夢売るふたり [DVD]

  • 850人登録
  • 3.39評価
    • (41)
    • (137)
    • (166)
    • (39)
    • (13)
  • 175レビュー
監督 : 西川美和 
出演 : 松たか子  阿部サダヲ  田中麗奈 
  • バンダイビジュアル (2013年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569644763

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夢売るふたり [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上映期間中、見逃しましたし。。

    阿部サダヲ×松たか子×結婚詐欺。
    もうそりゃぁ怖い。松たか子怖い。

    妻って怖いなーとしみじみ。。
    旦那って詰めが甘いなぁとしみじみ。
    女の業と男の業を見せつけられる映画でした。

    オチはちょっと納得いかないけどねぇ、、、

  • 私的日本三大期待してる監督一人。今回も裏切らず。アイドル旦那、プロデューサー嫁の愛憎劇。少なくない登場人物個々が印象深い。監督の演出力、役者裏方から受ける愛され力に脱帽。心の襞を舐めて愛撫する姿が浮かぶ官能性にメロメロ。親と観るな。

    松たか子みたいな女性に支えてもらって旦那は幸せだなぁ、なんて全然思えない。怖い。怖すぎます。一途さのあまり、アメとムチならぬ、奉仕と処罰。旦那もよく頑張ったよ。

    旦那がわりと男気があるんだけど、どうも空回りしてしまっている。いるんだね、こういう男。世のモテる男は必ずしもイケメンじゃなくてもいいってことだ。目よりも心で恋をする。

    優しさにクラクラしてしまう女の弱き心をしっかりとつかみとるのはやはり女だったか。

  • 嫁が狡猾に見えるようでいて、
    心の奥底にある大切な何かを着実に削っていき、
    しかもそのことに気がついておらず、
    密やかに渇望しているその女の生々しさ。

    旦那がアホな正直者であるように見えて、
    実は無意識で確信犯的な卑怯者にも映り、
    良心というよりは単純な本能に従っているだけで、
    本当に傷つけて裏切り騙しているのは妻であるという、
    重大なことに気がついていない、愚かさ。

    そうして騙される女たちの、
    孤独、疎外感、恥じらい、
    それを上回る欲望と、
    幻想にしがみつく姿。

    誰にも罪はなく、
    誰しもが罪人だ。

  • 東京の片隅で小料理屋を営む貫也とその妻里子。
    二人が懸命に働いてようやく手に入れたその店は調理
    場からの出火が原因で全焼してしまう。
    一からやり直そうとする里子に対しすっかり投げやり
    になってしまった貫也だった、
    夫の浮気に気づいた里子は彼を使って結婚詐欺師をす
    ることを思いつく。
    こうして2人は孤独な女を相手に巧みな原因詐欺を繰
    り返し店を再開するための資金集めを始める。
    ふとした運命のいたずらから2人で結婚詐欺を始めた
    夫婦の姿を通して男と女の単純には割りきれない愛憎
    と欲望を描いたヒューマンドラマです。

  • 西川美和大好きですが、これは痛い、虚しい、さみしい、つらい、えぐい、息苦しい、生々しい、人間臭いが強くて見るのが辛いです。そんなところが好きとはいえ。

    いつもラストカットが非常に心に残るのですが、今回はにやっとせず、思わず叫びました。これで終わってしまうのか、と。ゆれるは分からないのが良かったけど今回は全くわからない。

    松たかこが秀逸。タイトルが秀逸。
    二人は夢を売ってる、そして金をもらってる。でも二人の夢は何なのか。最初は同じはずだったのに、段々ずれてくる。夢のためにやってるのか、手段が目的になってるのか。
    かんちゃんは里子を後ろに乗せてたのに別の人を乗せはじめる。見送りを期待するときにすれ違い。そのずれがさみしくて空しくて。たしかに結婚詐欺は腹いせなんでしょう。本心を見せない妻。自分の手のひらで夫を転がしてたけど、それも空しくなってくる。最後の顔も引き金を引いた女性との挨拶も、何を考えているのかよく分からない。

    夢ってそれだけで価値を持っている。結婚に夢をもっていても結婚している人からすれば、大したことない。特別な何かをもちたい人も持ってる人からすれば普通でいたい。「私はモンスターじゃない」。寂しいから他人の愛情がほしい。でもただ単に寄り添ってるだけじゃ、自分の人生を歩めなくて空しくなる。そのループ。
    冒頭に戻るけど、さみしさ、むなしさ、つらさが人の人生の数だけあって、それを集めた映画だ。だから生々しいし、人間臭い。そうか、段々里子は感情をあまり出さなくなるから怖いんだな。でも自慰行為や生理等松たか子一人のシーンは妙に生々しい人間臭い。絶妙です。

    「自分の足で人生を作らないと人生は卑怯になる」、「誰かに幸せにしてもらうんじゃなくて、自分で自分の人生の落とし前をつける」

  • 西川美和監督の作品は毎回衝撃を受ける。

    松たか子の演技力のすごさ。
    なんでもない風を装いながらも、ものすごくしたたかで、ものすごく執念深い女の人の心を演じているあの感じ。誰でも少なからず持ち合わせている感情だと思う。

    愛って偉大だしすごいパワーのあるものだけど、その分、壊れやすいものなんだな、って。こわしちゃってるのは誰でもない自分たちなんだな、って。

    お友達の役者さんも出ていて、普段の彼とはあまりにかけ離れていたチンピラっぷりがツボって思わず観終わった後にメールしたw
    肩で風切る感じが最高だったよw

  • 女性のしたたかさ、奥深さが根強くて、それでも結局どういう生き物なのかわからなくなる。
    結局わかったことは、目に映ったもの、体験しているものを信じ切ってはいけない。侮ってはいけない。騙しているつもりでも気が付いたら立場が逆転している。

    人が人と関わって関係が深くなると、心が開いて、ゆっくりとゆっくりと
    守っていた信念という鎧が外れていって、ボロボロになっていく姿が
    怖かった。

    だけど、女性が駄目な男と付き合っているのは、
    優越感に浸りたいとか、手玉に取りたいとか、
    そういう黒い感情じゃなくて、
    もっと優しい感情なんだろうなって思いました。

    わからん。

  • なかなか鋭いというか痛いとこついてくる映画だと思った。

    自分の足で道を作らないと卑怯なことになるわよ…

    あぁつらい。私の人生なかなか頑張ってきたけど、親に乗っかって、彼氏に乗っかって、旦那に乗っかって、子供に乗っかって…乗っかっる相手を乗り換えて生きてるんじゃないかと正直思う。

    松たかこすごい。他の作品もみてみたい。

  • 何も予備知識なしで観た。

    良かったな~~笑えたし
    引き込まれたし考えさせられた。
    夢を売るふたりってそういう事か。
    女は怖い(笑)

    阿部サダヲがモテる役に違和感ないし
    やっぱ演出と演技力は大きいね~

    松たか子
    何演じても松たか子なんだけど
    それでも演技が凄いと思わせる
    これはある意味本当に演技力があるって
    そういう事なんだと思うな。

    いや~良い映画に出会った(^^)/

    前日にバードマン観たんだけど
    夢得るふたり方が奥深いで(笑)

  • 結婚詐欺をする夫婦の物語です。
    サダヲちゃんが出てるので観ました。
    旦那の浮気に気付きお金を燃やした奥さんが金のために旦那に結婚詐欺をさせるってのはちょっとどうなの?と思いつつ。
    旦那が本気になっちゃうかもしれないって不安になると思うんだけどな。
    また騙される女の人たちもいい人多くて。
    「よく騙せるよなー。情が移らないのかな?」と思いながら見てた。
    結果ハッピーエンドになるわけもなく。
    まぁ女の方がしたたかだっていう話かな(笑)
    あと結構、松さん身体張ってましたよ。
    自慰とかトイレシーンとか半ケツとかナプキン装着とか。

全175件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

夢売るふたり [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

夢売るふたり [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする