惑星ソラリス HDマスター [DVD]

  • 175人登録
  • 3.75評価
    • (19)
    • (26)
    • (20)
    • (4)
    • (3)
  • 27レビュー
監督 : アンドレイ・タルコフスキー 
出演 : ナタリア・ボンダルチュク  ドナータス・バニオニス  ユーリー・ヤルヴェト  アナトーリー・ソロニーツィン  ウラジスラフ・ドヴォルジェツキー 
  • IVC,Ltd.(VC)(D) (2013年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933672240657

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

惑星ソラリス HDマスター [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ~☆~★~1972年の ソ連製のSF映画~★~☆~

    本当のこというとなんだかよく解らないんだけど大好き。

    なんなんだろこの奇妙な魅力は・・・説明も出来ない。

    有機質の広大な海に覆われた謎の惑星ソラリスは
    どうやら高度な思考能力を持つ知的生命体らしい、

    惑星ソラリスを調査して帰還した宇宙飛行士が
    3メートルの赤ちゃんを見たと言いだす。

    一方、ソラリス観測宇宙ステーションでは、
    3人の科学者達が異常をきたしているらしいと。

    そこで、心理学者のクリスが宇宙ステーションへ
    乗り込むと大変な事になっていた。

    科学者の1人は自殺していて残る2人は各自、引き籠っている。

    船内には鈴を身に付けた少女が幽霊のようにうろついている・・・
    チリ~ン~チリ~ンって怖いんです。

    するとクリスの目前には10年前に自殺した妻ハリーが表れ出す。

    この死んだはずのハリーは、一体何者だぁ?
    クリスは理解に苦しむ。

    そこで、ハリーをロケットに閉じ込めて宇宙へ
    打ち上げてみるが戻ってくる

    毒を飲んでも死なないのだ。

    どうやらクリスの脳内のハリーをソラリスが
    映し出しているんじゃないか?

    ってことは、妄想再生実現の惑星かぁ?

    ま、好きに解釈してって感じでしょうか。

    日本の首都高速を上手に撮っていましたが、
    運転していたのはソ連の元宇宙飛行士だったので、
    亡命でもするのか?と思っちゃいました。

    不思議満載

  • その惑星へ
    私は行ってみたい

    がしかし、やはり行きたくない

    なくしてしまった想いがあまりにも強いと
    彼のようになってしまう

    想いは 思い出のままに

  • これが『惑星ソラリス』か。

    先日見た「インターステラー」の効果でしょうか
    何となく今かな、と思って「惑星ソラリス」を見て見ました。

    この映画がタルコフスキー監督作品ということで
    今まで見るタイミングを計っていました。
    今、見た直後なのですがちょっと言葉が出ないです。
    打ちのめされた感があります。

    この映画はこの悠々としたテンポで、3時間近い時間をかけて
    見る側に押し寄せる必要があったのだろうなぁ。

    淡々とではありますが、絶え間なく押し寄せてくる
    映像化された形而上的テーマの波は次第に
    「理解」という域を超えて最後には「体験」という感じでした。

    ソラリス体験。

    神の仕業のような人知を超えた不思議な現象を
    目の当たりにしたとき、どのように咀嚼し進むのか

    ロシアが誇るアンドレイ・タルコフスキー監督の
    重厚な映像文学を堪能いたしました。

    正直、咀嚼できた気は全くしませんけれど
    言わんとすることがあちこちに練りこまれた感が
    たまらなくてずっとワクワクしていました。

  • 东京的首都高速公路。X光。2015/6/6付けmonday日経[小説で読みたい名作SF]薦。小説で読めばよかった・・最後は「猿の惑星」的な。

  • えらい哲学的な映画だったとおもう。作る人の意図なんて私にはわからないけど。
     心理学者の主人公がソラリスって惑星に行ったら
    昔自分が見捨てたあとに自殺した精神病の奥さんが出てきたって話。
     ソラリスの奥さんは本人ではなく、主人公の記憶を元に創られているっていうのがすごい設定だなあ。
    主人公を刺激するのは奥さんを見捨てて死なせた罪悪感だけど、ソラリスの奥さんは本当の奥さんじゃない。
    自分の意思があって、自分は誰だと自問する…ように見えるけど、でも結局意思があるわけじゃなくて、主人公の心を映しているだけ。
     奥さんの中にあるのは主人公の人間としての倫理であり、主人公には罪悪感とその罪を消したいっていうエゴだけが残っている。
     ジバリアンのいっていたのがたぶん正解なのかなあ。
    誰が人間で誰が妄想かわからない。人間が死んだら妄想が消えるかとおもったけど消えなかった。
    ソラリスに目的なんかない。答えもない。妄想を捨てて帰ることを選択しろと。
     ならこのジバリアンは誰の妄想?一人に一つの妄想ではないことはたしか。だって主人公はいっかい奥さんを放り出したのだから。
     妄想は妄想しないのかな?スノーの妄想がスノーを殺して成り代わっているのはたぶんそのまま。
    ゴードンは最後まで自分の妄想がなんなのか言わなかったけど、なんだったんだろう。狂っていく主人公の対比としてうまく機能してたけど、やっぱり彼女も妄想にとりつかれてるのが面白かった。
     奥さんの堕胎をきっかけとして、主人公は奥さんを見捨てた。さいごに主人公は地球にいるはずのジバリアンの息子の手を握って意識を失う。
     もしかしたら、ぜんぶ堕胎した赤ちゃんの妄想じゃない?とドグラマグラ的に発想してみる。
     最後の奥さんの独白は切ないなあ…。ほんとうに奥さんは妄想に過ぎないのか?だって人形は自分が人形であることを疑ったりしない。もしかしたら、主人公こそが妄想であり、奥さんは人間なのでは、とか途中は思っていた。でも最後のオチ見てやっぱり妄想だと思った。 

    妄想妄想かいてたら、バロック思い出したわ。あの狂った世界観がたまらん。

  • ラストに驚愕!!これは私たちの姿じゃないだろうか?宇宙エネルギーの愛の海から生まれ、意志の力を照射することで物質へと変化する、この宇宙のありさまじゃないのか?

    私たちはこの物質的な宇宙で生きていると思っているが、実際の所はあのラストの映像が示すように、自分の表層意識内だけの小さな孤島の中で鬱々と生活しているに過ぎないのかもしれない。人間の脳の大部分は眠っている間にしか使われないのだから。

    世界の実相は愛に満ちたソラリスの無限の海、仏教で言う所の『空』なのでは?

    非常に量子力学的で東洋思想に通ずるものを感じる。

  • 1972年。旧ソ連時代。40年前。
    SFといえば、日本では円谷を思いますが、そんなトリックや驚くような特撮はありません。
    しかも・・・冗長なのはロシア文学に似ている。
    よほどのヒマがなければ、継続して観るのは困難。
    心理劇であり、哲学であり、何か鬱積したもの、屈折したのものを共産圏の中から叫ぼうとしているかのよう。

  • クリスの死んだ妻ハリー 惑星ソラリスの海に放射線 無重力 有機体 図書室に来てくれたまえ ロケット 自殺 復活 液体酸素を飲んだ発作的にね 科学の問題を恋愛問題にすり替えるな この手の蘇生 52 ドルトフスキーじゃあるまいし トルストイ 腕に毒物の注射 母親に腕を洗ってもらう 家の中で雨に打たれる父親 バッハのコラール 1972ロシア映画 ストーカー 人はいずれ死ぬものだ 非人間的 感情的になられると困る 彼女のイメージが物質化したものさ 強いX線 記憶の一部を選び物質化 動揺 研究の継続の不可 木の葉の音

  • 人類による未知の水の惑星ソラリスの調査は
    海に浮かぶ4mの赤ん坊を目撃したと言う調査隊の証言の後、
    行き詰まっていた。
    調査を継続するか、中止するか判断を任されたクリスはソラリス・ステーションへ向かう。
    2人しか学者の残っていないステーションで、クリスの部屋に亡くなった妻ハリーが現れるのだった。

    故郷の家近辺とステーション内の場面がほとんどだが、充分SFしていて面白かった。
    キリスト教的なモチーフもたくさん出てきて、
    ソラリス・ステーションが到着する時に十字架の光を放ったり、ヒロシマや日本が出てくるのは、人類の良心を問うているんだろう。
    水の使われ方は生命の源の意味だろうけど、馬の意味はなんだろう?

  • 30年位前に見て、大好きで、何度も劇場に通って見た作品。「ストーカー」と二本立てだとどちらかしか二回見られなかった。朝劇場に入って、3本見たら夜だった。そんな思い出のある作品を気軽にDVDで見ることに抵抗があったのだが、DVD化されたらそうそう劇場で上映されることもないだろうと、意を決して見たら、リマスターされて鮮やかで驚いた。フィルムで見たときはもっとくすんだ色合いだったのが、赤や黄色もくっきりと、ブリューゲルの絵もはっきりと隅々まで見える。本当はこういう映像だったのかと軽いショックを受ける。
    タルコフスキーの映画は眠くなるというのが当時から定評だったけど、どこが?という位ムダのない映像(耳毛のアップ除く)と構成。若いときはあまり感じなかったけど、ハリーが蘇生するシーンはかなりエロティック。
    SFとはいうものの、タルコフスキーが描きたいのはもちろんSFそのものではないから、特殊効果やセットは多くないが、それでも「ストーカー」よりは多く、それ自体はやはりちょっと古い感じはする。
    前半の実家の映像が美しく素晴らしい。行ったことがないのに、ああここに帰りたいと切なくなる。
    この静けさ、(これ見よがしでない)切なさ、美しさ、バッハのコラール以外は音楽もなく、観客の感情を煽るようなことはしない。若いとき繰り返し見たものが今の自分の「好き」の基準になっているなあ、と確認できた。
    タルコフスキー好きだ!「ストーカー」も見なくちゃ!

全27件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

惑星ソラリス HDマスター [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

惑星ソラリス HDマスター [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

惑星ソラリス HDマスター [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする