なるたる(1) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 35人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鬼頭莫宏
  • 講談社 (1998年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (220ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

なるたる(1) (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 星が、その子を導く――。今年小学校6年生の玉依(たまい)シイナが島で出会った、人の認識外のモノたち・乙姫、成竜、そしてホシ丸。シイナの日常が今、ゆっくりと、しかし確実に変わりだす。少年少女が織り成す、地球的スケールの物語が始まった!!

  • Kindle無料版にて。
    同僚が鬱気分になれるのでよいと教えてくれたので、無料なので読んでみる。
    まあぼくらのの作者だからなんとなく想像できるけど。
    しかし1巻では残念ながらまったく鬱気分にはなれない。
    しかも全然話がわからない。
    もう数巻読まないとダメかー。
    コレだけだったら続きは読まないんだけどね。
    しかし鬱気分になれるならと先が気になるんだよね。
    さてどうしようかなー。

  • このクソみたいな世の中なんかほろんじまえというメッセージが込められた話。


    個人的に『新世紀エヴァンゲリオン』だなと感じたwなんというか、見せ方や出てくる言葉がすげぇエヴァっぽいと感じた。エヴァは楽しく見れたけど、これはあまり楽しくは見れなかった。


    子供が人を殺したり殺されたり、犯したり犯されたりするので、マンガの内容は普通に見ると結構衝撃的っぽいが、個人的にはそれほどでもなかった。というか、超しょぼいと思ってしまった。この人はなぜこんなにも少年少女を描くのか普通に疑問に思ってしまうな。やっぱり、大人がやるとしょぼい話に見えちゃうからだろうか。多分子供がメインで描かれてなかったらそれほど見るところない感じだからな。子供の方が大人より純粋だからストーリにしやすいんかね。作者がそっち嗜好なのか、鬱展開の方が話題になりやすいからか。


    エンディングが超救いようのない話なのがすげぇよかったかな。もっともっと絶望的な感じの方が作品全体の雰囲気に合ってるくらいだ。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

なるたる(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なるたる(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なるたる(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なるたる(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

なるたる(1) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

なるたる(1) (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする