蔵の中・鬼火 (角川文庫) [Kindle]

  • 39人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 横溝正史
  • KADOKAWA / 角川書店 (2002年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (282ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蔵の中・鬼火 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 電子書籍版がリリースされ、杉本一文画伯の表紙が採用されているので、
    登録乗り換えにつき記事編集。
    戦前の、金田一耕助が登場しない猟奇・耽美系中短編集(全6編)。
    「蔵の中」は江戸川乱歩の作風にも通じる「騙り」の魅力が光る。
    「鬼火」は俳諧師が語る、憎しみに囚われた二人の男の物語。
    どちらも行間から仄かに血の匂いが漂う。

  • 集中の白眉は間違いなく『鬼火』。これだけでも1冊買う価値がある。他の作品は普通の横溝。

  • 金田一の出てこない幻想小説の短編集。『蝋人』はいくら何でも、そこまでやるかという金持ちの嫉妬心が怖い。

  • 妖しく幻想的ながらも、生々しい残酷な世界。
    個々の表現力が素晴らしく、情景が目に浮かぶようです。
    ------------------------------------------------------
    ■ 鬼火
    廃墟となったアトリエに残された一枚の絵と、従兄弟同士の激しい憎悪と狂気の物語。
    ■ 蔵の中
    蕗谷笛二から送られた原稿には、蔵の中から覗いたある人物の殺人風景が書かれていた。
    ■ かいやぐら物語
    浜辺で貝殻を吹く美しい女性が語ったのは、ある心中物語だった。
    ■ 貝殻邸奇譚
    月代殺しを少年に目撃された美絵は、その少年を貝殻邸へと招き入れた。
    ■ 蝋人
    囲い芸者珊瑚と今朝治の恋を知った山惣の旦那は、奸計により二人の仲を引き裂いてしまう。
    ■ 面影双紙
    薬問屋の若主人が語る、両親に起こった悲劇。

  • この時の表紙がすごく素敵なので、田舎から全巻もって帰りました!!どの物語も本当に面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

蔵の中・鬼火 (角川文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

蔵の中・鬼火 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蔵の中・鬼火 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蔵の中・鬼火 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蔵の中・鬼火 (角川文庫)はこんな電子書籍です

蔵の中・鬼火 (角川文庫)の文庫

ツイートする