コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション [DVD]

  • 167人登録
  • 3.40評価
    • (12)
    • (19)
    • (28)
    • (12)
    • (1)
  • 20レビュー
監督 : ヘンリー・セリック 
出演 : ダコタ・ファニング  キース・デヴィッド  テリー・ハッチャー 
  • Happinet(SB)(D) (2013年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953042933

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 主人公の可愛げのないキャラにイライラしつつも、コワイ世界の冒険でちょっぴりオトナに成長するっていうのは児童文学の王道かも。小さいドアを抜けて不思議な世界へはダーク版不思議の国のアリスっぽい。映像も素敵☆

  • 音楽がすごく好み。
    クレイアニメみたいな感じでちょっとキャラクターに不気味さが漂うのが雰囲気が出てていい。
    わんこ可愛いよわんこ。

    これストップモーションなのか!すごいなぁ。

  • 吹き替えで見たんだけど、そういえば魔女は天海祐希…?
    お菓子の家のように甘く優しい世界、そこは本当に優しい世界?
    丁寧で、色んな人が描かれていて終わり方も好みでした。

  • 冷たい風が吹く今頃の時期、決まって観たくなるストップモーションアニメ。

    引っ越した先での生活はこの上なく退屈なもの。ママは事故によるムチウチでご機嫌斜め、コララインの話を少しも聞いてくれない。しかも園芸ライターという仕事に就きながら土いじりは大の苦手。
    同じく自宅で仕事をするパパも似たもので、パソコンの前から動きはしない。コララインが黙っておとなしくしていれば良いと思っている。

    ふとしたキッカケで「別のママ、パパ」が住む小さなドアの先の世界を知ってしまう。
    そこでは本当のママとそっくりでありながら、妖しく美しくオシャレで料理が得意なママがいて、そして洒落たガウンでピアノをひくパパ、この別のパパというのがコララインを楽しませることが大好きときている。

    コララインは別のママパパを選ぶことにするのか、別のママの正体は? なぜコララインが別の世界に招待されることになったのか、本当の世界でワイボーンという少年と知り合うのだが、この辺に鍵があって、みごとに最後に秘密が明かされる。

    少々怖くもあるが美しくもあって、ハロウィンの気分を孤独に楽しめるDVD。
    英語版も吹き替え版もどちらも声優さんがぴったりで楽しめる。

  • 粘土で作ったようなキャラクターが独特だけどどれも凄く可愛い。あと、キャラクターの何気ない動作や顔の表情が凄く面白くて好きなシーンが多かった。

  • コララインの逞しさがすごく好き。不気味な雰囲気も。

  • 近所の図書館にて。
    ちょっと長くて飽きちゃった。ストップモーションアニメは好きなんだけどね。

  • 字幕の女の子の方が生意気な女の子の感じで可愛かった。最後までハラハラしておもしろかったー!

  • 子供が好きそうなストーリーなのに、不気味な雰囲気が常に漂ってるのがなんとも良い

  • フルCGかと思いきやストップモーションなんですね。かわいい!すごい!ストーリーは…ちょっと長く感じたかな。

  • 4歳息子が初めて泣いた怖さ。(『バイオハザード5』の方がましらしい)

  • 3D人形劇風不思議の国のアリスといったところ。
    絵も美しい。なかなか楽しめた。

  • 子供向けホラーアニメみたいな?
    人形が動いておもしろいくらいでした。

  • 図書館で借りたDVD。これほぼ全部ストップモーションなのか…!それっぽく作ったCGだと思ってたので、メイキング観てビックリ。監督とスタッフの執念を感じる。

  • ストーリーはありがちだけど、キャラが個性的で、世界観が素敵。
    ほどよいダークさと、色彩の美しさ、童話的な不気味な展開など、ファンタジーが好きなひとにはこの世界観はたまらない。

  • 観始めて10分程はscaryな映画かなと思ってたけれど
    これはcreepyな作品です。

    Disney映画じゃないけど
    ”目がボタンの世界”がディズニーランドにあったら
    とても楽しいだろうなあ…♪
    というか本当にあったら子供に人気だろうなあ!!
    設定や世界観はEwwwwwwwwwな感じを多く含んでいましたが
    それくらい向こうの世界は綺麗でした。
    監督のCreativityを感じました。

    私は2Dで観たけど
    3Dはどんな感じなんだろうなあ~
    最初からすごいドキっとさせられそう!!

    夏の夜に
    真っ暗闇で
    クーラーギンギンに効かせて観たけど
    読後感ならぬ観後感は
    決してすっきりするものでもじわっとくるものでもなかったことは
    はっきりしています。

    ストーリーを楽しむものじゃなくて
    その世界観を楽しむ映画なのかな・・・

    夏に親子で、もしくは
    友達数人のパジャマパーティーで
    そんな時にしっくりくる映画です*

  • 映像、色使いがとにかく美しかったし吹き替えの浪川の声も良かったし、意外と劇団ひとりもあってた。

  • 普通にちょっとこわかった。

全20件中 1 - 20件を表示

コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

ツイートする