死と彼女とぼく(1) (Kissコミックス) [Kindle]

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 川口まどか
  • 講談社 (2003年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (394ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木城ゆきと
有効な右矢印 無効な右矢印

死と彼女とぼく(1) (Kissコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死者が見える少女・ゆかりと死者の声が聞こえる少年・優作の物語。題材が死者だけあってホラーテイスト。グロいホラー漫画ではなく、死者が見える。死者の声が聞こえる。そういう不思議な力を持ってしまったがために、世間になじめない孤独さだったり、死者の自分勝手な声に振り回されるやるせなさだったり。精一杯、ひきずられないように生きてる二人の物語で、人生哲学よりというか。なんというかかんというか。「なめちゃいけない。かといっていつもかまえてもいられない。むつかしいことさ。こればっかりは。」

  • Kindle無料版にて。
    少女マンガです。
    ホラーです。
    少女マンガのホラーなのであまり怖くないです(偏見)。
    嫌いじゃない方です。
    あとなんとなく古い感じがします。
    小学生の頃に読んだホラー少女マンガをなんとなく思い出しました。
    なんだか懐かしい気持ちになりました。
    もうちょっと怖ければ続きも読んでもいいかなと思うのですが、怖くないのでまあ読まないと思います。
    嫌いじゃないですけど。
    少女マンガのホラーなので怖くないのはしょうがないですね(偏見)。

  • けして気持ち良く読めはしないが落ち着く雰囲気

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

死と彼女とぼく(1) (Kissコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死と彼女とぼく(1) (Kissコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

死と彼女とぼく(1) (Kissコミックス)はこんな電子書籍です

死と彼女とぼく(1) (Kissコミックス)の文庫

ツイートする