COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 01月号 [雑誌]

  • 258人登録
  • 3.81評価
    • (17)
    • (43)
    • (28)
    • (3)
    • (0)
  • 26レビュー
  • 講談社 (2012年11月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132230137

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 01月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めてこの雑誌を始めから最後まで隅々と読んでしまいました。
    それほど時間があったということだけなのですが。

    内容に関しては、第1特集が「世界から仕事が消える」、第2特集は「ハーバードへ1日留学しよう」となっている。
    どちらも非常に刺激的な内容で面白い。
    特にハーバードについては、有名教授陣5名が非常に知的興奮を満たしてくれるような講義を展開している。個人的には生物科学の教授の講義が忘れられない。

  • ニャンでも比較文化論が秀逸すぎる。

    クーリエは、本当に素晴らしい雑誌だとつくづく思う。
    世界で起きている面白い事象を自分が一番読みやすい日本語に訳してまとめてくれる効率も良いが、グローバルな視点で特集を組むことによって、この日本にいることにより内向きになりがちな視点を引っ張り上げてくれる。
    特集の内容も面白い。

    今回の仕事が消えるはかなり最高だった。こんな記事を書いても、リクルートスーツを着た就活生の95%は何とか銀行に入りたいです!安定第一!とか言うのだろうし、サラリーマンは俺とは関係ないとか思うんだろうな。
    ほんと一回デフォルトして、阿鼻叫喚になって欲しい。固定財産を持たない若者は何も失わないし、富の再分配がされて良い感じになると思うよほんと。

  • 病院の待合室で読むことが多いcourrier。
    いつもドキっとさせられる、総力特集。
    新連載が始まっていて、ますますおもしろい。


    ハーバードの1日留学が、意外とよかった。

    都市は害悪ばかりが目につくが、経済学の視点だと
    「頭のいい才覚に溢れた人たちと付き合うことで、私たちもそうなる
    これこそ都市の機能なのです。」

    読むたびにHatch your nest-egg. と言われてる気持ちになる、良い雑誌。

  • テクロノロジーと仕事との関係についての特集。
    東洋経済2013年3/2号(http://booklog.jp/item/1/B00BFEURMQ)よりも、内容が濃くて面白い。特にバクスターについての解説は詳しく書かれている。

    後半のハーバード大学1日留学企画も面白いのでオススメ。特に社会学の「幸せは自分だけでは決まらない」という話と、人類生物学の「火による料理が人類を進化させた」という話はとても面白かった。

  • Amazonの社長のインタビューとおそらくモデルはAmazonであろう、大企業の労働の恐ろしさを同時に掲載する皮肉が面白かった!

  • 仕事がrobotに奪われると、
    a la carteの見た目別嬪なお姉さんに見える男性
    が印象強かったです。
    羨ましくなり程の美貌で元男性というのが信じられませんでした。

  • 仕事に就きにくいのは不況のせいばかりではなく仕事自体が少なくなっているとは薄々感じていたが。一方人材不足で仕事が少人数に集中している所もあるので、適材適所に人を配置する体制が必要だと思うけど、癒着の温床になるんだろうか。難しい事はわがんね。

  • COURRiERは買って罪悪感のない雑誌。それって貴重。

    表紙の「これから必要とされる人されない人」というコピーが秀逸で手を伸ばした。
    いままさに転職しようとしているわたしにぴったり。
    異論反論あるでしょうけれど、この社会でぬくぬく生きて行くために、社会に必要とされるお仕事を知っている必要はあるのではないかな。

    あとお仕事を選ぶうえで定まらないこの気持ちになんらかの指標を示してくれるんじゃないかなって、思った。

    「ハーバード大学に一日留学してみよう」
    「2020年のハローワーク」が面白かった。

  • 世界から「仕事」が消えてゆく。グローバル化とIT化によって、労働市場の様相が全く変わる。マッキンゼーが描く仕事の未来はどうなるのか。①テクノロジーによって製造業は相互的な対応を要する仕事が重要に。②スキルのミスマッチが拡大し、能力による貧富の格差が拡大。フランスではバカロレア保有者か否かで、持たないものは失業すると予想している。日本ではバカロレアさえ単語として知らないもはや滅びることが約束されているような情報劣後者さえいるかもしれない。もう一つは、ゼネラリストでは意味が無いという議論だ。一般的な知識はウィキとグーグルがある。機械とロボットでほとんど作れてしまう。この状況を生き抜くには、クリエイティブな能力か、人間にしかできない技術を持つか。もうすぐ新年。自分は何を持つべきか自分とじっくり会話する時間が必要だ。尖ったものは、自分の中からしか出てこないだろうから。

  • 2012/12/20 No.21

全26件中 1 - 10件を表示

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 01月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 01月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする