ロスト・シンボル(中) (角川文庫) [Kindle]

  • 91人登録
  • 3.61評価
    • (4)
    • (13)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 越前 敏弥 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2012年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (318ページ)

ロスト・シンボル(中) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • フリーメイソンの秘密に迫るラングドン教授、彼を追うCIA、事件を起こした男、事件の発端となる過去の出来事など、場面が次々と切り替わるというのはいつものパターンだけど、相変わらずのもったいぶった区切り方は巧妙。次の展開が気になる。

    今作のちょっと残念なところは女性陣。ヒロインは聡明活発に描かれているけど、50歳のおばちゃんなんだよね。ラングドンを執拗に追うCIAの局長も女性だけど60過ぎ、70近い?おばあちゃんだ。なんかね。
    だけど50歳の女性ってどんな感じかと思って調べてみたら、真矢みきさんとか高島礼子さん、YOUさんあたりが該当。サンドラ=ブロックさんもそうかあ。そう思うと悪くないかなあ。でも微妙だな。

  • 『ダヴィンチ コード』のように好評ではないこの本ですが、私はそれでも楽しんで読んでますぅー。

    GoogleでWashington National Cathedral と Cathedral Schoolの写真をみながら読むと、ほんと最高です。
    DCに行ってる気分に浸りながら、ミステリーを堪能。
    ラングドンやギャロウェイ首席司祭の話も、退屈じゃなく興味深い。

    中巻は、マラークが控えめで大人しかったので、下巻でどうCrazyになるのか楽しみだなー。

  • フリーメイソンの暗号を解く話の中巻。
    細かい区切りと理解しやすい日本語訳でとても読みやすい。ただし、上巻同様に本当に進みが遅い。ようやく暗号が解けた。

  • まさしく手の込んだ箱根寄木細工の秘密箱。わくわくが高まる。そしてこの上なく残忍で不気味な敵。犠牲者が死ぬところ、わざと視点を寄せるところがダン・ブラウンさんいじわる(>_<)

  • さっさと読めた。

  • いよいよ核心に近づいてきた.感想は下巻で.

  • さすがです。やっぱり面白い。でも個人的に天使と悪魔やダヴィンチコードより一歩後退しています。単に好みの問題だと思う。マラークがいい感じに気持ち悪い。サトウが怖い。下巻も読んできます。

  • 「ロスト・シンボル」(ダン・ブラウン :越前 敏弥 訳)をKindleで読んだ。この方の作品を読むのは久しぶりだな。「天使と悪魔」がつまらなかったので遠ざかってましたが、これは面白かったな。

  •  ラングドン・シリーズ最新作、第三弾。
     中巻ではピラミッドの謎を解明していく内容となっています。
     正直、予想通りの展開(ラングドン先生がいつもの通り追われる)になってしまったのが少々苦笑いものですが、宗教や歴史、象徴学の奔流は相変わらずで、知的好奇心のある人にとっては是非ともオススメな本です。

  • このシリーズで1番現実味がない。特ににサトウさん。科学もだけど。

  • ロスト・シンボル(中)<ロスト・シンボル>

全12件中 1 - 12件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ロスト・シンボル(中) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロスト・シンボル(中) (角川文庫)の文庫

ロスト・シンボル(中) (角川文庫)のAudible版

ツイートする