アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 111人登録
  • 3.74評価
    • (6)
    • (14)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 花沢健吾
  • 小学館 (2009年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (248ページ)

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 第1巻がkindleで99円だったので、ようやくそのときが来たと思い即、購入。

    正直ラスト2ページくらいでびっくりして、思わず第2巻を読まずにはいられなくなり続けて購入。その後結局第3巻まで購入し、読んだところでこの日は終了。

    2巻の感想は別にすることにして、

    普段ほとんどコミックは読まないし、
    これももともとピース・又吉くんのオススメで、かなり絶賛していたので
    興味はありつつも、どうしても手が出なかった作品だったが、
    本当に読ませたい作品は、たぶんこういうものなんだろうな、と素人なりに思わせる、その衝撃と感動。

    とにかく、ラスト2ページくらいまでは、淡々と進むし、
    なぜ突然そうなるのか、と思うような展開なのだが、
    よくよく読み返すと、既に普段の日常の中に、ひたひたとその変化が描かれていたり、
    とにかくエグイが、そのエグさが潔いと言うか、
    うまく表現できないが、珍しく1巻読んで2巻に続いた作品。

  • パンデミックで人がゾンビ化する話。


    いきなりゾンビに襲われ始めて、よく分からないが生き残ったというストーリー。やべぇ、感情移入できない。


    ゾンビになる系の話って、エンディングは「生き残っていきていこう」「生き残ってどうしよう」「追い詰められてどうしようもなくなって死ぬ」の3つくらいか。俺は「追い詰められてどうしようもなくなって死ぬ」が好きだが、このマンガは「生き残ってどうしよう」かな。

    ゾンビになるという事態に意味があって問題を解決できる場合と、そうでもない場合があるが、共通してマンガ家が描こうとするものは極限状況に陥ったときの人間の行動だ。そういう意味で、マンガ家の人生観がでる。花沢健吾は自己完結型の人間を描いてる。

    自己完結型は最近異常に多いが、他人に興味がない俺の共通の感想は「だから?」だ。このマンガは、「だから?」を経て「この作者って何を考えてこれを描いたんだ?」まで興味がわくことはないかな。


    花沢健吾のマンガは有名どころは読んでるが、「ふーん」以上の感想を持たなかった記憶と、話の内容をまったく覚えていないので「超つまらなかった」んだろうという認識しかない。そして、そういうマンガは俺の中ではゴミになる。リアルを描く場合は、リアルすぎるとマンガの意味がなくなるから、何を描きたかったかを前面に出さないと読者置いてけぼりになるのが大変だね。


    全然関係ないが、最近気付いたんだが、マンガ家って、視野が狭くて、目先のことしか考えていない人が非常に多いんだなということだ。まぁ、今日を生きるためにマンガを描いてるんだから、当然といえば当然だよな。魔夜峰央とか森川ジョージとか前川たけしとか、生活のためにマンガ描いてるって感じがよく分かる。

  • 結構がんばって読んでるんだけど、いまいち乗り切れない。展開があまり気にならないのはなぜなんだろう…。

  • hontoで無料版を呼んだ。

  • 世界に異変が起こって、自分だけが敵と戦える武器とスキルを持っていたならば、、、守るべき人がいたならば、

  • 本巻最後になってようやく動きが!
    それまでは前置きな感じ。前置きが長いほど、後の衝撃が大きくなりそうで次巻を期待してしまいます。

  • 日常に現われるお化けが、こんなに怖いとは。

  • Kindle期間限定無料版にて。
    3巻まで無料。
    感想はまとめて3巻で。

  • ルサンチマンが良かったので、新作も読んでみた。
    予想外にバイオハザード系。
    気持ち悪いので読みたくないんだけれど、一気に読み進めてしまう程のクオリティ。

  • 面白い。東京でゾンビが発生する話。主人公は冴えない漫画家。9巻まで読んだが、続編が楽しみ。

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする