コロンビアーナ [DVD]

  • 249人登録
  • 2.98評価
    • (2)
    • (30)
    • (65)
    • (24)
    • (6)
  • 45レビュー
監督 : オリヴィエ・メガトン 
出演 : ゾーイ・サルダナ  ジョルディ・モリャ  レニー・ジェームズ  アマンドラ・ステンバーグ  マイケル・ヴァルダン 
  • Happinet(SB)(D) (2013年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953032309

コロンビアーナ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • リュック・ベンソンの好きそうな話だな。

    アクション映画として決して悪くは無いが
    正直言って目新しさは感じ無い。

    最後も、あんまりドンパチするのは
    好きではないんだよね(^_^;)
    もっとリアルに行かないと
    軽く感じてしまう。

  • アクションシーンアはおしゃれでスタイリッシュ。
    映像美としてもなかなかなもの。
    でもなー、ストーリーが陳腐。しょうがないか。
    それにしても、主演も女優さんもそうであるが、子役の子もなかなかなもの。

  • 1)少女、きっかけ

    2)おじさんとの出会い

    2)成長後

    3)派手な演出、復讐はじまる

    4)彼氏出現

    5)秘密ばれる

    6)おじさん、死ぬ

    7)復讐の戦い

    8)おわり


    ストーリーは違和感なしで悪くない
    映像はキレイ

    あともうひとひねりあれば
    かなりいい感じだったかも?

  • スタイリッシュな殺し屋アクション。
    動と静でいうならば彼女は静の殺し屋。
    台詞数も少なめなため潜入シーンなどは魅入ってしまう。

  • 「午後のロードショー」にて。アクションシーンがなかなか素晴らしい。序盤の警察署でのケレン味あふれるアクションは、「ミッション・インポッシブル」のようであった。格闘シーンや、脱出シーンなど、アクションの見所は多く、ゾーイ・サルダナの細い肢体がなかなか映えます(個人的には痩せすぎでNGですが)。復讐もののストーリーも手堅く、なかなか楽しめる作品でした。

  •  コロンビアのマフィアの内紛で両親を殺されたカトレアは叔父のもとで成長し、殺し屋になる。彼女は密かに両親の復讐を狙うが。。。

     なかなかいい映画です。
     ゾーイ・サルダナの魅力を存分に堪能できる。彼女がスターになったのも納得。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のガモーラさんですから。
     あと、少女時代のカトレアやってる子役も何気によかった。

  • テレ東のお昼の映画枠でやってたのを観ました。とても面白かったー!
    設定はいたって単純。“復讐”。綺麗で、いとおしくなるカトレア。
    テンポよく進むので、目が離せない。最後まで楽しめる作品でした。

  • 想像の3倍は良かったです!
    正直言ってリュック・ベッソンが絡んだ映画に対する色眼鏡は相当なものなので、おもったほど酷くなかったので安心しました。
    主演のゾーイ・サルダナが素直に美しいです。これはいい。スタイルもいいし胸が大きすぎないのがとてもいい。綺麗な瞳と太股は最高。
    だけどその他が本当に印象に残らない・・・。
    脇役は存在感ないし、アクションや銃器ギミックの印象に残るシーンもあまりないし。サメのCGなんか無い方がマシでしょう。
    アンヌ・パリローにステアーAUGをトイレで構えさせて正体を隠している恋人のジャン=ユーグ・アングラードとの扉越しの掛け合いで、恋と仕事の葛藤を数秒間で演出しきるあの緊迫感や、「マチルダからのプレゼントだ・・・」のジャン・レノのセリフのあとのゲイリーの痛快な捨て台詞を引き出すあの小道具・・・そういうのが無いんですよね~。
    判定:『エージェント・マロリー』の勝ち!!

  • 結構酷評が多かったのに驚きました。
    ありがちと言えばありがちですが、演出を派手にしたいだけ or 素人にわかりやすくしたいだけの突飛な展開もないですし、特に目立った欠点のない良作だと思います。

  • 幼い頃に両親を目の前で殺されたカトレアの復讐劇。
    殺し屋としておじさんから色々教わって育った割には、安易な事をしてしまうストーリーというか何というか。

  • ゾーイが綺麗なだけ

  • しょっぱなの子役ちゃんが可愛かっこよすぎてそれしか憶えてないです。

  • まさに”負の連鎖”。自分自身の幸せをも犠牲にしながら戦う彼女は”健気”です。残虐と慈悲を持つカトレアを待つ運命は・・・。リュック・ベッソンさんの作品好きの方のみならず多くの人におすすめしたい映画です。

  •  脚本と製作を務めるリュック・ベッソンが「アバター」のゾーイ・サルダナを主演に迎え、復讐に燃える女暗殺者の過酷な戦いを描いたハード・アクション・サスペンス。監督は「トランスポーター3 アンリミテッド」のオリヴィエ・メガトン。
     1992年、南米コロンビア。9歳の少女カトレアは、マフィアの大物が送り込んだ刺客によって目の前で両親を惨殺される。カトレアは決死の逃走の末に追っ手を振り切り、叔父のエミリオを頼ってシカゴへと向かう。両親を殺した者たちへの復讐だけを胸に成長したカトレア。15年後、凄腕の暗殺者となった彼女は、復讐相手へのメッセージとして必ず殺しの現場に自身の名の由来でもあるカトレアの花を残していった。マフィアがカトレアの暗殺に動き出す一方、FBIからも追われる身となるカトレアだったが…

  •  『ニキータ』『レオン』などのリュック・ベッソンが、製作と脚本を手掛けたアクション・ドラマ。両親の命を奪ったマフィアに復讐を果たすべく、すご腕の暗殺者となった女性の運命を追い掛けていく。

  • 制作年:2011年
    監 督:オリヴィエ・メガトン
    主 演:ゾーイ・サルダナ、ジョルディ・モリャ、レニー・ジェームズ、アマンドラ・ステンバーグ、クリフ・カーティス、マイケル・ヴァルタン
    時 間:108分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル2.0ch


    1992年、コロンビア。少女カトレアはマフィアの幹部である父をはじめ家族とともに幸せに暮らしていた。
    しかしある日突然、マフィアの大物の指示により家族は惨殺される。
    目の前で家族が殺されていくのを目の当たりにしたカトレアは命からがら逃げ出し、アメリカ・シカゴに住む叔父の家に身を寄せ、復讐を固く胸に誓う。
    15年後、美しく成長したカトレアは、確実に標的をしとめる敏腕の殺し屋になっていた。
    彼女が現場に必ず残すカトレアの花は、復讐相手をおびき出すためのものだった。
    やがて彼女の動向を察知するマフィア。それと同じくしてカトレアの存在をつかむFBI。
    復讐の時が近づく中、新たな悲劇が起こってしまう。
    悲しみを背負い、すべてに決着を付けるべく、カトレアは銃を手に取る…。

  • 面白いのひと言!みんなの評価低いのでは?

  • BS録画>ベッソン製作。コロンビア版ニキータ?。。と思ったけど…どっかの違う話を色々と混ぜ込んだような作品だなと感じた。話に二番煎じ感が。。。
    「レオン」を他レビューで引合いに出されてるけど(同じ殺し屋だけに)似てるかなぁ?あれは少女との愛(ロリコンだけどw)を描いてるし、敵役の事情(ゲイリーの悪徳刑事)もよく掘り下げられており、主人公のフラグがあるからこそカタルシスが得られるのであって…なんか別物じゃない??って思うんだけど。。
    そこで今作ですが…子役のアクション,無双っぷりに驚いた!!あの娘が凄いです☆!
    話は良くも悪くも…な感じで可もなく不可もなく。です。。復讐したいラスボス弱過ぎでしょw…。ラスボスキャラの話の掘下げもないし。(悪の掘下げがよく出来てれば主人公は活きる。)映像(撮り方)がどこかトランスポーターと似てるなぁ。お洒落で綺麗ですけどw(サメのプールシーンやカトレアの画とかとか)ラストバトル、カット割が細かく切り過ぎててちょっと疲れた。コロンビアのカラリとした雰囲気は良かったですww

  • 内容ありがち。動物を殺しのツールにする神経が理解できない。

  • さて問題です
    何で足がつきましたか?

    スタイル良いカッコいい女?
    もう少し顔が好みなら...
    犬のシーンは刑事コロンボの「突撃命令」を思わせる

  • [2011年アメリカ・フランス合作映画、TV録画鑑賞]

  • 「カトレア」って名前きれい。成長後も素敵だけど幼少期カトレア役の女の子の存在感とか表情の演技にすごく惹かれるし豹変シーンは超痺れる。おはなしとしては「良かれと思ってやったことが最悪の結果を招く」みたいな展開が苦手なのでうわーーーってなる部分があったり、カトレアの行動にちょっとぬるいというか甘いんじゃないのかなーと感じるところもあったりしたけど、アクションも映像も設定もスタイリッシュでかっこよかったです。

  • 子役の意表を突くアクションシーンで引き込まれました。この部分の出来は素晴らしい!大人になってからの復讐譚は、ハズレも多いベンソン系作品としては、期待以上に楽しめました。随所にこだわりのある映像もいい感じですね。

  • アクション映画として普通に面白かったです。

    確かに見せ場もしっかりあるし、展開も悪くない。
    だけどそれだと「しなやかでスマートな殺し屋」ってだけ…
    期待させる触れ込みの割に主人公の心象描写が弱いですね〜

    心の奥底で燃え滾る復讐心を描くはずの作品で安っぽい恋愛を織り込んでしまった為に全体が軽くなり物語を薄くしてしまっている気がします。
    あんな些細な画像から身元が割れてしまうなんて現代的で面白いギミックなんだけど、それこそが恋人を介在させる要因となり、全体をダメにしたアイデアだったんじゃないかな…
    凡庸な二流映画ですね。残念…

  • シカゴ 殺し屋 カトレア 刑務所 ジョニーキャッシュ ハート

全45件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

コロンビアーナ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

コロンビアーナ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする