アナザー Another DVD スタンダード・エディション

  • 216人登録
  • 2.21評価
    • (2)
    • (6)
    • (32)
    • (40)
    • (27)
  • 48レビュー
監督 : 古澤健 
出演 : 山﨑賢人  橋本愛  加藤あい  袴田吉彦 
  • 東宝 (2013年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104075505

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アナザー Another DVD スタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

  • ※キツイことを書いているのでご注意下さい※
    原作小説をはじめコミック・アニメで築かれて広がりをみせたアナザーという世界観は、この実写版で台無しになったと言わざるをえない。
    せめてドラマならまだしも...映画一本に収まる尺ではないので、とにかく削ったんだろうけど、削りすぎてスッカスカな上に舌ったらずな作品になってしまった。
    内容を知らない人は途中からついていけなくなるんじゃなかろうか。
    唯一の救いは美崎鳴役の橋本愛さんが良かったことかな。

  • 隻眼シリーズ第2弾。

    酷評されているようだが、原作・アニメともに見ていない身としては、それなりに楽しめた。確かに荒さは目立つ。

    ルールの一つである転んではいけないところで転んでしまったと少女が語るがその後何もなかったり、船をもやっているワイヤーで首が飛んだりで突っ込もうと思えばいくらでも突っ込みどころがあった。

    設定に魅力を感じ、様々な粗もギャグとして受け止め楽しむことができた。本当はもう少しシリアスな気持ちで見てみたかったが…。

    映画で投げっぱなしジャーマンだった所がどう処理されているのか、前向きに原作や漫画を読んで確認したいと思った。

  • 原作読了
    アニメ版 みてません
    死に方が色々と雑
    服の絶妙なダサさがリアルでいい
    死が大腸にしかみえなくてなんか汚い
    原作と違って副担任がおばさんであることがわかるせいか、ボケちゃった祖父は登場せず、恒一くんが数年前に夜見山に来た設定もなく、伏線がないのでつまらない

  • うーん・・・いまいちw
    見てて途中でアニメ版を見たことを思い出したw

    榊原くんにちゃんと説明しといてあげなさいよw

  • 漫画版を読んでいたので ネタは知っていたので、映像でどのように表現するのかを楽しみに観ました。
    死に方があまりにもファイナルデッドコースターなのと、CGがちょっと・・・
    さすがにエピソードがいくつか削られていたり、説明不足の点が多くてちょっと残念でした。映画よりはドラマなどで、じっくりとやって欲しいです。
    橋本愛さんの見崎は、可愛かった。

  • 学園物のミステリー・ホラーで、こういったタイプの映画って、普段観ないんですが、橋本愛さんが出てるということで、観てみました。

    原作は、ミステリー小説で有名な、綾辻行人さんの小説です(綾辻行人さんは、まだ読んだことないんですが、一度読んでみたいと思ってます)。

    観た感じ、死者が誰かは明らかになるんですけど、なぜああいった風習(ルール)が学校にあるのか、また、そのきっかけやからくりなどは、はっきり明かされない感じでしたねえ(僕が気づけてないだけかもしれませんが・・・)。

    で、僕は原作は読んでないので、原作との違いはわかんないんですけど、ネット上での感想を見ると、映画版は出来が悪いみたいですね。

    なので、原作のほうに興味が湧きました(とはいえ、ネット上での感想を見てたら、原作の叙述トリックが書かれてあって、残念な思いをしました・・・)。

  • anotherだから死んでた


    アニメからのコレ

  • 橋本愛が可愛かったからそれで星一つ追加。それ以外は別にいいところはない。

  • うーんちょっと期待しすぎたかな

    うーん

  • ホラー映画は死に方と演技の下手さ加減がネタ化して、それが面白いと発見された時代を経ると、そのいい加減さ、アマチュア感にやっぱり辟易して、結局つまらないというのが評価となる。
    でも見てしまうんだから、困ったものです。

  • 橋本愛ちゃんかわいい。全体的に死因がアグレッシブすぎてびっくりした。

  • 橋本愛最高!
    …だけではないですが、まずそれ。
    制服姿と眼帯が可愛いし、ミサキメイの序盤の不気味さを表してる。
    終盤の私服姿も可愛い^_^

    で、映画としては原作読んでるからオチは知ってるけど映像ならではの怖さは伝わるし、不穏な雰囲気も充分くる。
    まあ、綾辻行人得意のそしてこの作品にも使われている仕掛けはさすがに無理ですね。
    でも、うまく映像で見せてる。
    いい映画でした。

  • 思ってたより面白かった。アニメに比べたら死亡シーンが割とあっさりだったし、尺の関係か全体に駆け足気味。赤沢さんのシーンがワロタ。ラストが原作と違っててこれはこれでありかな、と思う。あと死の色がう●こみたいで萎える。

  • アニメが面白かったから映画にも手を出してみたんだけど失敗だったー。
    映画じゃなくて原作の本の方を見るべきだった…。

    あの量を二時間で収めようと思ったらこのくらい薄くなっても仕方ないのかな。
    完全にファイナルディスティネイションの和製失敗作だった。
    元の話は面白いのになー。

  • グロすぎて泣きながら見た。偶発的な事故、幽霊や悪魔なんかよりも、よっぽど見ている自分にも起こり得るような「偶然」による死は怖すぎる。本作の目指すところであろうJホラー感()とは全く別のベクトルで怯えまくった。

    そして大好きな袴田吉彦がまた気持ち悪い役で出てる♡♡長髪パーマ似合わなすぎ♡♡♡まともな時期との差が良い。

    あとは原作読んでいたのでオチも知ってたけど、叙述トリックを映像にするのはやっぱり難しいし、そこを丸投げしてた時点でポイント低い。

  • 途中、飽きました。

  • ホラーとしては、およそ褒めるべき所は一つもない。
    無星。
    むしろ爆笑必至のコメディとして評価すべき。
    その為の☆3。

  • 何も面白くないし怖くない^^;

  • 映画はつまんないけど、死に様が面白いのがいくつかあったので良いです。

  • 主人公が棒読み。

  • なんだか、あっという間に終わってしまった。
    そんなにミステリーな感じがしなかった。
    本とか、想像力がかき立てられる媒体で見たかったかもしれない。

  • 原作未読。
    まず、お話が面白い面白くないの前に邦画にも字幕をつけてほしいと思う。
    情緒とかそういうの大事なひとは字幕オフで見ればいいし、役者の滑舌の問題もあるのかもしれないけれど、効果音ばかりか大きくてぼそぼそ何をいってるのかわからないのはのめり込めない原因のひとつだと思う。

    で、アナザー。
    見終わったあと思ったのは小説を読んでいたらネタバレ部分の確認のために読み返していただろうなと。
    はじめの部分もメイが実在するのかしないのか悩みながら見ていただろうけど、映像だとしっかりしていたので主人公と同じ気持ちにはなれなかった。
    映像もちょっと違和感があって気になったけど、人形が文句なく美しかった。
    人形と自分との葛藤ももしかしたらあったのかもしれなおけどあまり強くは感じられず、残念。
    死んだひとが存在しているから一人をいないものと見なして…っていう設定はとても心引かれる。

  • 小説を読む前に
    見るべきだったかな。

    映像でも
    きちんと伏線張ってあって
    良かった。

    最後が、これから
    まだ、続くぞって感じで
    ぞくぞくした!

  • 全然怖くないし、あんまりおもしろくなかった。死者を殺すとか?記憶が改ざんされるとか?ふう~~ん。主役の男の子、演技が下手だったし。リアルさに欠けた。

全48件中 1 - 25件を表示

アナザー Another DVD スタンダード・エディションに関連する談話室の質問

アナザー Another DVD スタンダード・エディションに関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

アナザー Another DVD スタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

アナザー Another DVD スタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする