ドラマCD 滴る牡丹に愛~レオパード白書 3~

  • 23人登録
  • 3.92評価
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
アーティスト : 武内健、一条和矢、黒田崇矢、鈴木達央/扇ゆずは 
  • グランビー・新書館 (2012年発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4560219322721

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ドラマCD 滴る牡丹に愛~レオパード白書 3~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (聖鴉門) 一条和矢×武内健 (吉原雛胡)

  • 武内さん、なんでこんなドス聞かせた様なやくざ風の低音演技なんだろう…前作までに脇役で出てきた時は気にならなかったのに。普通に落ち着いた演技をするだけで十分、雛胡にぴったりな美人声なのに、残念。

  • ネイティブ関西弁の一条さんを堪能できるCD!
    ブックレットの著者コメント「鴉門はこんなにおおらかで
    度量の大きい男だったのかと驚いてしまいました。
    キャラの魅力を一条さんのお力で補完していただき
    ました」に思わず納得で★5つ。
    郡司役の黒田さんも渋いトーンで軽妙なキャラ、
    低めヴォイスの武内(雛胡)さんも相性よく、
    耳に良い声祭りを楽しめる一枚になっています♪

  • さすが、神戸出身の一条さん、関西弁に違和感なし!!
    漢らしい武内さんの受けもオススメ。
    黒田さんのおちゃめな893もいい味。
    シリーズで、一番好き♪

  • 扇ゆずは原作。
    原作既読。

    攻め・聖鴉門: 一条和矢
    受け・吉原雛胡:武内健

    体液恐怖症の雛胡の顧客(ヤクザ)が亡くなり、遺産相続をされる書類が残っていたことで、狙われることになった雛胡。
    それで雛胡乃前に現れた鴉門は、、、。


    関西弁の鴉門は一条さんがいいと思っていたのでこのキャスティングには心躍りました。ナチュラルな関西弁、ヤクザなんだけどインテリだからただドスが効いているだけじゃない、それを一条さんが好演。私的にはもう少し低めが好きなんだけど、この役にはこれでいいのかも。
    対して、雛胡の武内さん。
    んー、残念ながら低すぎる。もう少し高めの(というか、普通の)声の方がずっと美人度が上がるのに。もともとツンキャラなんだからこんなに低くしちゃダメでしょ。もう、ホント残念。
    郡司の黒田さんがあの声なのに優しい響きの声で無茶苦茶素敵でした。
    難を言えば、一条さんより重みがありすぎて主張が強かった気がします。
    脇に黒田さんって存在感がありすぎてキャスティングに大変かも。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする