扉の影の女 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫) [Kindle]

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 横溝正史
  • KADOKAWA / 角川書店 (2002年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (360ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

扉の影の女 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 未読金田一モノ。

    表題作と『鏡が浦の殺人』の二作を収録。どちらも楽しめる作品。

    後期の金田一モノは作者の筆が滑ったのか軽すぎる描写が多かったり、男女のドロドロが多かったりと純粋なミステリを期待してしまうワタシには不満に思う部分も多いのだけど、この二作はそれなりにミステリとしての体裁を整えている印象。

    ・・・とはいえ、表題作はなんだかなぁ、という気がしないでもないけど。だって最後の最後になって、今まで全然描写されてなかった人物が出てきて犯人ですって・・・そりゃないよ。(いや、伏線は張ってあるんだけどね・・・。)

    『鏡が浦の殺人』も短編ながら楽しませてくれた。なにも美人コンテストを設定する必要はないなぁ、と思いつつ、全体的にすっきりしっくり来る作品だったのでかなり満足。

    こういう作品をもっと書いてほしかったなぁ。

  • 表題作は昭和30年の冬の事件で、寂しくクリスマスを過ごす金田一の生活を描く。ちなみに朝はご飯よりもトースト派というのはちょっと意外。事件は真犯人が物語に登場しない人物で、最後は等々力警部に丸投げという珍しい作品。

  • 『扉の影の女』
    恋敵が殺害されているのを目撃した女。女の恋人にかけらた容疑。移動した死体。財界の実力者たちが集うレストラン。同性愛者たちの事情。「叩け、されば扉は開かれん」の謎。同じころに交通事故で死んだ少女と事件の関係は?金田一耕助に依頼する人々。マダムXのの正体。

    『鏡ヶ浦の殺人』
    ミスコンの審査員としてよばれた大学教授の死。凶器はゴムまりに仕掛けられた毒針。殺害される前に被害者が読んだ唇の謎。

     2009年4月16日初読

     2010年2月28日再読

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

扉の影の女 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)はこんな電子書籍です

扉の影の女 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)の文庫

ツイートする