シェア ―<共有>からビジネスを生みだす新戦略 [Kindle]

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 関 美和  小林 弘人 
  • NHK出版 (2010年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (328ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
戸部 良一
有効な右矢印 無効な右矢印

シェア ―<共有>からビジネスを生みだす新戦略の感想・レビュー・書評

  • ハイパー消費の時代からコラボ消費の時代へ。競争から共創へ。この考え自体は結構前から言われているから目新しい感はない。が、問題解決ではなく問題発見とデザインが大切という主張は、自分の中では新しかった。コラボへの一歩は、まだ始まったばかり。

  • モノを個人で所有して、不要になったら使い捨てる消費生活の代わりに、ひとつのモノをみんなでシェアしあう新しい消費の形「コラボ消費」について洞察しています。

    使い捨てから脱却するように、一つのものをシェアするという考え方。

    この考えは、別に新しいものではなく、大量消費主義がはびこる以前からの古くからあるもの、としています。ただ、大量生産がすすむにつれ、シェアをする相手を見つけるコスト(面倒臭さ)よりも、モノを手に入れるコストを下回るようになったため、人々は個人主義を選ぶことになったのです。
    ところが情報技術の発達により、シェアする相手を見つけることがより簡単になりました。そして、シェアすることを貧乏くさいのではなく「かっこいい」ことにすることも可能になりました。結果、カーシェアや物々交換等などの新しい形のシェアが生まれるようになったのです。

    一目見てエコと感じられるコラボ消費のですが、著者自信はコラボ消費の環境負荷的な側面は、あくまでも副産物であると割り切っています。
    人々をコラボ消費に掻き立てる動機は「みんなで何かする」ことを美徳と捉える世代の増加であることが伺えます。

    コラボ消費を進めるために、モノづくりそのものも大きな転換が必要になります。商品を設計するデザイナーは、モノそのものだけではなく、それを共有するプラットフォーム(仕組み)までデザインすることが役割とされるようになりました。


    思うに、コラボ消費はソーシャルメディア等のWeb2.0的な情報技術がリアル世界を変えつつある例ではないでしょうか。優れたITサービスは、ネット空間にバーチャルな世界を作るものではなく、リアルな世界を反映させるものだというこっとはこれまでのSNSの成功事例が示しています。そういったリアル世界と繋がったウェブが十分な規模に発展したっことで、今度はリアル社会への反映が容易になったのではないでしょうか。

    最近はやりの断捨離にもつながるコラボ消費、自分も取り入れてみようかな、なんて思わせてくれます。
    ITが世界を変えた例を分析した価値ある一冊です。

  • FREEからの流れで

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

シェア ―<共有>からビジネスを生みだす新戦略を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シェア ―<共有>からビジネスを生みだす新戦略を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シェア ―<共有>からビジネスを生みだす新戦略はこんな電子書籍です

シェア ―<共有>からビジネスを生みだす新戦略のハードカバー

ツイートする