ヤング≒アダルト [DVD]

  • 218人登録
  • 3.02評価
    • (7)
    • (22)
    • (41)
    • (20)
    • (7)
  • 35レビュー
監督 : ジェイソン・ライトマン 
出演 : シャーリーズ・セロン  パットン・オズワルト  パトリック・ウィルソン  エリザベス・リーサー  コレット・ウォルフ 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113764292

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヤング≒アダルト [DVD]の感想・レビュー・書評

  • DVD

    共感は呼べるのかもしれないけれど、コメディを交えてTVドラマでやって欲しいなっていう内容。

  • シャーリーズ・セロンの怪演が光る名作。
    負け犬女の寂しさが、逆に胸を打つ。

  • 吾唯足るを知る
    知って現状維持が幸せなのか
    変わろうとすることが幸せなのか

  • マット可愛いよマット

  • 2011年公開
    監督 : ジェイソン・ライトマン
    ==

    37歳バツイチのライターが、出産祝いを送ってきたかつての彼氏に色めき立ち、帰省するお話し。

    痛い、ひたすらに痛いこじれたアラフォーのお話し。これがまたぶち抜けた美人のお話しだというのがホラー。主人公のこじれ感の描写がどれもよくできていて、あああああって感じになります。

    こんな人おんのか??というくらい描写は苛烈ですが、エッセンスは誰もが心の中に飼っているモンスターなんじゃないかなとも思う節あり。まっとうに老いるとはどういうことなのか考えるとともに、「まっとう」とか考えるからとらわれるような気もします。なるように運命を受け入れてその中で一番楽しいほうに行こうよっていうのと、過度な主人公願望は身を滅ぼすのであるという、ホラーですねこれはw

  • キャラクターに説得力を与えるシャーリーズ・セロンの美貌に脱帽。ほっこり路線ではないラストがイイ。軽めのラブコメと思いきや、二度目したくなる映画。

  • まるで自分を見ているよう。痛々しい。けど、反面教師として頑張ろう。それぞれ自分を肯定させるしか、人は生きられないと改めて思う。

  • 子供じみていてばかばかしいことを本気でやっている勘違いした中年女性。その痛々しい姿に自分を重ねながら観ていた。「I didn't want to heart you」この歌詞が彼女の本当に伝えたいことなのだと思う。「なぜ大切に想う人を傷つけてしまうのか。自分でもわからない。ただ受け入れてほしいだけ。愛して欲しいだけなのに。」近づくほどに相手を傷つけ、やがて孤立し、痛みを伴う寂しさに襲われる。そんな毎日でボロボロになった彼女の心が、同様の傷を負った同級生に抱擁され癒されていく。一夜を共にした翌朝、キッチンで顔を合わせた彼の妹に自らを投影し、歪な自分をあるがまま受け入れる。そして、成長した姿がメタファーで表現されている。ぶっ壊れた車は彼女自身の姿だ。壊れたままでヘンテコだけど、それがかっこいいと思えれば、それでいいんだ。「変でいい。変な私を受け入れ、愛していこう」これは肥大した自己愛に苦しむ現代っ子に向けた愛のメッセージである。

  • 都会でライターとして活躍するイケイケ美女のメイビス。
    でも実はヒステリック&独身彼氏無し&がざつな生活&仕事不景気というハリボテ美人。
    そんなメイビスはある日、地元に住む元カレからホームパーティーに招待される。
    元カレは別の女性と結婚して子どもが生まれていた。
    未練に駆り立てられ、元カレを誘惑し取り戻すべく、地元へ帰るが、はたしてうまく行く…はずもなく….という作品。

    妙齢女性の痛々しさを描いた作品というのは、数多くあるわけですが(特にSATC以降)
    この作品は、痛々しさのディティールが非常に細かくて、もうこれでもかという痛々しさのサービスなわけです。
    剥げたマニュキュアのアップとか、ブツブツだらけの顔にファンデを厚塗りしていく描写もさることながら
    最終的にはシャーリーズセロンによるなんともみっともないヌーブラ姿披露&よれよれキティちゃんTシャツ披露など
    もうおなかいっぱい。イタイっていうか、もうアッー!!っていう気分になりますよ女性なら。

    元カレと、その田舎善良妻の前で全力で逆ギレしちゃうという、残念ヒス女感極まるクライマックスシーンは
    アイタタすぎて、一時停止ボタン押しちゃいました。

    しかし!!!!
    それでも、ですよ。
    この主人公のように、どんなにプライドばかり高くて傲慢でイタくてやな女になっても
    感情のまま思ったこと欲しいものを正直に、時に安易にすぐ口にして行動して、周囲と衝突し、
    泣いたり怒ったり傷ついたり

    私も、してみたいです。
    欲しいものがあるというのは、善だと思います。
    だから私は、善良な女よりかは、イタい女を支持します。

  • いつまでもあの人は私のことが好きなはず!

    なんて思ってはいけませんー

  • 上から目線で見下してるつもりが逆にみんなから見下されて同情までされてました・・・という夜中に思い出してあああーってなりそうな痛い話。コメディ要素がないのでマジで痛いだけで笑えない。

  • レンタルDVD。

    ジェイソン・ライトマンの女の描写力がおそろしい。
    このアイタタなかんじ。
    ハイセンス。

  • 見てて痛々しかったです。上手い。

  • 10代の頃の自分が一番輝いていると思っている女性が、当時の彼氏を追いかける。過去に向かって走っても、現実は違うところにあるし、過去に未来はないって話。
    普通だったな。

  • 正直見てるのは辛かった。
    思ったよりガチで、ひたすら人の痛々しい姿を突きつけられるから。
    何度もやめようかと思ったw
    メイビスの残念ぶりは見ててイライラするし、何だコイツって思う。
    でも人がそう思う時って自分の嫌な部分を目の前でやられるからイライラするって話を聞いたことがあって、ということはこれを途中で止めるというのは、問題から目をそらすことになるのかなと思って最後まで見た。

    ここまでひどいのはすごいけど、決して他人事ではないのかな。気をつけないとこうなってしまうおそれは誰だってある。過去の栄光とか、妙な自信とか、ブランドやステータスへの執着とか。

    最後の妹の反応にちょっとビックリしたww諭されるどころかそう来るのかww

    二度と見たくないけど、悪くない。
    というか傲慢、自己中、過去の自慢、もてはやすことへの戒めとしてはいいんじゃないかw

    シャーリーズセロンはやっぱり美人だな

  • 今は売れない小説家。元カレから赤ちゃん産まれましたのハガキがきて、、自己チューで、邪魔しにいく。
    子供のころ、いじめられっこだった男の子、ボコボコにされて、びっこに、なってる。

  • 主人公の生き方、価値観に、いけないと思いながらも共感できるところが多かった…あのときの自分を客観的にみたらこんな感じか…と思い、いろいろ気づきが多かった…

    高級賃貸に都会好き、仕事はステータスになるものの一歩手前、ふしだらな生活、自意識過剰で不安定な自己。

    最後の、同級生の妹と主人公が話をする場面が最も良かった。
    思うに、この妹との会話は主人公にとってカウンセリングとなっている。
    妹との会話で自分の想いを代弁してもらい、自分とこの街の人とは生き方が違ったんだということを主人公に思い出させる。
    人との違いに気づく時、自分のアイデンティティーが出来る。

    自分は何か生き方が間違っていたのではないかと悩むが、自分はこう生きてきたのだと思い出す。そんな姿に気づきをもらう。

  • なんだかとってもリアルでもはや年を重ねることに恐しさしか感じません…誕生日前に見る映画ではない

  • 綺麗な女の嫌な顔ってそうとう嫌な顔だ。
    自立したいい女だって生きていくのは大変だ。
    頭もおかしくなるってもんよ。

  • ファッキンビッチはお前だwwwとか思ったけど
    ラストは潔くて結構すき。

  • 痛い。辛い。もっとコメディ路線かと思った。
    だけど過去の栄光に浸るのは誰にでも起こりうることだと思うし、この映画で描かれてることは目を背けられないと思う。

    きっとレビューで 観てらんないって言ってる人はあまりにも現実的すぎるからじゃ…?

  •  シャーリーズ・セロン演じるヒロインが、のっけからものすごく
    自己中で子供っぽすぎて、途中の命名パーティで元彼に
    言い寄るシーンでとうとうDVDを一時停止しちゃいました。
    もうあまりにもイタくて、哀れで観ちゃおれん!とばかりに。
    その後、少し時間を置いて意を決して鑑賞再開。
    最後まで、私には理解不能なヒロインの行動の数々。
    共感もできなければ、コメディとしてもイタすぎて笑えず。
    なんだったの・・・という感じだった。

  • アタシには。

    彼女がわかる。
    彼女が届いた!

    「がんばって欲しい」って言える。

  • 37歳でバツイチ、恋人もいない、執筆中のヤングアダルトシリーズは終了間近で新作の予定も決まっていない自称作家のゴーストライター、メイビス (シャーリーズ・セロン)は、うかない日々を過ごしていた。そんな中、高校時代の恋人バディ(パトリック・ウィルソン)の妻から子どもが生まれたという内容のメールが届く。バディとヨリを戻し青春時代の輝きを取り戻そうと考えた彼女は、故郷の町へ舞い戻るが……。(シネマトゥデイ)

    題名で、やばい・・へんなの借りちゃったかも・・と思ったけど違った(笑)。日本でいう‘ライトノベル(ラノベ)‘みたいな感じなのかな、メイビスの書いている小説。そして本人も。現在がぱっとしないと過去ばっかり追っちゃうんだよね、わかるわ~(^_^.) それにしてもバディのパトリック・ウィルソンはかっこよかった。ケビン・コスナー風。シャーリーズ・セロンは美しい!アップになると見とれちゃいます♪お顔もお体も♪ステキでした。

全35件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ヤング≒アダルト [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ヤング≒アダルト [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ヤング≒アダルト [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする