陰の季節 横山秀夫傑作短篇シリーズ(1) [Kindle]

  • 41人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 横山秀夫
  • 文藝春秋 (2001年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (36ページ)

陰の季節 横山秀夫傑作短篇シリーズ(1)の感想・レビュー・書評

  • どれも巧いなぁと思うけど,警察官の話がやっぱり一番おもしろいかな。地裁の所長はさすがにあんなんじゃないでしょう,と思いながら読んだけど,実際はあんなんなんだろうか。

  • こちらも珠玉の傑作短編。「64」と同じくD県シリーズ。「64」にも登場する警務部・二渡が主人公。警察と言われて想像する刑事とか警察官ではなく、警察組織の運営を担当する警務部。組織である以上当たり前だが、その仕事はいわゆる事務職なんだが、やはり警察学校を卒業した警察官が行っているという事実。退職に伴う天下り先探しも含んだ異動人事というパズルのような仕事に舞い降りた、突然の天下り先の勇退拒否という裏切り。それを覆させるため、その背後にある真実に迫る二渡。そして思いもよらない衝撃の真実。実に上手い。

  • こちらもKindle版で半日読み。

    “64”で夢中になったD県警シリーズ。



    刑事ではなく、人事で働く警察官たちにスポットを当てた

    警察内部のことがすっごく分かる一冊です。



    事件を司る刑事へのすごい対抗心

    緻密で失敗の許されない仕事に神経をすり減らし

    家族をかえり見ず

    これが現実なら本当に大変だと思います。



    ただ読んでいる方はそんな人間模様と推理の部分が

    合わさって、これほどおもしろい小説はありません。



    D県警シリーズ、どんどん先が読みたくなる一冊です。

  • 警察小説を手に取ることは稀だけれど、それでも人事担当の警察官が主人公というのは珍しいんじゃないかと思う。
    ストーリー展開もラストも、斬新に感じた。

  • 横山秀夫の小説が読みたいが、64は重そうなので、軽いものを探していたらちょうど短篇集がKindleストアで売っていた。

    「つっこみ」という隠語は知らなかった。
    この短さで、しかしきちんと事件が「オチ」るのがすごい。読み終えて、ちょっとしかめ面して刑事風に振りまいたくなる。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

陰の季節 横山秀夫傑作短篇シリーズ(1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

陰の季節 横山秀夫傑作短篇シリーズ(1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陰の季節 横山秀夫傑作短篇シリーズ(1)を本棚に「積読」で登録しているひと

陰の季節 横山秀夫傑作短篇シリーズ(1)はこんな電子書籍です

ツイートする