梅』


    特集は、あだち充。『タッチ』読んだなぁ、小学校の頃。他にも『陽あたり良好!』『ラフ』『虹色とうがらし』etc…けっこう読んでました、懐かしい。
    この機会に、何作か再読してみようかな。

    あと、実は毎回楽しみにしてるのが「百人書評」。今号のいけにえ本は、荒川弘『銀の匙 Silver Spoon』でした。

  • あだち充特集が良い。

  • 読みたい本みぃ~つけた。今回は「モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本」

  • あだち充さん特集、大満足でした。
    タッチがTV放送していた頃は小学生だったので、観ていませんでした。高校生の夏、高校野球の時期になると必ず再放送があったので、そこで初めて観ました。もう完璧にはまりました。それ以来何度も観てきましたが、全く飽きる事のない作品です。

  • ダ・ヴィンチまで図書館で借りている…。
    だから必ずタイムラグがあるわけだが、今のとこたいした問題はない。
    連載の漫画だけは前後してちょっと困ったことになるけれど、それすらたいした問題ではない。
    今回はトロイカ学習帳「他力読書」のすすめが面白かったな。

  • あだち充特集だし買うしかないな~と思って
    最近のは全然読んでないからな・・・H2まで、だね
    永島慎二が好きなんだね、でもなんかそういうかんじだわ・・・劇画も描いてるとことか一緒じゃんね
    アメトーークであだち充芸人やってくれたらいいのにな!企画持ち込みたい・・・
    「歴代ヒロインナンバーワン決定戦」「名シーン再現」「各自のベスト3発表」とか、色々考えてるんだけどな~
    メンバーは・・・とりあえずザ・たっちでしょ・・・祥太慶太でしょ・・・あ、あとなぜか三三がコメントしてたから是非出演願う!!
    もちろんゲストは長澤まさみどんで!!
    ただタッチはフジテレビでやってたんだよね~みゆきはどうだったんだろ?とにかくテレ朝全然関与してなさそうね

    全然雑誌の書評になってないっていうwww

    (くまざわ書店で購入)

  • あだち充特集◎

  • 『ダ・ヴィンチ』2012年12月号読了。
    あだち充さんの漫画の絵が表紙を飾ってました。
    写真以外の素材が『ダ・ヴィンチ』表紙に
    使われるのは珍しいなあ。
    表紙の「ダ・ヴィンチ」の文字のサイズより、
    「あだち充」の文字の方が大きい。

    198ページの、今日マチ子さんの
    『百人一首ノート』がものすごく良かったです。
    何度も何度も読み返しました。

    今号で気になった本。
    読んでみたい。

    『神話の力』ジョーザフ・キャンベル、ビル・モイヤーズ、ハヤカワ・ノンフィクション文庫

    『暮しの手帖日記』松浦弥太郎、暮しの手帖社

  • 久しぶりにダ・ヴィンチを買った。あだち充×古田敦也のスペシャル対談が良かった!

  • 日高のり子さんは永遠の南ちゃんだなあ。

    星野源の連載、面白い。

    あ、キリンジの新譜聴かなきゃ。

  • 掲載小説
    ・三浦しをん「一服の相対性 光みちる家」

    連載
    ・幽怪談通信 女子向け怪談ブックガイド

  • あだち充特集号。

    『タッチ』の26年後が舞台となった『MIX』第1巻が発売されたタイミングということでの特集。

    特別書き下ろしのイラスト、著名人のお祝いメッセージ、そして幼少時代から漫画家となって今に至るまでのロングインタビュー、作品紹介等が掲載。

    特にやはりインタビューが一番の読み所。『タッチ』をはじめ、野球漫画への思いやそれ以外の作品の存在価値。キャラクターの特徴やあだち作品で繰り返しよく見られる場面について等。全ての作品を読んでるファンからするとより一層の読み応えありの特集となっている。

  • あだちキャラでベストナインはやりたくなるよね

  • あだち充甘酸っぱい。最高!!

  • メディア露出の多くないあだち充さんの貴重な特集号。「タッチ」から「MIX」へ。明青学園を舞台にあの夏の続きを、血のつながらない兄弟と妹の野球物語が開幕。あだち充作品ベストナインなんかもあって楽しいです。

  • あだち充氏特集。
    一度もまともに読んだことないけど、読んだらハマるんだろうか?

  • あだち充の世界は、私は受け入れられない。

  • あだち充「タッチ」の26年後を描いた「MIX」、連載のことを知らなかったので読んでみたい。

全20件中 1 - 20件を表示

ダ・ヴィンチ 2012年 12月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2012年 12月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2012年 12月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする