海と毒薬 (角川文庫) [Kindle]

  • 107人登録
  • 4.03評価
    • (10)
    • (17)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 遠藤周作
  • KADOKAWA / 角川書店 (2001年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (165ページ)

海と毒薬 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 遠藤周作作品はこれが初めてです。
    ずっと気になっていたものの難しそう、読みづらそうと思って後回しにしてたけどそんなことはなく読みやすかった。

    文章は読みやすいし先が気になってついどんどん読んでしまうけどストーリー自体は決して気楽な気持ちで読めるものではなかった。
    人の死と罪の意識がメインだと思うので雰囲気はとことん暗く、辛い。

    生体解剖のシーンもなかなかきつかったが、看護婦の章が個人的に思うところがあり読んでてかなり辛かった。

    罪の意識、戦時下の狂った雰囲気など考えるべき点は多い話だけど、私は薬を数種類常に服用しているので(この薬ができるまでにもたくさんの生き物の犠牲や協力があったのだろうな…)と思うと本当にありがたいというか…胸が締め付けられる気がした。
    この話はもちろんフィクションだけど、似たようなことがどこかで起きてはいるのだろうなと…。

  • あらすじを読んで終わった オカルトぽくて
    私、「幽霊屋敷」入れない 夜の便所が怖い

  • 高校の国語の時間で課題図書に指定され、「タイトルの『海』と『毒薬』とは何を象徴しているのか述べよ」と問われた記憶があり、大人になって再読。

    当時は戦時中に起こった「外国人捕虜の生体解剖実験」「前代未聞の事件」(※裏表紙あらすじ)を初めて知った衝撃が強かったが、今回はそれに関わった人たちの苦悩や罪の意識のほうに意識を集中して読んだ。
    自分が年齢を重ねたからこそ理解できる登場人物たちの心情もあり、自分だったらどうする?と考えてしまった。

    再読してよかった。やはり名作。

  • 初めて読んだ。遠藤氏は北氏経由でしかイメージを持っておらず,軽いエッセイなどは読んでいたが小説は初めてだった。難解で何でもなくテーマを勝呂医師や周辺の登場人物の語りで掘り下げていく。もっと解剖シーンがなまなましいのかと思っていたがそうでもなかった。北杜夫氏の「夜と霧の隅で」も再読してみよう。だいぶ前に読んだきりで何も想起できない。

  • 遠藤周作はエッセイを何冊か読んでいたのですが、小説はこれが初めてでした。
    確か母の本棚に「沈黙」が置いてあって、小学生ぐらいの頃から「読んでみたら」と言われていた気がするのですが、結局読まないまま大人になってしまっていました。

    太平洋戦争末期の1945年の8月に九州(帝国)大学の医学部で発生したアメリカ兵捕虜の生体解剖事件をモデルにした小説です。題材からして大分重いですよね。この事件、Wikipediaを読んでるだけで気が重くなります。

    とある街で医院を開く医師。腕は良いが陰鬱で得体のしれないこの医師・勝呂には曰くつきの過去があるらしい。
    事件の顛末は回想として描かれる。主人公は、F市の大学病院に研修生として勤める勝呂医師。彼の担当患者である「おばはん」が、実験に供されることに対する葛藤。そして学部内で展開している橋本・権藤の教授同士の派閥抗争に対する空虚な嫌悪感。抗争の最中に行われた橋本教授による田部婦人への手術の失敗とその隠蔽。そして橋本教授が巻き返しを図るために引き受けた米兵の生体実験への誘い。生体解剖実験の様子へ。という流れで話が進み、勝呂医師の他、研修生の同僚である戸田医師や看護師など周囲の人物それぞれの葛藤が描かれます。

    テーマは「良心の呵責」。
    遠藤周作はクリスチャン作家ですので、「罪の意識」といった方が適切かな。
    キリスト教徒にとっては必然であるところの「罪の意識」が、そうした軸を持たない日本人の個々人の中でどう処理されいるのか、というところが主題ですかね。

    日本人の、と書きましたが、この良心の呵責というものは文学にとっては非常に大きなテーマの一つですね。日本に限らずこのテーマを扱った作品はとても多い。それほど多くない僕の読書歴の中でもいくつも思い浮かびます。

    例えば、タイトルに罪の文字の入ったドストエフスキー「罪と罰」なんかは言わずもがな。優れた人間は社会道徳なんてぶっ飛ばしていいんだぜという独自理論に則り、殺人を計画するが、予期せぬ殺人まで追加せざるを得なかったことから良心の呵責が始まり…、というお話。まぁ最近のお話で分かりやすく言うとデスノートの主人公月が、新世界の神になるという自分正義論で行動し始めたけど、日常生活送ってるうちにん良心がうずいて葛藤しちゃう。そして最後には自首して終わり、という感じかな。ジャンプでやったら無理ですね。うん。

    あとはカミュの「異邦人」。「昨日、ママンが死んだ」という印象的な一文から始まるお話。ママンが死んだのに海に泳ぎに行くし、「太陽のせい」で人を殺すし、人生に意味も感じない倫理観のすっとんだ男の話。ストレートに良心とは何ぞやとか、理性って一体何だっけといったことを問いかける作品ですね。

    日本の文学作品で僕の中で最も強烈に思い浮かぶのは太宰治の「人間失格」。周囲のすべてを恐れ、自分が暴かれることを恐れ「道化」を演じ続ける男の話。今回この「海と毒薬」を読みながらものすごく強烈に思い出した作品がこれでした。

    なぜ「良心の呵責」がこれほど大きなテーマとなるのか。
    そしてもっと大きな問にしてしまえば、世界的に成功している宗教であるキリスト教はなぜ基本原理として「罪の意識」なんてものを必要とするのか。

    この難しい問題にスパッとした答えはとても出せないのですが、一つの考え方として、「心は見ることができない」という問題が挙げられるのではないかと思います。
    それは相手の心が分からないということでもありますし、同時に、頭の中で何を考えていようとも自分の心は人には絶対に知られない、ということでもあります。

     人を殺してはいけません。

    これは大抵の社会においてある程度広範に共有されるルールです。
    自分たちの社会... 続きを読む

  • 実際にあった、九州大学医学部生体解剖事件をモチーフにした小説。
    何も知らないアメリカ兵の捕虜を、実験台にしてしまうなんて、グロすぎて読むのに耐えられなかった。

    太平洋戦争時、空襲で死ぬか結核で死ぬか。死んでしまうのなら、いずれにせよ、別にどうでもいいのではないかと、日本人が死と隣り合わせな時代。
    医療に携わっていたものなら、この実験に参加してしまった罪を責められるであろうか。

    私は、きっと勝呂と同じなのかなぁ・・・。

  • 重い話でした。実際に起こった出来事をベースにしていることに、ゾッとしました。戦時下では、人は人の心を失くすのだと痛感しました。

  • 戦時中の九州大学生体解剖事件をベースに小説化した作品。医療従事者のエピソードは創作と思うが、ここでも組織のごたごたに巻き込まれた人物たちの悲劇が語られる。
    読み物としては実に面白いのだが、裁判などの後日談やエピソードを入れないで、バッサリ終わるラストは物足りなさを感じてしまった。

  • 人間の様々な面を見事に描き切った作品。今の人間ではなかなか書けない凄味のようなものを感じさせられる。読むのに時間がかかったが、決して無駄ではなかった。

  • 引き込まれる。

  • 「九州大学生体解剖事件」を題材にした話。
    諸外国においては、大多数の人間が宗教といったある種の統一的かつ絶対的な行動規範を持っているもの。
    一方で、それを持たない日本人。
    戦時下という極めて非日常の状況において、絶対的な判断基準を持つ欧米人、絶対的な判断基準を持たず揺れ動く日本人という二項対立を描いています。
    高校の現代文にもってこいの構成。
    ただ、内容はつらい。

  • 暗かった。
    そこはかとない暗さがあった。
    でも、何か惹きつけられる作品だった。

    ラストまで読んで・・・・
    それで、どうなったんだろうって凄く気になる終わり方だった。
    ある程度は分かっているんだけど、もっと詳細な行方が知りたかった。

    人の中にある、闇の部分がとてもリアルに描けていると感じました。

  • 日本人の良心の所在は道徳として外部装置である社会に委ねられているけど、個人の自発的意識としての良心の所在は今も昔も問題になっているんだなと思った。

    戦争による無常観もあいまって、運命にどんどん諦観していく様は読んでてきつかった

  • 裁かれる人々の部分が非常に印象に残る。
    看護婦にしても戸田にしても二人とも考え方としては「ひとでなし」と呼ばれるものだと考えられる。

    ただ、個人的にはその気持ちはなんだか理解できてしまう気がする。看護婦のヒルダに対する感情や戸田の人に対する感情など。

    なんだか、すごく印象に残る作品でした。

  • ときどき、昔の有名な人が書いた、有名な本というのが読みたくなる時がある。それは今の薄っぺらくて何も残らない本を何冊も読んだ後だったり、凄く深く読書をしてみたいと思ったときに良くあることだ。今回は其れが「海と毒薬」だった。何年か前に長崎に旅行に行くときに読んでおきなさいと言われた時には心魅かれず、ついに読まずに旅行に行ったものだったが…それを今になって惜しく思う。別に、これを読んだから長崎に何が…というわけではないが、それを薦めた人の気持ちを思った。なかでも…わざわざ、この本を薦めてきた理由、とでもいうのだろうか。読めば、この本の主題が私好みなことはすぐにわかる。かつて戦時中に行われた人体実験、だが…別にそれの善悪の是非を問うているわけではない。ある意味では淡々と進められていく…その場に居た人たちの心理描写。だが、そこには…本当に其れの善悪について考えている人たちはいなかった。自分にとっての状況と他の人のことばかり、皆が自分は真の意味ではその事件と関係ないと思おうとしているかのように思えた。そして、戦時中という特殊空間において人の善悪というものは己の道徳性によってのみ定まるのではないのだということ。ある意味では人の一番弱い部分かもしれない。だが、弱い事は悪い事だろうか?大きな波に流されることはある…私は自分だったら、その実験に参加することを最終的には選ぶだろうと思えた。それが悪だとわかっていながらであってもだ。知りたいと思ってしまう、そして何人もの人間が死んでいく中で命の価値に疑問を抱く。私はその実験に参加して何も思わないだろう。医学の進歩に役だったと大義名分を掲げて祝杯でもあげるかもしれない。なんだか、そんな自分の一面を静かな筆で見せつけられたような…そんな気がした本だった。

全15件中 1 - 15件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

海と毒薬 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海と毒薬 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海と毒薬 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海と毒薬 (角川文庫)の文庫

海と毒薬 (角川文庫)の文庫

海と毒薬 (角川文庫)の文庫

ツイートする