陰獣 (角川文庫) [Kindle]

  • 28人登録
  • 4.25評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 江戸川乱歩
  • KADOKAWA / 角川書店 (2003年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (451ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
ジェイムズ・P・...
ロバート A ハ...
有効な右矢印 無効な右矢印

陰獣 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 何度読んでもいろんな意味でゾクゾクします。

  • なんで今ごろ江戸川乱歩という感じだが、横溝正史からの昭和初期推理作家つながりで読んでみた。乱歩と言えば、小学生時代に(子供向けに編集されたバージョンだったのだろうか)怪人二十面相の類を読み漁った記憶があるが、エロ・グロ・ナンセンスの時代背景を反映した大人向け小説はおそらく初めて読んだ。

    表題作の「陰獣」は、トリックこそ単純(他にない、という感じで半分も読み進めないうちに判ってしまう)だが、乱歩自身をモデルにした大江春泥の描写と、「屋根裏の遊戯」「B坂の殺人」「パノラマ国」などの自己パロディが楽しい。静子のマゾヒストっぷりは、今読んでもドキッとするほどなので、当時としてはかなりショッキングな描写だったのだろう。

    併録されている「孤島の鬼」も佳作。世間的には「陰獣」の方が評価が高いようだが、個人的にはこちらの方が気に入った。「密室殺人」「公開殺人」という両極端なトリックをあざやか(でもないか…)に実現する前半もそこそこ読めるが、やはり秀眉は岩屋島に乗り込んでからの冒険譚。手に汗握るとはこのことで、終盤は一気読み。プロットが破綻気味で筋が一貫しないのは、連載小説にはありがちな欠点として眼をつむる。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

陰獣 (角川文庫)はこんな電子書籍です

陰獣 (角川文庫)の文庫

陰獣 (角川文庫)の単行本(ソフトカバー)

陰獣 (角川文庫)の文庫

ツイートする