くろねこルーシー [DVD]

  • 98人登録
  • 3.08評価
    • (2)
    • (10)
    • (28)
    • (6)
    • (2)
  • 21レビュー
監督 : 亀井亨 
出演 : 塚地武雅  安めぐみ  大政絢  山本耕史  佐戸井けん太 
  • 竹書房 (2013年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4985914756334

くろねこルーシー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • くろねこ仔猫かわいい

    以上。

  • 塚地さんいいキャラ。
    猫がかわいい。
    猫飼ったら話しかけちゃうんだろうな。
    いつの間にか目を見て話せるようになったってところがすき。
    店員の大政さんがすてきでした!

  • 黒猫が好きな人は必見の作品。
    ルーもシーもルーシーも可愛すぎてたまらないです。
    ストーリーはありきたりかも知れないけど、黒猫ちゃんたちの動きに癒されまくった二時間弱でした。

    何で黒猫ってこんなに可愛いんだろう(*´∀`)♪

  • 子猫との暮らしをきっかけに、新たな一歩を踏み出す主人公を描いた人気TVドラマの劇場版。家族を大事に思っているものの、不器用な性格ゆえにうまく接することができない占い師・鴨志田賢は、ある日2匹の猫を保護する。お笑い芸人・塚地武雅主演。
    出演: 塚地武雅、安めぐみ、大政絢、濱田マリ
    制作年: 2012年
    収録時間: 107分

  • おとなしく抱かれたりバスケットに入っている黒猫ちゃんたちが可愛すぎ。
    この監督の映画やドラマはわりと見てますが、どれもほっこりしていて見終わった後前向きな気持ちになれます。

  • 「きっと大丈夫。猫もそう言ってます」
    初めて黒猫がメインの実写映画です。主人公役はドランクドラゴンの塚地さん。猫達の可愛さに癒され時々泣けるのでオススメです^_^

    宮崎大学 SKR

  • 【2012年 映画館鑑賞】

    ドラマ版は見てないですが楽しめました♪
    くろねこルーシーの親子が、めちゃめちゃ可愛くて癒されます♪ (^ ^)
    ルーシーの元飼い主に偶然居合わせシーンで言われた言葉には辛かった...(>_<)
    笑いあり涙あり、ほっこり心温まる映画です。

  • 平成ものですが昭和の哀愁ある感じがいいです。
    安めぐみさんが雰囲気ある妻を演じておられます。

  • 意外とよかった。塚地の哀愁具合はパない。

  • 黒猫親子を観ているだけで十分に楽しい。

  • 占い師のお話。
    迷信が大切なのではなく
    自分の直感
    気持ちを
    大切にしていきたい。
    くろねこ、
    かわいー!

    2013.7.22

  • 鴨志田賢は占い師になったが客は少なく、妻の幸子と息子の陽と別居してしまう。
    そんな鴨志田の前に、親猫から育児放棄された子猫ルーとシーが現れる。
    迷信を信じて子猫の世話を嫌がっていた鴨志田だが、くろねこ占いをはじめて客入りもよくなり、家族ともうまくいき始める。
    鴨志田の所にルーとシーの親猫ルーシーも現れ一緒に暮らし始めるが、ルーシーは誘拐されて懸賞金もかかっている事がわかり…。

    心がほっこりする映画だった。
    劇場公開初日にいったので、舞台挨拶がありました。
    撮影禁止って告知されたので、今時どーして!?って思ったけど、なんとルーとシー本猫さんが登場!
    ルーとシーはだいぶ大きくなってました。
    可愛かったなぁ(*´∀`*)

  • くろねこ、むっちゃかわいいー!!!
    猫って大概大人になるとかわいくなくなるイメージがあるけど、ルーシーすごいわ。

    お話としては、ほっこり系。日常の中の幸せ系。…のはずなんだけど、ほっこりしなかった。どうしてだろう、全体的に淡々としてたからか??浅い印象。深みが足りない。心に来ない。
    何か、猫かわいかったなーしか残ってない。

    塚地よりも、安めぐみが印象的だった。普段ほんわかおっとり系なのに、あんなお母さん役を演じられるんだなぁ。でも塚地とのバランスがいびつで、なんかおかしい。

    生瀬さんにルーシーを返さなかったのは、人によって賛否あるところだと思う。ルーシーを返すことで、結局家庭が壊れるなら、返さないのはひとつの正解なのだとも思うけど、そもそも人様のものだしね。難しい。私はそこがひっかかって、なんかしっくり来てない。。。

    そして余談ですが、生瀬さんを見るとどうしてもサラリーマンNEOを思い出してしまう…笑

    --

    お笑い芸人・塚地武雅が初主演で魅せる、心温まるファミリームービー。迷信を信じ、縁起を担いでばかりいる気の小さい占い師・鴨志田賢。妻の幸子と5歳の息子・陽と別居し、わびしい一人暮らしをしている彼の前にある日、ルーシーという黒猫が現れ、2匹の子猫を置き去りにする。イヤイヤ子猫の世話をするうちに、鴨志田の運勢は次第に上向きになり始めて…。

  • くろねこ、むっちゃかわいいー!!!
    猫って大概大人になるとかわいくなくなるイメージがあるけど、ルーシーすごいわ。

    お話としては、ほっこり系。日常の中の幸せ系。…のはずなんだけど、ほっこりしなかった。どうしてだろう、全体的に淡々としてたからか??浅い印象。深みが足りない。心に来ない。
    何か、猫かわいかったなーしか残ってない。

    塚地よりも、安めぐみが印象的だった。普段ほんわかおっとり系なのに、あんなお母さん役を演じられるんだなぁ。でも塚地とのバランスがいびつで、なんかおかしい。

    生瀬さんにルーシーを返さなかったのは、人によって賛否あるところだと思う。ルーシーを返すことで、結局家庭が壊れるなら、返さないのはひとつの正解なのだとも思うけど、そもそも人様のものだしね。難しい。私はそこがひっかかって、なんかしっくり来てない。。。

    そして余談ですが、生瀬さんを見るとどうしてもサラリーマンNEOを思い出してしまう…笑

    --

    お笑い芸人・塚地武雅が初主演で魅せる、心温まるファミリームービー。迷信を信じ、縁起を担いでばかりいる気の小さい占い師・鴨志田賢。妻の幸子と5歳の息子・陽と別居し、わびしい一人暮らしをしている彼の前にある日、ルーシーという黒猫が現れ、2匹の子猫を置き去りにする。イヤイヤ子猫の世話をするうちに、鴨志田の運勢は次第に上向きになり始めて…。

  • くろねこのルーとシーが殺人的に可愛い(笑)
    お話にはこだわらず、猫の可愛さを堪能する作品かな。

  • 「猫タクシー」とかぶっている感じ。
    消極的な人間が、猫と同期することにより、
    人生に生きがいがみつかる。

    向き不向きを乗り越えるのが猫かも。

  • 黒猫に惹かれて見たけど、あまりに単調なので途中でやめた。
    あー何もない映画をなぜ作る。。。

  • ショッピングセンターの一角に店を構える、ぱっとしない占い師、鴨志田(塚地)のお話。
    猫名演。猫好きにお勧めしたい映画。
    それ以外は、いまいち好きになれなかったなあ…。何も残らなかった。

  • ネコが好きな人にオススメしたい映画。
    猫を抱いて雨宿りしながら、「うちに来る?」って問いかけるシーンに、思わず涙ぐんだ。
    昭和の寂れた、ノスタルジーで味がある町並みも見所の一つだと思う。
    しかし、やっぱりネコは良い。

全21件中 1 - 21件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

くろねこルーシー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

くろねこルーシー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする