勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書) [Kindle]

  • 265人登録
  • 3.85評価
    • (27)
    • (40)
    • (26)
    • (8)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 梅原大吾
  • 小学館 (2012年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (254ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
ジェームス W....
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 階段の下で正解の道を吟味するより、とりあえず登った方が上達は早い。
    いやいや、とにかく『(空白)ウメハラ』の動画を見たくなる。

  • 格闘ゲームの世界で初めてのプロゲーマーとなった著者が、自身の歴史と、その時々での苦しみをどのようにして乗り越えていったのかについて、自分を成長させるということはどういうことなのかについて書かれています。ゲームをやらない人でも理解出来ますし、重要な示唆を得ることがたくさんある内容だと思います。成功者の本を読むと、分かるんですが出来ない、自分とは違う世界の人間に見えてしまうことが多いのですが。本書の著者は、どのようにして乗り越えたのか、そのために自信をどうやって身に付けていったのかを書かれることで、誰でも当たる壁を乗り越えるために必要な努力の身に付け方を教えてくれます。ゲームという認められにくい世界で苦しんでこられた著者だからこそ書ける内容だと思います。
    終わってみれば、勝ち続けるために必要な要素は何だったのかが、著者も振返って書かれています。そしてその経験を基に今の日々の生活を確信を持って続けられています。そこへ至るまでの苦しみ、このままで良いのかという不安、それは絶対に避けられない、自分の努力で乗り越えなければならないものだということも教えられました。

  •  ゲームなんて全くやらない男が,なんでこんな本を読んだのかというと,チキリンとの対談が面白かったからだ。
     本の題名のあるように「仕事術」が分かったかというと,分かったような気もする…(^^;; 
     少なくとも,ゲーマーになる人向けだけに書かれている本じゃないし,一般化できるお話はいっぱい詰まっています。

  • 17歳の時に世界一に輝いたのに、周囲からゲームの価値を認めてもらえなくて、ゲームから一旦離れた梅原さん。
    本にも書いてあったが、他人の期待を満たしたり大会で勝つことだけに執着してしまうと、人生がいきづまってしまう。再び、ゲームの世界に戻ってきた彼が言うように、自分の好きなことにや毎日の自分の小さな成長に主眼をおいたほうが楽しい人生を送れると感じた。

  • どんなジャンルであれ、頂点に立つ人間の経験から語られる言葉は、重い。そして驚くほど共通する内容も多い。とにかく自分の頭で考えて悩んでトライし続けること。それ以外に近道は無いんだなと思う。まあ彼の場合ちょっと(というかかなり)ナルシスティックな部分があるのは若さゆえのご愛嬌ということで…

  • 中盤あたりまですごく息の詰まる生き方、考え方に驚いた。これがウメハラさんの生き方と飲み込めてからはスーッと読めるように。あまり認知されていないプロゲーマーの頭の中が知れて、考え方も参考になった。また読み返したい1冊。

  • プロであることを考えさせられる本でした。

    便利な技は応用がきかない。

    こんな風にクレーム書いたら怖いもの無しと思っても、判例、法改正、技術動向の変化で、すぐにそうではなくなります。それらに合わせて自分のスタイルを変える必要があります。

    毎日変わらないことを続けるのが一番大変。

    変わり続けるには、絶え間ない努力が必要です。弁理士なったからと言ってそれで終わりではなく、常に最新の判例、法律、技術を追って行く必要があります。それが、変わらないことだと思います。

    知財を始めて6年、まだ胸を張って知財のプロだとは言えません。少なくとも10年、そこで改めて自分を見つめ直したいと思います。

  • 繰り返しが多くて幅がない。

  • ところどころ矛盾点も見受けられるが、トップゲーマーとして栄光と挫折を味わった彼の勝負、そして人生に対する姿勢は、ゲーマーでなくとも刺激になることが多いのではないかと。

  • 一流の位置に居続けている人に共通する強い意志について学べた。

    不思議なぐらい、どの分野でもトップにいる人には共通する考え・哲学を持っている。ゲームでも、芸人でも、学者でも、芸術家でも。

    努力とは継続が不可欠だが、思考を伴わない継続は時間の無駄である。

    日々繰り返す変化が成長となり、いつしか思いもよらぬ高みに届く。

    そのための日々、まさに一日一日を殊勲な心がけで費やすこと。
    才能よりも己の努力を信じられるような、そんな日々を積み重ねていくこと。

全45件中 1 - 10件を表示

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)を本棚に登録しているひと

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)はこんな電子書籍です

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)の新書

ツイートする