スペードの女王 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫) [Kindle]

  • 19人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 横溝正史
  • KADOKAWA / 角川書店 (2002年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304310

スペードの女王 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有名な彫師が不審死を遂げ、未亡人が金田一耕助に相談を持ち掛ける。
    彫師は「友人に刺青を彫ってほしい」という
    奇妙な女の依頼に応じて出かけ、
    後日、亡くなったというのだが……。

    背格好の似た二人の同じ身体部位に同様の刺青を施せば、
    一方を殺害した他方が、
    自らが殺害されたものと警察の目を欺いて逃亡し、
    身を隠すことが可能だと考える。
    但し、それには相手の「顔」を抹消し、
    独特のデザインの刺青のみを
    アイデンティフィケーションとしなければならない。
    かくして、世にもおぞましい死体が発見されるという展開。
    しかし、彫師は名人の意地にかけて傲岸不遜な依頼人の裏を掻き、
    二人の女の区別がつくよう、細工を施していた――。

    これだけでもドキドキゾクゾク面白いのだが、
    相手を騙す気でいた女もまた欺かれていたという、
    驚きの結末。
    ……いや、読んでいる途中で不審な点に気がつき、
    犯人がわかってしまうのですが、それでも充分面白いです。
    本作は東京と湘南が事件現場なので、
    金田一耕助の相棒は等々力警部。
    犯人の目を眩ますために、こっちだってやってやるぜ!
    とばかり(?)変装してコソコソ動く金田一&警部、お茶目(萌)

  • ミステリー定番の首なし死体もので、似たタイプの二人の「スペートの女王」が登場するのがミソ。横溝作品らしいエロの要素も盛り込んだ佳作といえる。トリックも重要だが、金田一と等々力警部が登場するだけで楽しく読ませてくれる。

全2件中 1 - 2件を表示

スペードの女王 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

スペードの女王 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)はこんな電子書籍です

スペードの女王 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)の文庫

スペードの女王 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)の文庫

ツイートする