ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]

  • 78人登録
  • 2.90評価
    • (4)
    • (3)
    • (17)
    • (15)
    • (0)
  • 11レビュー
監督 : ゲイリー・ロス 
出演 : ジェニファー・ローレンス  ジョシュ・ハッチャーソン  リアム・ヘムズワース  ウディ・ハレルソン  レニー・クラヴィッツ 
  • 角川書店 (2013年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111143174

ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 評判悪かったので覚悟はしてた

  • かつて国家に反乱を起こした12の土地の若者が、みせしめ的な目的で殺し合いのゲームに参加させられる映画。それぞれのシーンは確かにかっこいいんだけど、全体的な気持ちとかの辻褄があっていないので、展開がかなり唐突に思えた。双六をやってるような。きっちり心理描写したらもっと面白くなりそうだが、ゲームの始まりから24人の選手の全てを描いたらこうなるのかな?

  • ストーリー:富裕層によって支配され、パネムという名の独裁国家と化したアメリカ。そこで民衆の絶大な支持と人気を集めているのが、各地区から選出された12歳から18歳までの男女が森の中で殺し合い、生き残った者に巨額の賞金が渡されるという殺人サバイバル「ハンガー・ゲーム」だった。まだ幼い妹がプレイヤーに選ばれてしまったカットニス(ジェニファー・ローレンス)は、彼女の代わりにゲームに出場することを決意。家族を養うための狩猟で鍛えた弓矢の腕と持って生まれた鋭い勘を生かし、強豪プレイヤーを打ち倒していくが……。

     シネマトゥディ http://booklog.jp/edit/1/B00A2PNE60

    ----------------------------------------

    主人公の女の子が、もうちょっと表情豊かでかわいかったらなぁ。。
    前半長すぎ。
    未来都市のファッションセンスが抜群によかった。
    続編にも期待。

  • スプラッター系とか好きじゃない私にとっては観たい願望も無かった映画だったが、流れでみたら以外にいけました。
    ドンドン殺し殺されるスプラッターが好きな人には逆に物足りないかもしれませんが、普通の仮想現実物としてはまぁまぁ行けるかな…

    シリーズ化らしいので、第二、第三観ないとなんとも言えませんが…

  • 米国版「バトル・ロワイアル」という印象で観たものの、実際は「バトル・ランナー」に近い。

    細かい不満点を上げるとキリがないが、そもそも12~18歳の男女が無作為に選ばれ、最後の一人になるまで戦うという設定に無理がある。
    体力勝負のゲームなのに、最悪18歳男子に12歳女子が挑む構図になるわけで、勝ち目があるはずがない。
    これは妹をかばう主人公ありきの設定な気がする(妹をかばって志願するシーンのあっさりさには驚いた)。
    ハンガー・ゲームはショーなので、個別スポンサーが付くとゲーム中に色々サポートしてくれるというのは面白いアイディアだったので、子供はスポンサーがつきやすいから体力的なハンデが埋められるなどの設定はできたのでは?
    実際は傷ついたカットニスに薬を送る程度の描写しか出てこないだけでなく、そもそもスポンサーになりそうなキャピタルの視聴者の姿が殆ど描かれていないのは問題だと思う。

    最大の問題は142分という長尺でありながら、主人公を含めて全然キャラクターが描けていないことで、参加者でさえ名前も出てこないキャラクターばかりだから、ゲーム中に死亡しても単なるエキストラに過ぎず、「あいつが!?」みたいなことには当然ならない。
    ピータは元より、せめてケイトーやルーとは訓練所の段階からもっとドラマを構築するべきだったと思う。
    ゲーム内の振る舞いも単なるアクションに終始していて退屈だったので、ケイトーたちのグループも「バトル・ロワイアル」のように囚人のジレンマ的な争いが起きる等して展開に工夫が欲しかった。

    脇を固めたウディ・ハレルソン、レニー・クラヴィッツ、スタンリー・トゥッチ、ドナルド・サザーランドらはさすがの存在感。

  • イマイチだった。予告では面白そうだったのに残念だ。バトル・ロワイヤルの二番煎じとかいう突っ込み抜きにしても、至る所がぬるい出来で正直期待はずれ。今話題のジェニファー・ローレンス主演じゃなけりゃ観てられんかったなー。

  • ★x3.5。 終わり方がなんだか続きそうな…と思ったら、3部作予定作品なんですね、知らずに観たので少しラストで肩透かしを食らった感じです。

  • ハリウッド版バトルロワイヤル。少年少女が殺し合う設定の割には、あまりハードな描写はないので、そういうのが苦手な人でも観れると思います。主人公じゃない少年少女のキャラクター設定が、典型的な敵役みたいな感じなので、もうちょっと丁寧に描くと設定の悲惨さや悲壮感が伝わるような。

  • 何でもありで意外と面白かった。殺し合いだけどスプラッタじゃないので不快感はあまりない。大人たちも味のある人ばかりで良い。子供がたくさんでてくるけど名前とか顔とか覚える必要ないので見るのも楽。

  • ありがちなストーリーだが、女性を主役にしたのが成功ポイント、女優も最高だった。イケメンが故郷で待っていて、いけてない男と疑似恋愛タッグ、という構造も新鮮。ナイスでした。

  • 話題になっていた割に全く面白くない。
    主人公以外の登場人物に悲壮感がなく、状況と行動と感情の組み合わせが不自然極まりない。

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする