レ・ミゼラブル~サウンドトラック

  • 192人登録
  • 4.29評価
    • (33)
    • (21)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 44レビュー
アーティスト : サントラ  ラッセル・クロウ  エディ・レッドメイン  アマンダ・セイフライド  サマンサ・バークス  ヒュー・ジャックマン  アン・ハサウェイ  イザベル・アレン  サシャ・バロン・コーエン  アーロン・トヴェイト 
制作 : アラン・ブービル 
  • ユニバーサル インターナショナル (2012年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988005746863

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レ・ミゼラブル~サウンドトラックの感想・レビュー・書評

  • ↓映画のレビュー

    よかったです。人気があるのがわかる仕上がり。
    一言で言えば、「全部が見せ場」の映画でした。テンポがいいので目をこらしてないと細かいところをすぐ見逃す。

    以前リーアム・ニーソン版を観たけれど、その時はジャヴェールの投身自殺についてそこまでの衝撃はなかった。今回のを観ると、ジャヴェール人間臭い!と好感すら持った。結局バルジャンが一枚上手なのよね。

    そしてガブローシュ!ダニエル・ハトルストーン!一番の存在感でした。多勢に無勢で若者たちが勝てるはずがない、その時、士気を高めるかのように歌いだす彼。人が音楽に救われる瞬間も感じた。

    バルジャンのように屈強であるか、テナルディエのようにあっけらかんと媚び諂いを旨とするか、いつの世も生き抜いていける人の種類は決まっている。

    ラストは映像も音楽も感動的でハッピーエンドのようだけれど、タイトルは根本を裏切らない。私の中では幸せな人がひとりもいないお話。

    (20130308)

  • 映画を思い出せて、すっごい良かった。

  • 少しずつしか入ってないけど、聴くだけで映画の場面場面を思い出せるから余韻に浸りたい時に聴こう!

    特にon my ownとone day more とempty chairs at empty tables好き!
    民衆の歌もっと入れて欲しかった〜

  • DVD感想代わりにメモ

    見た後の満腹感ごちそうさまです ドラマも歌も見ごたえあってボリュームあって二時間半?以上?満足でございましたもっかいみたい 面白かったし泣いた ドラマの起伏も激しくてよいですね 個人的にはコゼット大きくなった3部?が動きがあって面白い

    マリウス素敵なイケメン・・周りの学生も素敵と思ったがやはりガブローシュに私の血が騒いで持ってかれた あのポジションおいしいしかわいいし馬車乗り込むシーン?なんてかっこいい そしてエポニーヌ素敵で泣ける!フォンテーヌも素敵だけど

    ジャンバルジャン聖者すぎて ジャベールこええええ でも彼は彼なりの正義なんだよな 宿屋の夫婦強力過ぎる件  しかしみんな歌良かったです下手がいないのでは 差はあったとしても

    歌がすべて生歌という凄さ やっぱり印象に残ったのはフォンテーヌとエポニーヌの歌に感情込もりまくってて聞くだけで泣ける ヒュージャックマン素敵 本当にほぼ全てのセリフに歌ついてて、全編ミュージカルってこういう意味か!

  • 文句無く★5
    ジャベール警部のソロが好きですね。
    「♪正しいのは彼(ジャン・バルジャン)か私か 正しいのは善か法か」という歌詞に心打たれました。バルジャン=「善」だと分かってるんだ・・・!と。
    分かっていても尚、「法」の下にしか生きられない。不器用だなあ警部・・・そんな貴方が大好きだー!

    余談ですがマリウスが『カラマーゾフの兄弟』の次男(市原隼人)に見えて仕方がありませんでしたw

  • 映画を見て、サントラ聞いて、また映画見てきました。それでももう一回見に行きたいと思える映画!!自分にはすごく相性のよかった映画だった。
    世間から見放された囚人が神父に助けられることによって生まれ変わる。信念をもって生きていこうと決めた囚人。しかし貧富の差が激しい時代。暗くて、悲しくてどうしようもないパリの街。その中で生きている人たち、革命を求める若者たち。囚人の信念を貫く生き様。それらを感情にのせた生歌で聞かせてくれる。これが台詞であると悲しく重い映画でしかなかったと思う。だからミュージカル映画にした監督は素晴らしいと思うし、役者も最高。本当に歌を聴くだけで涙がすーっと流れてくる。そんな映画に出会えて幸せ♥

  • 映画『レ・ミゼラブル』のサントラ。
    やっぱり素晴らしい!特にジャベール(*´ω`*)
    耳がしあわせ。

    ちょっと残念なところ:
    ・全曲収録でない。
    曲の終わりがフェイドアウト。いきなり別のシーンがはじまる。しょうがないといえばしょうがない。
    ・対訳がわかりにくい。しかも2曲ほど割愛。なぜ?

    それでもなお☆5。
    歌唱力、バックミュージックともに完璧だから。

    ジャベール(ラッセル・クロウ)を聴きたいがために 映画2回鑑賞、そしてサントラ購入。DVDも買う予定。
    "LOOK DOWN" の "No"なんてもう・・・・!
    誰か分かってくれるひとはいないだろうか。(*´Д`)

  • なんで「民衆の歌」がエピローグに、ほんの少しだけしかないの。これが聴きたかったのに。

  • 映画のサウンドトラックは映画を音楽で追体験するためにあると思うのだが、そういった意味では非常にフラストレーションがたまる1枚だ。
    どだい上映時間158分もあるの映画の音楽を1枚のCDに納めてしまうこと自体に無理があるのだが、それにしても「あのシーンのあの曲がまるまる入っていない」やら「なんでこんな割愛をするんだ」といった箇所が多すぎる。映画が非常に良い出来なだけに、これはとても残念。是非とも2枚組で完全版を出して欲しい。
    くやしいので、明日もういっぺん映画館へ観に行ってやる(笑)。

  • 「囚人の歌」から入り込んでしまった。「オン・マイ・オウン」では泣いた。英語がよく分からなくても心に訴えてくる。いいCDでした。

  • 曲を聴くだけで映画のシーンがよみがえる~!
    one day moreが大好きで何度も繰り返してしまいます。映画観た後にfinaleを聴くとあのシーンを思い出してグスッてなります…

  • 図書館にあったので借りました。
    かなりの曲がカットされているのが残念です。
    何故、ちゃんと民衆の歌が入っていないのか???
    凄く重要なのに・・・

    でも、いつも、ロンドン公演と日本公演の
    ミュージカルのCDを聞いているので
    内容は分かるのでいいのですが。

    ちゃんとしたサウンドトラックを聞きたい人は
    デラックスエディションの方が良いと思います。

  • 曲自体は映画が好きなら何の問題もありませんが、
    収録曲数が少ないです。

    特に、一番聴きたかった「民衆の歌」がエピローグの一部としてしか
    収録されていないのが☆が少ない直接の原因です。

    今から買うなら、デラックス版を迷わず購入する事をおすすめします。

  • 映画の感動を思い出されるような迫力のある音楽でした。
    やっぱりその中でも「民衆の歌」には圧倒されました!

  • 映画のまんま。すごくいい!
    ジャベールとコゼットの歌声が好き。
    10.STARS
    20.EPILOGUE

  • 映画館に二回足を運び(本当はもっと行きたかった)、頭に音楽が焼き付いていて、サントラを買わずにはいられませんでした。
    サントラではガブローシュの歌声がほとんど聴けないのがとても残念ですが、音楽と共に映画のシーンも思い起こされて、とても味わい深く拝聴しております。
    アンジョルラスの歌声が大好きです。
    エピローグでファンテーヌが出てくるところでもう必ずグッときます。コゼットの悲痛な「パパ!パパ!」という語りかけでもウウッとなります。
    そして最後は民衆の歌へ…涙が出ないはずがない。
    何度聴いても胸を打つ名曲たち。
    このミュージカルに出逢えて、そしてこのキャストで映画化されて本当に良かった!

  • これを聴いて、映画をもう一度観に行ったら、けっこうCDに収録されていない曲があるんだなーと思った。
    久しぶりにサントラCD買ったけど、これは買って良かったって思える。

  • 映画の方の感想。共感というよりは、ただ物語の荘厳さに心打たれ、感動した。「あぁ無情」という邦題もしめす通り、事実だけを汲み取れば悲劇でしかない物語であるが、死というものを悲観的に捉えず、むしろ礼讃しているような演出が素敵だった。

  • 映画館。DVDがないのでこちらで。重かったけどよかった。

  • 映画を観て購入。
    ダイジェスト版で全曲は入ってないので、ぜひ完全版を出してもらいたいです。

  • レ・ミゼラブルを観て感動しました!
    サントラも期待どうりでした^ ^

  • 映画鑑賞後、購入。

    ハイライトなのが欲求不満。
    「民衆の歌」聴きたい。

  • 備忘録に。映画。
    ・抜群! とはいいがたいまでも、きれいなダイジェストを歌とともに鑑賞できた。
    ・マリウスもコゼットもずいぶん都合がいい。
    ・やはりジャン・バルジャンとジャベールの(信念における)「闘い」がすばらしいのだ。
    ・エポニーヌつらい。
    ・テナルディエはぶれない。
    ・テレビドラマ版のエンディングとは異なる。

全44件中 1 - 25件を表示

レ・ミゼラブル~サウンドトラックに関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

レ・ミゼラブル~サウンドトラックを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

レ・ミゼラブル~サウンドトラックを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

レ・ミゼラブル~サウンドトラックを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

レ・ミゼラブル~サウンドトラックのMP3 ダウンロード

ツイートする