O嬢の物語 (角川文庫) [Kindle]

  • 28人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • KADOKAWA / 角川書店 (2002年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (164ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
サン=テグジュペ...
ウィリアム・ゴー...
カイザー・ ファ...
マルキ・ド・サド
ドストエフスキー
マルキ・ド・サド
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

O嬢の物語 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • ひとりの女性が愛する男の手によって奴隷に貶められ、最終的には人間性を失って道具となっていく物語。ただ、意外にも露骨な性描写は少なく、どちらかというと自由を奪われていくO嬢の視点から、むしろ自由を奪われていくことにより充足感を得ていく心理的描写が文章の大部分を占める。語り部であるO嬢が特殊な性癖の持ち主だと考えれば単純ではあるが、むしろ「なにをしてもいい」という自由が人間を生きづらくさせる要因なのかもしれないということを考えさせなくもないが、たぶんそれは深読みのし過ぎ。

  • 官能小説とは一線を画する文学作品。一人の女性が調教され身も心も奴隷化していく話。服のパーツの描写などが非常に詳細、性描写も独特で一読の価値あり。後半出てくるレズ相手キャラが不要と感じた。

  • (1977.01.22読了)(1973.10.07購入)
    内容紹介
    フランスの前衛的な文学賞「ドゥー・マゴ賞」を受賞した本作品は、古くてしかも新しい、人間性の奥底に潜む非合理な衝動をえぐり出した、真に恐るべき恋愛小説の傑作である。女主人公Oは恋人ルネに導かれ、自由を放棄し、男たちに強いられた屈従と涙と拷問のさなかで訓練を積み、奴隷の境遇を受けいれ、ついには晴れやかな精神状態に達するという、それはある女の情熱的な愛の告白であり、フランス伝統文学を受けつぎながら、新しい文学を目指した真の名作と言って過言ではあるまい。

全4件中 1 - 4件を表示

O嬢の物語 (角川文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

O嬢の物語 (角川文庫)はこんな電子書籍です

ツイートする